*

カッティングシートの貼り方!自作で貼る方法やシワを無くすには?

カッティングシートって貼るのが難しそうに感じませんか?

 

気泡や小さな埃が入ってしまたりなど、

なかなかプロのようにカッティングシートを

綺麗に貼り付けることができませんよね。

 

そこで今回は初心者の方でも、

美しく貼ることができるコツを紹介していきます。

Sponsored Links

 

カッティングシート貼りを業者に頼んだ時の相場は?


参照元:http://hotroad246.blog83.fc2.com/

カッティングシートの貼り方は非常に簡単で

どなたでも施工できますが、

フルラッピングのカッティングシートとなれば話は別ですね。

 

俗に言う「痛車」がしているのが

“カッティングシート”であることが多く、

車のボディすべてをカッティングシートで

カバーしてしまうのが、フルラッピングです!

 

このフルラッピングカッティングシートに慣れている方でも

業者に依頼することがほとんど。

 

その理由としてはフルラッピングの場合は

ステッカーの貼付け難易度が大変高くなるのはもちろん、

専門知識が必要となるため、

業者に依頼する場合は施工も一緒に注文するのがベターなんです。

 

気になるカッティングシートの施工相場はというと

コンパクトカーサイズ(スイフト・ヴィッツなど)では、

カッティングシート費用を入れないで、

施工のみで20万円あたりが相場のようです。

 

部分パーツのみであれば、

カッティングシートの大きさにもよりますが、

数万円で施工できるので気軽にできますよね。

 

 

カッティングシートを貼る時に必要なものは?

DIY感覚で愛車にカッティングシートを貼ってみたいという方も

多いと思います。

 

ですが、カッティングシートの綺麗な貼り方には

それなりの道具が必要になるので、最低限は揃えておきたいですね!

 

カッティングシートを貼る時はスキージを!

皆さん聞きなれないスキージですが、

簡単にいうとヘラの事を言います。

 

カッティングシートの綺麗な貼り方には必須のアイテムといえるので

揃えておきたいアイテムでしょう。

 

このスキージがないとカッティングシートが気泡だらけになってしまい、

見た目も汚い貼り方になってしまいます。

 

上記のスキージは3M製のプロ仕様のスキージで

先端にフェルトがついているため、

車のボディを傷つけることが無くおすすめですよ!

 

 

カッティングシートを貼る時はヒートガンを!

立体形状など複雑なパーツの

カッティングシートの貼り方は難しいですが

温めながら貼り付けると簡単になりますよ。

 

その時に活躍するのが上記でも紹介しているヒートガンなんです!

 

ドライヤーでは出力不足に悩まされることもありますが

ヒートガンだとしっかり温めてくれるので、

カッティングシートが柔らかくなり貼りやすくなるでしょう。

 

そこで、上記のヒートガンはいかがでしょうか?

 

価格も入門モデルなのでお手頃価格でありながら

出力はプロ仕様並みなので不足はないですよ!

 

Sponsored Links

 

カッティングシートを貼る時はカッターを!

カッターカッティングシートをカットするのに

必ず必要になるアイテムですよね。

 

カットした面が汚いと貼り方が綺麗でも

仕上がりが汚いものになるので、

カットしやすい上に、綺麗な裁断面になるようなカッターが理想的。

 

そこで、上記のカッターがおすすめですね!

 

円盤状の刃で転がすだけで裁断できるカッターなので

曲面や直線が綺麗にカットできますよ。

 

しかも、カッティングシートはもちろん

紙やゴムシートなどまでカットできるので万能アイテムでしょう。

 

 

カッティングシートを貼る時はメジャーを!

メジャーはカッティングシートを貼りたいポジションの大きさや

カットしたカッティングシートのサイズを確認するだけでなく、

カッティングシートを貼る位置合わせにも活躍します。

 

このアイテムは皆さん家庭に一つはあると思いますが、

上記のメジャーもかなりおすすめ。

 

アメリカを代表する工具メーカー STANLEY社のメジャーとなっており

センチとインチを測れるようになっているので、

外国表記に多いインチだとしてもこのメジャーであれば問題なしです!

 

また、シンプルで洗練されたデザインも、

工具箱映えするアイテムとなりおすすめしたいアイテムですよ。

 

 

カッティングシートを貼る時は霧吹きを!

霧吹きはカッティングシートを貼り付ける面を

綺麗にするために使用する場合と、

水を用いた貼り方に使われる場合がありますね。

 

水を用いた貼り方は難しいですが、

貼り付けた後も若干の微調整が行るなどメリットもありますよ。

 

そんな中でおすすめしたい霧吹きが上記の商品です。

 

なぜこの霧吹きがおすすめなのかというと、

カッティングシートの貼り方では

様々な角度で霧吹きを使用する環境にあります。

 

この霧吹きは逆さでも使用することができるので、

ストレスなく使用することが可能でしょう。

 

 

カッティングシートの上手な貼り方は?

ここからはカッティングシートの貼り方について

詳しく紹介していきたいと思います。

 

手順1


参照元:https://inumaru-ninja.com/

まずは、貼り付ける箇所を綺麗に洗浄しましょう。

 

小さなゴミや埃があると綺麗にカッティングシートが

貼り付けられないばかりでなく、

気泡が入りやすくなったり、水が侵入しやすくなるので

すぐに剥がれる原因になります。

 

なので、洗車後はきめ細かいクロスなどでしっかり乾拭きして

ボディ表面の水分も残さずふき取りましょう!

 

 

手順2


参照元:http://syuumatsukoubou.com/

次に貼りたい箇所の型を取りましょう。

 

一番手軽な方法はいらない新聞紙などで、

そのパーツの大きさと同じ型を作ることですね。

 

紙なので施工しやすいですし、型を取る時に

車のボディにダメージを与えることも少ないですよ!

 

 

手順3


参照元:https://www.diylabo.jp/

いよいよカッティングシートをカットしていきます。

 

先ほどの方をカッティングシートに当てがって、

カットしていきましょう。

 

カットする時のポイントとして、

型の大きさ丁度で切り出そうとするかもしれませんが、

多少の余裕を持たせて切り出しましょう

 

また、裁断した面は貼り方にも影響するので、

綺麗にカットしてあげることを意識しましょうね。

 

Sponsored Links

 

手順4


参照元:https://clicccar.com/

カッティングシートの裏面フィルムを剥がしていきましょう。

 

一気に剥がすとくっついてしまったりなど

失敗の原因になりますので、貼り付ける面だけ剥がして

貼り付けながら徐々にフィルム面を剥がしていきましょうね。

 

 

手順5


参照元:https://www.youtube.com/

曲面部分などはヒートガンなどで温め

伸ばしながら貼り付けていきます

 

グリルパーツやエアロパーツにカッティングシートの貼り方は、

立体形状だったりして貼りにくいので、

2人で行うと良いですね。

 

 

手順6


参照元:https://dressup-navi.net/

スキージで伸ばしながら貼り付けていきます。

 

一気に剥がすと失敗した貼り方になるので、

徐々に焦らずに施工するのがポイント。

 

気泡が入らないように気を付けながら

徐々に貼り付けていきますが、

この時カッティングシートを寝かしながら貼り付けると

失敗の原因になりますので、

貼り付けるカッティングシートを立てながら貼り付けていくのがコツですよ。

 

 

手順7


参照元:http://www.auto-project.net/

最後に余った部分をカットしていきましょう。

 

この時は仕上げなので小さなデザインカッターで

細かい部分のカットをするといいですね!

 

何といってもボディに近いので、

傷をつけないように細心の注意を払って行いましょう。

 

 

カッティングシートを貼る時に気をつける点は?


参照元:http://succeed-ichihara.com/

カッティングシートの貼り方での注意点は、

まず洗車が重要だということ

 

ちょっとした汚れが気泡になりますし、

外で施工することがほとんどだと思いますので

埃っぽいところでの施工も避けましょう。

 

風が強い時に施工すると

風で舞った埃が付着する原因になるので、

風が強い日も要注意です。

 

また、施工する時の気温も重要で

寒すぎても暑すぎてもよろしくありません。

 

あまりに寒いと粘着力が低下してすぐに剥がれる原因になります。

 

逆に暑すぎるとカッティングシートの粘着力は増しますが、

粘着力が強くなりすぎて施工しにくいので、

最適な天候で行ってくださいね!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

カッティングシートの貼り方について紹介してきましたが、

カッティングシートを貼ったことが無い方でも要点を抑えてば

簡単に行えそうですよね!

 

コツと貼り方さえ知っていいれば、

どなたでも簡単にカッティングシートを貼れるので

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

以上、『カッティングシートの貼り方!自作で貼る方法やシワを無くすには?』 の記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑