*

車のシートのシミを取る方法!自分でするやり方や業者に頼んだ場合は?

車のシートにシミがついてしまったら

みなさんはどのように対処していますか?

 

内装をこまめに清掃していても

意外と放置してしまうのが布シートについてしまった「シミ」

 

拭いてもなかなか取れないし

自分でシミ抜きをするのってとても根気がいる作業ですよね。

 

そこで今回は車のシートのシミを取る方法をご紹介します!

 

また専門業者にシミ抜きを依頼した場合の相場や、

シミ抜きに特化した掃除グッズシミ取りの手順なども

詳しくお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

車のシートのシミ取りを業者に頼んだ時の相場は?


出典元:http://tr-esan.com/

自分ではどうにもできなくなってしまった

車のシートのシミなどの汚れは

専門業者への依頼を検討しますよね。

 

では業者に依頼する場合は

大体どのくらいかかるんでしょうか?

 

専門業者へシートのシミ取りを依頼すると

シート1席あたり5,000円〜6,000円の費用が発生します。

 

その他に除菌やシートの洗浄など

特殊清掃や車内の基本清掃などを含めると

2万円〜5万円以上かかることもあるでしょう。

 

洗車やコーティングなど外装のメンテナンスよりも

内装の方がかなり高くついてしまうんですね。

 

では自分でシミ取りをするには

どのような方法やグッズが必要なのか、

続いてご紹介していきます。

 

 

車のシートのシミを取る時に必要なものは?

車のシートのシミ取りを自分で清掃する際には

以下のようなグッズが必要になります。

・バケツ

・クロス

・ブラシ

・中性洗剤や重曹・・・など

中性洗剤や重曹なども車のシートのシミ取りに使用できますが

泡切れが悪かったり洗浄時に確実に洗い流さないと

逆にシミになってしまったりする場合があるんですよ。

 

そんなときにおすすめしたいのが

車のシートの専用クリーナー!

 

ここからは車のシート専用のため使いやすい工夫や

汚れを落とす効果、除菌消臭効果などがある

車のシートのシミ取りに効く

グッズをいくつかご紹介しますね!

 

車のシートのシミを取るには布シートクリーナー酸素系漂白剤プラスがおすすめ!

まず始めにご紹介するのは

『岡本産業 布シートクリーナー酸素系漂白剤プラス』!

必要なもの:バケツ・クロス

 

スプレーするだけで布シートについたシミや

汚れを分解する車用の専用クリーナーです。

 

スプレータイプのシートクリーナーでは

初めて酸素系漂白剤を配合した上記の商品は

洗浄力・シミ抜き力も他のスプレータイプより効果は

ずば抜けていますよ!

 

使用方法は、バケツとクロスを用意

車のシートに直接スプレーをして、

硬く絞ったクロスでよく拭きあげるだけ。

 

通常の中性洗剤より効果は高く、泡切れも良いので

日常のシートのお手入れにはおすすめですよ。

 

 

車のシートのシミを取るにはしみクリンがおすすめ!

続いてご紹介するのは『洗車の王国 しみクリン』!

必要なもの:バケツ・クロス×2枚・ブラシ(頑固なシミの場合)

 

プロ仕様の車の内装専用のクリーナー、しみクリン

特殊な洗浄成分でシミや汚れを

ピンポイントにすっきりと分解除去しますよ。

 

あまりに強力なシミ抜きでは

かえって素材を傷めてしまうこともあります。

 

ですが、しみクリンは車の内装クリーナー専用に

開発されてますから「車にも、人にも優しい」

こだわりのシミ取り洗浄剤です。

 

湿らせたクロスと乾いたクロスの両方を用意し、

しみクリンを湿らせたクロスで

シミや汚れにトントン叩きながら浸透させていきます。

 

シミが落ちたら乾いたクロスで拭きあげれば完了です!

 

ちょっと頑固なシミ取りには、湿らせたクロスの代わりに

柔らかいブラシでブラッシングするのがおすすめですよ。

 

Sponsored Links

 

車のシートのシミを取るにはCDCがおすすめ!

続いてご紹介するのは『業務用マルチクリーナー CDC』!

必要なもの:バケツ・クロス×2枚

スプレーボトル・ブラシ(シートの縫い目や溝に使用)

 

一般のカー用品店やホームセンターでは

なかなか入手できない業務用のCDC

車のシートから樹脂パーツや天井まで

車の内装丸ごとこれ一本で綺麗にしてくれますよ。

 

また、布シートにこぼしたジュースや

コーヒーのシミの他にも吐瀉物や血液など

頑固で除菌が必要になるようなシミ

強力に分解除去+消臭除菌してくれます

 

上記の商品は原液になりますので、

まずスプレーボトルなどに5倍から10倍に希釈してから

対象箇所に直接スプレーして使用しましょう。

 

使用方法は硬く絞ったクロスで拭きあげて

クロスが汚れる度にバケツで洗い、

常に綺麗な面で拭きあげるのが

すっきり汚れを落とすコツですよ!

 

 

車のシートのシミを取るにはルームクリンがおすすめ!

続いてご紹介するのは『洗車の王国 ルームクリン』!

必要なもの:バケツ・クロス×3枚

ブラシ(シートの縫い目や溝に使用)・綿棒

 

上記の商品も布シートから樹脂パーツまで、

車の内装を丸っとこれ一本で綺麗にしてくれます。

 

洗浄力はとても強力で頑固なヤニ汚れも

ひと拭きで落としてしまいますよ。

 

また、洗浄力が強いと素材を痛めてしまうことがありますが

上記のルームクリンは強力なアルカリの洗浄力

柔軟剤をプラスしてあるので布シートを

ふんわり柔らかく仕上げてくれるのが特徴です!

 

使い方は非常に簡単で、クロスにルームクリンを

吹き付けてシミ部分を拭き上げます。

 

そして硬く絞ったクロスで拭き取って、

最後に乾いたクロスで水分を拭けば完了です。

 

細かいところへの裏技で綿棒もあると便利ですよ!

 

 

車のシートのシミを取る時の方法は?

では、ここからは上記のような

車のシート専用のクリーナーを使用して

シートのシミ取りの方法を紹介していきます。

 

シートのシミ取りの手順1:事前清掃


出典元:http://mbp-osaka.com/

まずは事前にシートの清掃を行いましょう。

 

シート洗浄の際に細かいホコリや砂、

小さなゴミ等が水分を含んでしまうと

洗浄のときに更に汚れが広がってしまう場合があります。

 

なので事前に掃除機などで清掃を行っておきましょう!

 

 

シートのシミ取りの手順2:クリーナー拭き


出典元:http://www.soft99.co.jp/

次にクリーナーを使用してシートを拭きあげていきます。

 

シートクリーナーの種類によっては

クロスに吹き付けてから拭くタイプ

シートのシミに直接スプレーしてから拭きあげるタイプがありますので

よく取扱説明書を読んでから行いましょうね。

 

また、事前にクロスを硬く絞っておくことを忘れずに!

 

Sponsored Links

 

シートのシミ取りの手順3:細部拭きあげ


出典元:https://picture1.goo-net.com/

次にシートの縫い目や、シートベルトホルダーの根元など

細かい部分のシミ取りにはブラシなどを使用して

キレイに汚れを取っていきましょう。

 

頑固なシミには、違う材質のブラシを使い分けながら

丁寧にブラッシングしていくといいですよ。

 

 

シートのシミ取りの手順4:水拭き


出典元:http://suumo.jp/

クリーナーを使用してシミ取りができた後は

別の硬く絞ったクロスで再度、拭きあげていきましょう。

 

その際はシートクリーナーの成分が残留しないように

シミ取りをした部分をよく見ながら

しっかりと拭き取っていくのがポイントですよ。

 

 

シートのシミ取りの手順5:乾拭き


出典元:http://www.soft99.co.jp/

仕上げにシミ取りした水拭き後の湿っている部分を

乾いたクロスで乾拭きしていきます。

 

シート表面に水分が多く残っていると

雑菌やカビなどが発生し、ニオイの元になってしまいます。

 

綺麗な乾いたクロスで水気を取りましょう

 

 

シートのシミ取りの手順6:乾燥完成


出典元:https://cdn.snsimg.carview.co.jp/

シートのシミ取りが完了したら

乾燥させる意味も込めて車内を風通し良くしておきましょう

 

一部分のシミ取りであれば上記の画像のように

全開にして乾燥させる必要はありませんが、

とにかくよく乾かすことが重要ですよ!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、布シートのシミ抜きグッズや方法を

紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

シートのシミは内部に雑菌が繁殖してしまう場合もありますので

衛生的な面でも放っておくのはおすすめできません。

 

本記事を参考にご自身でもシートのシミ抜きに

トライしてみてくださいね!

 

以上、「車のシートのシミを取る方法!自分でするやり方や業者に頼んだ場合は?」でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑