*

車のシールやステッカーの剥がし方!ガラスやボディを傷なしで剥がすには?

車のステッカーやシール

簡単にできるカスタムとして人気ですよね!

 

ただ、ステッカーやシールを張ったはいいものの、

劣化などによって剥がしたい時に

かなり苦労した経験は誰にでもあるはずです。

 

ステッカーやシールを無理に剥がす剥がし方だと、

車のボディに傷をつける可能性

車にステッカーやシールが残ってしまう可能性が高いです。

 

これまで無理やり剥がす剥がし方を実践でいていた方は、

ここで紹介している剥がし方でチャレンジしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

車のシールやステッカーの剥がし方は?

では早速、車のシールやステッカーを

剥がす方法をいくつかご紹介していきます。

 

ステッカーやシールを無理やり剥がすと傷がつく?


引用元URL:http://minkara.carview.co.jp/

雨や雪など様々な環境でもしっかり車のボディに張り付いてる

シールやステッカーはかなり強力な粘着力があり、

無理やり剥がすと車のボディによろしくないですよね。

 

特に無理やりな剥がし方だと最悪の場合は、

ボディの塗装が剥がれたり、

爪を立ててガリガリ擦る剥がし方だと、

傷をつける可能生が高いです。

 

しかも、無理な剥がし方で

シールやステッカーを剥がしたとしても

嫌なシールやステッカーの跡が残ります。

 

なので、ステッカーやシールを剥がし方には、

ステッカーやシールを貼る時以上に気を使うわけです。

 

 

熱湯をかけて剥がす


引用元URL:http://crowdwagon.com/

シールやステッカーを剥がし方で、

一番考え付く剥がし方が熱湯をかける方法だと思います。

 

車のステッカーやシールを

きれいに剥がす効果はそれなりにありますが、

沸騰したお湯は危険なので注意してくださいね。

 

また、この熱湯を用いた剥がし方は冬は使えないですね。

 

すぐ冷めてしまうので熱湯をかける剥がし方の効果は、

半減することでしょう。

 

Sponsored Links

 

ドライヤーを使用した剥がし方


引用元URL:https://plaza.rakuten.co.jp/

先ほどの熱湯同様にシールやステッカーを温めて、

剥がれやすくしてから剥がす剥がし方です。

 

こちらは熱湯とは違って、

シールやステッカーにピンポイントで熱を与えられるので、

熱湯よりも効果がある剥がし方だと思います。

 

ステッカーやシールの剥がし方のコツとしては、

冷めてしまうと粘着力が復活するので、

温まっている時に素早く剥がして行きましょう。

 

 

ステッカー・シール専用の剥がし剤を使用する


引用元URL:http://news.livedoor.com/

正直、熱だけをシールやステッカーに与え続ける剥がし方では、

剥がした後に車のボディやガラス面に

シールやステッカーの糊が残っている場合があります。

 

そのままにしておくと

ゴミが付着して黒ずんできたりして汚くなるので、

この糊の後もしっかり剥がせる剥がし方が必要です。

 

糊を残さない剥がし方が、

シール・ステッカー専用の剥がし剤を使用することです。

 

この剥がし方であれば、

誰がやっても大体綺麗になりますよ。

 

注意する点として、

ボディによってはダメージを与える場合があるので、

使用上の注意をしっかり確認してから使用してくださいね。

 

 

除光液を用いる剥がし方


引用元URL:https://kurashi-no.jp/

車の小さなシールやステッカーを剥がすだけに、

わざわざシール・ステッカー専用の剥がし剤を

購入するのもなぁと二の足を踏んでいる方は、

除光液を使用した剥がし方がおすすめですよ。

 

除光液とはマニキュア落としのことで、

奥さんや彼女さんがいる方は借りてきましょう。

 

この剥がし方のポイントは、

除光液がシールやステッカーに

浸透するのを待つ点にあります。

 

車のステッカーやシールに除光液を塗って、

すぐに剥がしても効果はないので、

しっかり時間をおいてから剥がしましょう。

 

浸透させるときは車のステッカーやシールに

ラップを掛けておくのも効果的な方法ですね。

 

 

スクレーパーを使用した剥がし方


引用元URL:http://photo-oyaji.at.webry.info/

スクレーパーとはヘラ状のもので、

金属製プラスチック製のものがあります。

 

ホームセンターやカー用品店にも

品ぞろえとしてはあると思いますが、

100均にも売っているので、

そちらで購入する方がコストパフォーマンスが高いでしょう。

 

剥がし方としては、金属製のスクレーパーはガラス面、

プラスチック製はボディに使用する感じの剥がし方で行きましょう。

 

いきなりスクレーパーでがりがり擦りだすと

傷がつく可能性が高いので、

剥がし方のコツとしては

ドライヤーなどで温めてから使用するのがいいでしょう。

 

Sponsored Links

 

車のシールやステッカー剥がしにおすすめなアイテムは?

車のシールやステッカーの剥がし方について

いくつかご紹介させていただきました。

 

ここからは車のシールやステッカーを

綺麗に剥がせるグッズを紹介していきますね。

 

車のシールやステッカー剥がしにはオイルがおすすめ!

上記画像の商品は

エーモン 両面テープはがし剤 天然オレンジオイルです。

 

こちらのステッカー・シールの剥がし剤は、

天然由来のオレンジオイルなので、

車はもちろん、使用する人にも優しいのがいいですよね。

 

しかし剥がす力はかなり強力で、

シールやステッカーのみならず、

剥がし方によっては車のエンブレムも綺麗に剥がせてしまいます

 

剥がした後もシールやステッカーの跡や、

剥がし剤のオイルの後も水拭きできれいさっぱり無くなりますよ。

 

 

車のシールやステッカー剥がしにはリムーバーリキッドがおすすめ!

上記画像の商品は

ホルツ ステッカーリムーバーリキッド。

 

カー用品大手のホルツ製のステッカー・シール剥がし剤です。

 

車のシールやステッカーを剥がす時には

もちろん活躍しますが、

剥がし方が悪くてシールやステッカーの糊だけが

残ってしまった場合にも活躍します。

 

この剥がし剤だけでの剥がし方よりも、

ドライヤーを併用しての剥がし方がかなり効果的ですよ。

 

一応、剥がす時に使うヘラが同封されていますが、

ペラペラで全く使い物にならないので

違うものを用意してから剥がすのが良いと思いますね。

 

 

車のシールやステッカー剥がしにはヘラがおすすめ!

上記画像の商品は

INOUE カーボンはがしヘラです。

 

爪を痛めない剥がし方に必要なスクレーパー、

ヘラでおすすめなのがこの商品。

 

金属製やプラスチック製が多いなかで

カーボンを使用しており、

プラスチックのように柔らかくて、

金属のように耐久性が高いスクレーパーになっています。

 

剥がし方によっては傷がつくリスクを考えれば、

こちらのスクレーパーがおすすめですね。

 

しかも、価格も数百円なので

100均製のものと変わらないのでかなりおすすめしています。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ヘッドライトの磨き方!曇りや黄ばみをとる方法やコーティングは?

車の窓ガラスの掃除におすすめなグッズや拭き方、内窓や外窓には?

車の鉄粉除去剤のおすすめは?スプレーや粘土、クリーナーが人気?

車のホイールコーティング剤のおすすめ!DIYでも効果があるのは?

車内の掃除におすすめのグッズは?クリーニング業者いらずのグッズは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

ステッカーやシールの剥がし方は

剥がし剤やスクレーパを使用しても、

べりっと一発で剥がれることはほとんどありません。

 

少しづつ剥がす地味な作業になりますが、

無理な剥がし方で車に傷を付けては元も子もないので

丁寧さをこころがけて剥がしてくださいね。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑