*

リアワイパーを交換する時期や価格、自分で行う方法までご紹介!

皆さんの車はリアワイパーが装着されていますか?

 

フロントワイパーは使用すると

目の前を動くので劣化が分かりやすいですが、

リアワイパーってなかなか劣化に気づかないですよね。

 

そこで今回は、リアワイパーの交換について色々紹介していきます。

Sponsored Links

 

リアワイパーの交換時期って?


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

皆さんはどれくらいの頻度でリアワイパーを交換していますか?

 

フロント・リアワイパーの寿命は1年くらいだといわれており、

1年を経過するとゴムが劣化し始めます

 

ただ、リアワイパーの場合は使用する頻度が

フロンワイパーに比べて少ないため

目視でひび割れが確認できたり、

ゴムが裂けているという場合は交換のサイン。

 

また、ふき取りが悪くなったと感じれば交換する必要があるので、

応、1年を目安にしておいて、

劣化具合と相談しながら交換していきましょう。

 

 

リアワイパーを交換しないとどうなる?


参照元:http://www.geocities.jp/

リアワイパーを交換しないと後ろの視界がゼロになるので、

運転中に背後が死角になりますから、運転していても怖いはず。

 

死角が増えるということは、

事故に遭う確率も高くなるので、

安全上もよろしくないですよね。

 

さらには、バックで駐車する時にリアミラーが見えないので、

車とのクリアランスが分からな為、

駐車時に苦労することになるでしょう。

 

また、劣化して割けたリアワイパーを交換しないで使い続けると、

ガラスを傷つける可能性があるので

早めに交換しておくことをおすすめしますよ。

 

 

リアワイパーの交換を業者に頼んだ時の価格って?


参照元:https://www.taiyakan.co.jp/

価格については、リアワイパーのブレードを

どの程度高性能なタイプを選ぶのかにもよります。

 

安い価格帯であれば1000円程度から購入できるので、

それほど怖がらなくても大丈夫ですね。

 

また、リアワイパーの交換といっても

ブレード全てを交換することや、

ワイパーゴムのみを交換する場合があるので

それによっても若干工賃がことなるでしょう。

 

カーショップでリアワイパーの交換を頼む場合は、

工賃が200円となっており、

作業時間は10分程度というのが目安になりますよ。

 

ワイパーゴムの交換は300円ほどで

若干高くなりますが、それでも大したものではないので、

2000円あればお釣りがくるでしょう。

 

Sponsored Links

 

リアワイパーの交換を自分でする時に必要なアイテムは?

リアワイパーの交換は簡単となっていますが、

その作業を助けてくれるアイテムを紹介していきます。

 

女性や車メンテナンス初心者の方は、

ぜひ紹介するアイテムを使って簡単に交換してくださいね。

 

リアワイパーの交換ではワイパーゴムを!

リアワイパーのブレードはそのままで、

ワイパーゴムだけを交換するという場合

上記のワイパーゴムを購入しておきましょう!

 

何といってもワイパーゴムの中でも

最安値に近い価格なので、

消耗品であるリアワイパーにはもってこいですね

 

上記で紹介しているリアワイパーゴムは、

フリーカットなので2本分とれますので、

コストパフォーマンスも高いですよ。

 

かなり安価なので、フロントワイパーとして使用すると

ビビりが出てしまう可能性もあります。

 

ですが、リアワイパーは使うことが少ないので

十分な性能になっているでしょう。

 

 

リアワイパーの交換ではブレードを!

ワイパーのゴムだけでなく

ブレードごと交換したいという方は、

上記のようにフロントワイパーとリアワイパーの

ブレードがセットになったものがおすすめですね!

 

購入する時の注意としては、

適合サイズをしっかり確認してから購入すること。

 

上記で紹介しているワイパーのブレードは

ボッシュ製なので、信頼性は文句なしですね。

 

純正のワイパーブレードよりも、

ボッシュ製のリアワイパーのブレードほうが

ずっと高級感がありますよ!

 

 

リアワイパーの交換ではレンチを!

リアワイパーアームも取り外したいという方は、

上記のようなレンチが必要になってきます。

 

また、車のメンテナンスを行う方では

1つくらいレンチがあった方が良いでしょう。

 

上記で紹介しているレンチは、

ヘッドの部分が曲がるスイベルギアレンチです。

 

なので、通常のストレートタイプでは

アクセスが難しい場面や癖のある個所で使うのに

とっても役立ちますよ

 

 

リアワイパーの交換ではウエスを!

ワイパーブレードを取り外した後、

ワイパーアームの金属の部分が

リアガラスに当たって傷つける可能性があるので、

上記のウエスを挟んでおきましょう!

 

また、ワイパーゴムを交換する時に

ブレードの汚れを落とすことにも使えるので、

何かと役立つアイテムですよ。

 

上記で紹介しているウエスは、

マイクロファイバー製なので

汚れや水分をしっかり吸収してくれる為、

洗車なんかにも利用できておすすめです。

 

 

リアワイパーの交換では軍手を!

リアワイパーを交換する時に着用してほしいのが

上記のような軍手ですね。

 

簡単な作業なので、素手で行う方も多いですが

ワイパーアームに指を挟む危険性もありますし、

オイル汚れがついてしまうとなかなか落ちないでしょう。

 

ここで紹介している軍手は、

普通の軍手よりもグリップが優れているので、

ワイパーゴムを交換する時も重宝するはずですよ!

 

Sponsored Links

 

リアワイパーを交換する方法って?

ここからは実際にリアワイパーの交換手順について見ていきましょう。

 

車種によっても若干取り外し方法なんかが違うので、

無理に取り外そうとして壊さないように注意してくださいね。

 

手順1:古いリアワイパーを取り外す


参照元:http://osasaf.com/

まず、古いリアワイパー取り外すために、

リアワイパーを立てましょう。

 

この時無理に立てるとリアワイパーが曲がったりするので、

優しく立てるようにしてくださいね。

 

 

手順2:リアワイパーを回して外す


参照元:https://ameblo.jp/

立てたリアワイパーを反時計回りに回してください。

 

リアワイパーブレードは中心のアームが重なるところで

ロックされてる機構となっており、

反時計回りに回転させると

カチッと外れる感触があるはずですよ。

 

すると、ブレードとアームが外れます。

 

 

手順3:ワイパーゴムを取り外す


参照元:http://s.webry.info/

ブレード部分を抑えながら、

ワイパーゴムとブレードをスライドさせるように抜いていきます。

 

 

手順4:金属プレートを新しいワイパーゴムへ


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

上記の方法でワイパーゴムを取り外すと、

金属フレーム(2本)とゴムに分解できるようになります。

 

注意点は、その金属プレートは捨てたらダメです!

その金属の板をを新しいゴムの側面に入れます

 

 

手順5:ワイパーゴムのサイズに注意する


参照元:http://pckouza.fc2web.com/

ワイパーゴムを購入する時は

ワイパーゴムのサイズを調べておいてくださいね。

 

使われているリアワイパーによってサイズが違いますので、

間違ったサイズを購入するとブレードに入らなくなりますよ。

 

 

手順6:リアワイパーブレードを取り付ける


参照元:https://cobby.jp/

先ほど反時計回りに回して

「カチ」という音がしたと思いますが、

今度は中心のロックされる部分を基点にして

時計回りに回して取り付けてください。

 

 

手順7:作動確認をしよう


参照元:https://blog.goo.ne.jp/

稀にしっかりロックされていなくて、

リアワイパーが取れてしまうという珍事もある為、

一度作動を確認しておきましょうね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車のリアワイパー交換方法について見てきましたが、

交換自体はかなり簡単なので、

車のメンテナンスの初歩といっても過言ではないでしょう。

 

なので、リアワイパーの交換方法をマスターして、

無駄な出費を抑えてくださいね。

 

以上、『リアワイパーを交換する時期や価格、自分で行う方法までご紹介!』 の記事でした。

Sponsored Links




関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑