*

車の空気入れのおすすめ!タイヤへの入れ方や頻度、空気圧の目安は?

車のタイヤの空気入れ

カー用品店やガソリンスタンドに

わざわざ出向かないと空気入れができないですよね。

 

そこで、今回は車のタイヤへの空気圧の目安

入れ方、頻度、空気入れのおすすめなグッズを紹介していきます!

Sponsored Links

 

車のタイヤの空気圧の目安は?


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

皆さんは車のタイヤの空気圧って気にしたことはありますか?

 

タイヤの空気圧が低いと、

高速道路走行時にバーストする可能性も高いので

遠出する時なんかはしっかり点検しておきたい項目ですよね。

 

しかし、車のタイヤ空気入れって

どれくらい入れればいいのか?

わからないという方も多いでしょう。

 

また、基準が分からないので

多いのか、少ないのかも曖昧という方いらっしゃるのでは?

 

その車のタイヤの空気圧は

ドアを開けた時の開口部に表示されていることが多く、

kpa(キロパスカル)という単位で表示されています。

 

表示されている空気圧より若干高いくらいが、

タイヤの空気圧としては丁度良いと言われていますよ。

 

 

車のタイヤの空気圧はいつチェックする?


参照元:http://arekorememorandum.com/

では車の空気圧っていつ確認するのが良いのでしょうか。

 

皆さんは最近いつ車の空気圧を確認して、

空気入れしましたか?

 

理想的には車の空気圧は

月一回は確認しておきたいところですね!

 

車のタイヤも自転車などのタイヤと同じように空気が抜けるので、

小まめに空気圧を点検するに越したことはないです。

 

また、夏場や長距離走行したあとは

すぐに空気圧を測ると、熱で空気が膨張して

正規の車の空気圧がわからないことが多いのだとか。

 

なので、車のタイヤが熱を持ってる時

少し時間を置いてから

空気圧を測ることをおすすめしますよ!

 

Sponsored Links

 

車のタイヤの空気はどこで入れれるの?


参照元:https://gazoo.com/

車の空気圧の点検のタイミングや確認方法はお伝えしてきましたが

いつ、どこで車に空気を入れたらいいのでしょうか?

 

やはり車の空気入れができるおすすめの場所は

ガソリンスタンドへ頻繁に行きますし

空気圧のチェックも一緒にするのがおすすめですね。

 

また、他にもディーラーでタイヤの空気入れを頼めば

大抵の場合はサービスで行ってくれますよ。

 

さらには、カー用品店でも空気入れを貸してくれますから、

ガソリンスタンド以外にも

空気を入れる場所はあるので頻繁にチェックできそうですね!

 

 

車のタイヤの空気の入れ方は?

ここからは、空気の入れ方についてポイントを紹介していきます!

 

車のタイヤの空気圧を専用道具で入れる場合!


参照元:https://www.youtube.com/

皆さんも上記の動画に出てきた空気入れを

見たことがあるのではないでしょうか?

 

この球体の物体が車の空気入れとなっており、

使い方はいたって簡単。

 

オレンジのホース部分をタイヤに接続し、

空気入れを行っていきましょう!

 

減圧する時は丸いボタンを押すことで簡単に減圧でき、

空気入れを行て加圧するときは、

トリガーを押すだけで完了ですよ。

 

 

車のタイヤの空気圧を自転車用の空気入れで入れる場合!


参照元:https://www.youtube.com/

基本的に日本国内の自転車は

英国式バルブを使用しており、

一方の車は米国式バルブを使用しています。

 

なので、アダプターを購入する必要がありますね!

 

アダプターはホームセンターなどで

数百円で販売していますから

気軽に購入することが可能ですよ。

 

また、自転車用の空気入れだと

車の空気圧メーターが付いていない場合があるので、

空気入れとアダプターの他にメーターも必要になるでしょう。

 

Sponsored Links

 

車のタイヤにおすすめな空気入れは?

自転車の空気入れで入れるとポンプが重そうだし、

疲れるという声も聞こえてきそうですよね。

 

また、ガソリンスタンドや

カー用品店に行くのも手間だという方

自分の空気入れを持っておきたい!

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、ここからは車のタイヤにおすすめの

空気入れを紹介していきます。

 

車のタイヤにおすすめな空気入れ1

上記の商品は、いざという時に

車のシガーソケットから電源を取ることができる、

コンプレッサーですね。

 

コンパクトなデザインなので、

車に積みっぱなしにしておいても

場所を取らないのがポイントです。

 

空気圧が気になった時に

いつでも手軽にタイヤの空気を入れることができて

ガソリンスタンドやディーラーで入れるよりも、

らくらく行えますよ。

 

しかも、LEDライトが内臓されているので

夜間に作業もしやすい仕様になっており

暗い夜に突然、タイヤの空気圧が減圧しても

落ち着いて作業できるでしょう。

 

また、車のタイヤに空気を入れるだけではなくて

3種類のアダプターが搭載されているので、

自転車やボート、レジャー用品などの空気入れにも使えて

使い勝手のいい商品になっていますよ。

 

 

車のタイヤにおすすめな空気入れ2

上記で紹介している空気入れは

一見して普通の自転車用の空気入れに見えますよね。

 

通常の自転車用空気入れだと、

ポンプするのが重かったりしますが

上記の空気入れは、従来の半分の力で空気入れできるんです!

 

他の空気入れと違い、全く電力を使用しないため

どこでも簡単に誰でも使えるのが特徴。

 

なので簡単に空気入れできるばかりか、

自転車やレジャー用品なんかにも使用することが可能になっていますよ。

 

カラーもイエロー・ブラック・レッドから選べますので

好みのカラーをチョイスしてみてくださいね。

 

 

車のタイヤにおすすめな空気入れ3

電動空気入れでおすすめなのが上記の空気入れですね。

 

何といってもコンパクトな形状なので

使いやすさは抜群です!

 

他の空気入れは、車のタイヤのエア補充時には

シガーソケットなどから配線が必要でしたが、

上記の商品はUSB充電で使用できるので

コードの煩わしさも感じないですよ。

 

また、設定した空気圧になると自動で停止してくれて

細かい空気圧の設定も可能です。

 

気になる作動音ですが、コンプレッサーに比べたら

全然気にならないレベルなので、そこもおすすめポイント!

 

 

車のタイヤにおすすめな空気入れ4

自分のガレージにコンプレッサーがあると便利だけど、

『高額で買えない』と思っている方におすすめなのが

上記の商品ですね。

 

コンプレッサーに比べると破格の値段なので

手の届きやすいのも魅力的

 

また、空気圧計が付いているので、

車のタイヤ空気圧を確認しながら充填でき、

コンプレッサーの使用頻度が高い方なら

本格的な商品と感じること間違いなしですね。

 

タンクが小さいように見えますが、

満タンであれば車2台とバイク2台に余裕で充填できますので、

十分な機能だといえるでしょう。

 

しかも、軽いボディで持ち運びが容易なため

タンクにさえ充填していれば電源のない場所でも利用できますよ。

 

 

車のタイヤにおすすめな空気入れ5

最後に紹介するのは電動ドリルを思わせるような

フォルムをしている空気入れです!

 

持ち手から見やすい部分に

空気圧メーターが付いているので、

細かく空気圧を設定することが可能ですし、

あらかじめ設定した空気圧になれば

勝手に止まるという機能も付いていますよ。

 

もちろん、エアゲージで空気圧を測ってみると

指定圧通りになっているので信用できるでしょう。

 

充電池式なので空気を入れるのが非常に簡単です。

 

また、重さも軽いため

片手で出来るのがおすすめポイントですよ。

 

最初にバッテリーを充電する必要がありますが、

コードを繋ぐ煩わしさも無いのでストレスフリーで作業できるでしょう。

 

フル充電の容量ですが、

そこそこ空気量が減っている車と

バイクのタイヤにも一度に入れることができるという

バッテリー容量が大きい点もメリットではないでしょうか。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車の空気入れの知識は深まりましたか?

 

空気入れのタイミングのおすすめは

月一回と頻繁にチェックする必要がありましたね!

 

自分で車のタイヤに空気を入れる際は

ぜひ上記で紹介したグッズを参考にしてみてください。

 

以上、『車の空気入れのおすすめ!タイヤへの入れ方や頻度、空気圧の目安は?』 の記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑