*

雨の日の洗車のメリットとデメリット!洗い方や拭き取りの仕方とは?

車の汚れた状態が続いていたり、

忙しくて洗車ができる日が限られてしまうと

多少、天気が悪くても軽く洗車をしよう

思う気持ちになりますよね。

 

天気が悪い日の洗車を避けたいものですが、

外出予定次第では雨の日に洗車をしなければならないことも

あるかもしれません。

 

そこで今回は、雨の日の洗車についてのメリットやデメリット、

洗い方や拭き取りの仕方などをご説明していきますので

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 


雨の日の洗車のメリットって?

雨の日に洗車をしている人を見かけたら、

ちょっと変わった方に思われてしまいそうですね。

 

ですが、考え方や洗車のやり方次第では

晴れている日の洗車よりもメリットになることもあるんです!

 

ここでは常識にとらわれず、

雨の日の洗車のメリットについてご説明していきます。

 

雨の日の洗車は汚れが落としやすい!


出展元:https://tcsa.jp/

雨の日の洗車のメリットは、何と言っても

車のボディーが濡れた状態から洗車を始められることです。

 

雨の日の洗車は晴れの日と同じようにはできませんので、

考え方を変えて頑固な汚れを落とすための洗車と捉えてみてください。

 

手洗い洗車をする場合は

いきなりスポンジでボディーをこすってしまうと、

付着している土埃により細かいキズを付けてしまう可能性もあります。

 

そのため、晴れた日の洗車では、

始めにボディー全体に水をかけて

土埃などを流し落とすことが大切です。

 

よって、雨の日の洗車では

付着している土埃が浮き出てきたり、流れ落としてくれる効果があるので

軽くスポンジでこする程度で汚れを洗い流すことができますよ。

 

また、晴れた日では虫の死骸や鳥の糞などが

ボディーにこびり付いていると、

水をかけてもなかな取れませんが、

雨の日であれば簡単に洗い流すことができます。

 

雨が強く振っているときは、カーシャンプーを

洗い流さなくても、放置しておくだけで

雨水がボディーに付いた泡を洗い流してくれるため節水にもなります。

 

雨の日に頑固な汚れを落として、

晴れた日に軽い洗車とWAXをかけるなど

分けて洗車をすると、1回あたりの作業量が減ります。

 

夏の暑い日は、雨上がりを狙ったタイミングで

洗車がすることが有効ですので、

天気予報をチェックして準備をしておきましょう。

 

 

雨の日の洗車は利用客が少ない!


出展元:https://tcsa.jp/

ガソリンスタンドや洗車場に設置されている洗車機を利用する場合、

週末は混雑して渋滞していることがあります。

 

特に、年末、G.W.、夏休みなどの連休前後には

非常に混みあっているので

あきらめてしまう方もいらっしゃいます。

 

このような時期に雨が降ると

洗車機を利用するお客さんは激減するので

待つことなくスムーズに洗車機を利用することができます。

 

 

雨の日の洗車は節約になる!


出展元:https://tcsa.jp/

洗車機を設置しているガソリンスタンドでは

雨の日に洗車をすると、

半額サービスを実施しているお店があります。

 

その他にも、次回以降に使える割引券

もらえたりするなどお得なメリットがあります。

 

近所で利用しているガソリンスタンドで

給油した際には、雨の日のサービスなど

お得な情報がないかチェックしてみましょう。

 

Sponsored Links

 


雨の日の洗車のデメリットって?

お伝えするまでもありませんが、

雨の日の洗車でのデメリットについて説明します。

 

雨の日の洗車は濡れてしまう!


出展元:https://tcsa.jp/

雨の日の屋外で洗車することは、

全身が濡れてしまうことは避けられません。

 

傘をさしながら片手で作業することは、

作業効率が悪いだけでなく、

傘でボディーを傷つけてしまう可能性もあります。

 

雨合羽や長靴を着用することで

洗車も捗りますが、洗車終了後、

シャワーを浴びたり、濡れた洗濯物を

洗ったり干したりするなど、

他の作用が増えてしまいます。

 

夏の日でしたら、ピーチサンダルに

軽装なスタイルで雨の日洗車を

楽しんでもよいかもしれませんね。

 

 

雨の日の洗車は水滴跡が付いてしまう!


出展元:https://tcsa.jp/

雨が降っている日の洗車はボディーに付いた土埃を

雨水が洗い流してくれると書きましたが、

逆に、雨が上がると、風に乗ってきた土埃は

再び、ボディー上の水滴付着してしまいます。

 

特に風が強く吹き、土埃が舞ってしまうと、

乾燥したボディーは斑点模様になってしまい、

洗車したことを悔やんでしまうかもしれません。

 

屋外に駐車している方は、この状況は避けられませんが、

前述した2回に分けた洗車と考えれば、

次の晴れた日の洗車で、

この汚れは簡単に洗い流せますので、

気にする必要はありませんよ。

 

 

雨の日の洗車はコーティングができない!


出展元:https://tcsa.jp/

雨の日の洗車では、ボディーを拭き取ることができないため、

ワックス掛けやコーティング作業を行なうことができません。

 

洗車後の濡れた状態で使用できる

撥水効果のあるスプレー式のワックスを

利用することもできますが、

スプレー後の拭き取りができないため、

効果が薄れてしまいます。

 

それでもワックスをかけたい場合は、

倉庫などの大きな屋根のある場所を探して

許可を得て作業をさせてもらいましょう。

 

Sponsored Links

 


雨の日の洗車のやり方は?



出典元:https://www.youtube.com/watch?v=wH5MPe0wB38&feature=youtu.be

ボディーにワックスや撥水剤が効いている状態では、

ボディーに付着している土埃などの汚れは表面に浮き出ているため、

雨水や水圧で簡単に洗い流すことができます。

 

頑固な汚れの場合はスポンジで軽くこすります。

 

こすった汚れは流れ落ちてくるため、ルーフなど上の方から

下の方に向かってこすると効率的に汚れを落とすことができますよ。

 

ボディーが油分を含んだ汚れの場合、

少量のカーシャンプーを

スポンジに付けてこすると、雨と一緒に泡を流し落とせますよ

 

 


雨の日の洗車におすすめなグッズは?

こちらでは、

雨の日の洗車で役立つグッズをご紹介していきたいと思いますので、

雨の日に洗車をする方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

雨の日の洗車ではリンスフリーウォッシュ&シャインがおすすめ!

このカーシャンプーは、少ない水で洗車ができるため、

水を流すことができない屋内駐車場などでの洗車におすすめなんです。

 

水で薄めたシャンプーをスプレーボトルに入れて

ボディーに吹きかけ、マイクロファイバータオルで

拭き取りながら汚れを落とすだけ。

 

汚れを拭き取ったマイクロファイバータオルを

濯ぐバケツがあれば洗車ができるため、

水で洗い流す必要はありませんので、

とても便利ですよね。

 

 

雨の日の洗車では洗車の王国・ファインクリスタルがおすすめ!

洗車の王国 ファインクリスタルは、

ロショップで使用されているガラス系コーティング剤を主成分とした

コーティング剤で撥水性汚れの付着防止に優れているんです。

 

ボディーシャンプー後、

拭き取りしない濡れた状態で、コーティング剤を吹きかけるため

雨の日の洗車でも使用することができますが、

このコーティング剤は最後に拭き取るまでの作業となるため、

撥水効果が薄れてしまうリスクがありますので注意が必要です。

 

 

雨の日の洗車ではソフト99 水洗い専用ハイブリッドクロスがおすすめ!

ソフト99 水洗い専用ハイブリッドクロスは、

かきとり性能に優れたマイクロファイバークロス

吸水性に優れた不織布2層構造のクロス

 

汚れをふき取る面は、カーシャンプーを使用しなくても

マイクロファイバークロスでボディ表面をすべらせるだけで

汚れをふき取ることができるため、

雨の日の水洗い洗車には特におすすめです。

 

マイクロファイバークロスはクッション性が高く

厚手のクロスを使用しているため、

デリケートなボディー塗装の車や

コーティングが施されたボディーでも

被膜を守って、優しく水洗い洗車ができます。

 

晴れた日の洗車では、マイクロファイバークロスに加え

吸水性に優れた不織布を使ってボディ上の水滴を

拭き取って有効活用して下さい。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気で

<関連記事>

 

ここまで、雨の日の洗車のメリットとデメリットについて

ついて説明させて頂きました。

 

雨の日の洗車にも少しはメリットがありますので

雨の日を有効利用した洗車をして頂ければと思います。

 

以上、『雨の日の洗車のメリットとデメリット!洗い方や拭き取りの仕方とは?』でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑