*

新車に洗車機はいつからOK?傷が入る種類や入らない種類の違いは?

新車を購入したら綺麗な状態

いつまでも持続させたいですよね。

 

しかし、洗車機に新車を入れると

傷がつくことがあります。

 

今回は新車は洗車機を使う場合、いつから大丈夫なのか?

洗車機で傷が入る種類のものや入らない種類の違いなどについて

紹介していきます!

Sponsored Links

 

新車は洗車機を使えば傷が入るの?


参照元:http://samidare.jp/

車を綺麗にする洗車機なのに、

新車のボディに傷をつけるって信じられないですよね。

 

車の車種や材質によっては、ボディの傷つき方は

様々ですが、特にブラックや紺色などの

濃紺車を購入した方はよく見てみると

小さな傷が無数に見えるはず。

 

それが洗車機による傷の可能性は高いですよ。

 

目に見える汚れは綺麗に落としてくれる洗車機ですが

力加減が一定で強すぎることもあるので、

日光や光を当たった時に洗車傷が気になる方は

洗車機の使用を控えた方が良いかもしれませんね。

 

 

新車に洗車機を使うのはいつからOK?


参照元:http://ecocar-asia.cocolog-nifty.com/

“洗車機で洗うと傷がついてしまう”とわかれば

できれば購入直後は利用するのは避けたいですよね。

 

なぜかというと、新車の塗装面の状態が原因

新車の場合は工場で塗装を行ってから、

時間が経っていないことがほとんどです。

 

もちろんボディーの表面は

乾いているので、なんの問題もありませんが

新車のボディーの深層部が問題です。

 

つまり、塗装した奥の部分はまだ柔らかく、

塗料が乾ききっていない場合があるので、

洗車機に放り込むのはあまりよろしくないということなんです。

 

最悪の場合は塗装面が凸凹してしまい、

それが傷になる可能性も充分に考えられるので

新車を購入してから2週間は

洗車もせずに、そのままにしておくといいでしょう。

 

Sponsored Links

 

傷が入りやすい洗車機の種類とは?


参照元:https://blogs.yahoo.co.jp/

実際にガソリンスタンドなどに設置されている

古いタイプの洗車は、傷がつきやすいです。

 

特に以前、一番普及していたプラスチックブラシタイプ

傷がつきやすいので注意が必要かもしれません!

 

洗車機で洗車している時に車に乗っていても、

バチバチ音が聞こえませんか?

 

それだけプラスチックの固い材質で磨けば、

車のボディー表面のダメージは計り知れないです。

 

もちろん、新車のボディーとなれば傷もつきやすく、

デリケートなので、新車の時は

手洗い洗車の方をおすすめしますよ。

 

 

傷が入りにくい洗車機の種類とは?


参照元:https://www.youtube.com/

一番洗車機で傷がつかないのが、

ノンブラシの洗車機ですね。

 

高圧洗浄を行うというものですが、

あまり一般に普及していないんで、

見つけることは難しいかもしれません。

 

ノンブラシの洗車機はプラスチックや

スポンジタイプのブラシが一切ついていないので、

新車のボディーにもやさしいですよ。

 

しかし、水圧のみで汚れを落とすタイプなので、

頑固な汚れや細かな汚れは

ブラシタイプの洗車機に劣るでしょう。

 

 

新車におすすめな洗車機は?

新車におすすめな傷がつきにくい洗車機は

どのような洗車機なんでしょうか。

 

最近の洗車機も進化を遂げているため、

様々な機能が増えて、使いにくいと思っている方も

いるかと思います。

 

ここからは、新車におすすめな

洗車機を紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

新車におすすめな洗車機1


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

まず、新車におすすめしたいのが

先ほども少し触れたノンブラシタイプです!

 

汚れが落ちないというデメリットも、

先に汚れの酷い箇所を手洗いしておけば問題ないでしょう!

 

カーシャンプーの泡はそのままで大丈夫ですよ。

 

ノンブラシタイプはすべて洗い流してくれるので

水気のふき取りを行うだけ◎

 

ハンドガンタイプの高圧洗車機よりも

綺麗に汚れと泡を流してくれます!

 

さらに何と言っても洗車機の中では

一番傷がつきにくいタイプなので、

新車におすすめできますね。

 

 

新車におすすめな洗車機2


参照元:https://gtr5.exblog.jp/

スポンジタイプの洗車機や布ブラシタイプの洗車機は、

新車のボディーにもやさしくておすすめです!

 

最近の主流はスポンジタイプになっているので、

大抵のガソリンスタンドの洗車機であれば

こちらのタイプになるでしょう。

 

また、布ブラシタイプの洗車機も存在しており、

スポンジタイプと同等くらい傷を防ぐことができますよ!

 

現在ではかなり減っていますが、

洗車ランドなどではスポンジタイプや

布ブラシタイプなど選べるところもあるので、

新車の場合はこちらの機種の洗車機をチョイスしましょう。

 

しかし、車に接触して汚れを落とすので、

完全に新車のボディの傷を防ぐのは

難しいことが挙げられます。

 

なので、できるだけ砂や埃を下洗いで落としてから、

新車を洗車機に投入するのがおすすめですよ。

 

Sponsored Links

 

傷が目立ちやすいボディーの色とは?


参照元:https://www.carsensor.net/

同じ新車の傷であっても目立つ場合と、

それほど目立たない場合がありますよね。

 

その場合は車の色に左右されることがかなり大きいです。

 

特に傷が目立つ色といえば、黒系の色ですね。

 

とはいえ、日本で売れている新車では

黒は第2位に人気で、安定の売れ行きを見せています。

 

ポジティブに考えると、

傷が目立ちやすいので丁寧に扱うようになったり、

傷だけでなく新車であっても汚れが目立つので、

洗車する回数が増えて愛着が湧くということにも

繋がっているようです。

 

さらに、黒色の車は新車だけではなく、

中古車市場でも人気が高い色なので、

リセールバリューもかなり変わってきますよ。

 

大切に乗ればのほど高く売ることができるので、

新車購入時からこまめに洗車することが大切ではないでしょうか。

 

 

傷が目立ちにくいボディーの色とは?


参照元:https://www.carsensor.net/

逆に傷があまり目立たないのが

グレー、シルバーメタリック系の色ですね。

 

こちらの色はちょっとの傷や、

細かい傷であってもそれほど目立たないので、

新車で洗車機に初めて入れる場合でも、

それほど神経質にならないで利用できるでしょう。

 

また、シルバーメタリック系の色と

同じくらい傷が目立たないのが白系の色ですね。

 

白系も浅くて細かい傷であれば、

それほど目立たないので

新車であってもそれほど気にせず

洗車機を利用できるでしょう!

 

しかも、日本の新車販売で

一番売れているのが白色なので、

人気の高さも相まって買収相場も黒色と同じか、

それよりも高いこともある色なのです。

 

そんな新車販売で人気があって、

さらに傷も目立たなくて

洗車機に入れてもOKな白色ですが難点もあります。

 

それが水垢の跡が残りやすいということですね。

 

新車ボディーでも傷が目立たないので

洗車機で洗車しても大丈夫ですが、

小まめに行わないとすぐ水垢になるので注意が必要でしょう。

 

 

新車は毎日洗車してもいいの?


参照元:https://www.webcartop.jp/

洗車の頻度って皆さんどれくらいですか?

 

ある調査によると、“月1で洗車を行う”という方が

一番多い回答でした。

 

週1回以上を見てみても全体の10%程度になり

それほど高頻度に洗車を行っている人は少ないようですね。

 

ちなみに、毎日洗車する人は0.1%でした!

 

では、毎日洗車を行っても

ボディーに対して問題はないのでしょうか?

 

基本的に手洗いで磨く分にはそれほど問題はないですが、

毎日洗車機に入れるのはやりすぎでしょう。

 

コーティングを施してある新車のボディーに対しては

水洗いでもスイスイ汚れが落ちるので、

毎日洗車するのであれば、コーティングを施して

軽く水洗いを行うのが理想的ですね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

雨の日の洗車のメリットとデメリット!洗い方や拭き取りの仕方とは?

ディーラーで洗車をしてくれる?してもらう方法や値段、マナーとは?

車を洗剤で洗う時におすすめなのは?洗車時に安くてよく落ちる物とは?

洗車の時に水垢を落とすグッズは?おすすめはシャンプー系?

車の虫の対策は?洗車の時におすすめな虫取りクリーナーややり方は?

車を洗車する方法のご紹介!黒の車や新車でも傷をつけにくい方法は?

親水コーティングの車用のおすすめ!人気の中からランキングで紹介!

浸水コーティングの車用のおすすめ!人気の中からランキングで紹介!

車のボディのウロコ取りでおすすめな方法やグッズ、業者での値段は?

新車を洗車機に入れるタイミングって難しいですよね。

 

特にボディーの深層部がまだ乾ききっていないと、

ボディー表面に凹凸を残してしまう可能性もあるので

慎重になります。

 

いつ自分の新車を洗車機デビューさせようか迷っている方は、

本記事を参考にしていただけると幸いです。

 

以上、『新車に洗車機はいつからOK?傷が入る種類や入らない種類の違いは?』 の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑