車のボディに付着したウロコ状の汚れ

落ちなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

 

普通の洗車溶剤やスポンジで車のボディを磨いても

ウロコ汚れはなかなか落ちないですよね。

 

しかし、水垢にも似たあの頑固な汚れは、

簡単にウロコ取りで車のボディから除去できます。

 

今回は『どのウロコ取りが一番よく落ちるのか?』に注目して

車のボディのウロコ取りでおすすめな方法グッズ

ウロコ取りでの注意点を交えながら紹介していきます!

Sponsored Links

 

ボディのウロコ取りを業者に頼んだ時の相場は?


参照元:https://news.ftv.com.tw/

どうしても落ちない水垢やウロコは

最終手段としてプロにお願いするのが普通です。

 

ただ普通の洗車と若干ですが、施工内容も変わってくるので

工賃がどれくらいかかるのか知っている方は少ないですよね。

 

ウロコ取りに関する工賃は、コーティングしないで

シンプルに水垢ウロコ落としだけで

2000~4000円が工賃相場だと言われています。

 

また、KeePerなどの有名なコーティングメーカーで

水垢やウロコ取りをお願いすると、

同時にコーティングまで行ってくれます。

 

ですが、洗車にしてはそれなりの工賃が請求されるため

効果に見合った工賃かどうかは

しっかり判断する必要がありますね。

 

コーティング込みでプロにお願いすると、

5000~9000円と車の水垢やウロコ取りだけの場合よりも

倍の工賃がかかります。

 

ただ、最近は誰でも簡単に車のボディの水垢や

ウロコを落とせるグッズが販売されているので

まずは自分で車のボディのウロコ取りを

やってみることをおすすめしますよ。

 

 

車のボディのウロコ取りに必要なものは?

自分で車のボディのウロコ取りをするには

やはり強力な味方がいないとだめでしょう。

 

そこで、車のボディの頑固なウロコ汚れでも

スイスイ落としてくれる強力なグッズを紹介していきます。

 

車のウロコ取りにはSPASHANを!

最初に紹介するグッズは車のボディのウロコ取りだけではなく

車のコーティングの下地としても大活躍するんです!

 

『なぜ、これほどまでにウロコなどを落とせるのか?』

 

それがナノ最先端技術

取り入れているからなんですね!

 

ナノ技術を取り入れたガラスリムーバーなので

油膜や頑固なウロコなどの簡単に落とせない汚れを

誰でも簡単に取り除く事ができます。

 

注意点としては、かなり磨く力が強いので

施工後はもう一度コーティングすることをおすすめしますよ。

 

 

車のウロコ取りには水垢クリンを!

上記の水垢クリンは車のボディの水垢・ウロコ取り専用の

溶剤として開発されている為、

水垢やウロコ汚れに対しての効果は非常に高いものになっています。

 

超微粒子のコンパウンドが車のボディを傷つけることなく

水垢やウロコ汚れだけをしっかり落としてくれますよ。

 

特にホワイト系やブラック系の車は

水垢やウロコ汚れが非常に顕著に目立ちますよね。

 

あまりにウロコ汚れが目立ってくると、

億劫になって洗車をしなくなったりするので

ウロコ取りができなくなるといった悪循環に陥りますが、

水垢クリンはウロコ汚れをしっかり落としてくれますよ!

 

Sponsored Links

 

車のウロコ取りには艶MAXを!

上記の商品は車の洗車を行い、ウロコ取りをしながら

同時にコーティングまで行える優れものなんです!

 

コーティングを一緒になったタイプのウロコ取りは

ウロコ取りの能力が低いので、

満足できないということがこれまで多かったです。

 

しかし、洗車後の車のボディにクロスで塗り込むだけで

まるで新車のような輝きを取り戻せますよ。

 

また、雨の後はウロコ取りで取り切れなかった汚れが

目立ってくるものですよね?

 

ここで紹介している艶MAXのウロコ取りは

コーティングも一緒に行ってくれるので

汚れが目立たなくなりますよ!

 

 

車のウロコ取りには水垢クリーナーを!

本格派のプロ仕様ウロコ取りを使いたいという方は

上記の商品がおすすめですよ!

 

プロの方々が実際に使用しているという

人気水垢専用クリーナー。

 

特に輝きを失った中古車販売に携わるプロや

カークリーニングを専用としている専門業者の方など

頑固なウロコ汚れが多い状況で仕事するプロが認め、

愛用されている実績あるウロコ取りなんです。

 

なので、洗車の時に残ってしまう水道水のカルキや

シャンプー洗車で落ちない黒筋を簡単に落とすことができますよ。

 

また、ここで紹介しているウロコ取りの特徴として

カーラッピングされた車のボディにも対応しているので、

ほとんどの車に対応しているウロコ取りだと言えますね。

 

 

車のウロコ取りには車磨きバフを!

スポンジでウロコ取りを磨ききれない時は、

上記のようなバフを使用してウロコ取りを行いましょう!

 

ウールバフ(荒目バフ)・細目ウレタンバフ・

極細目ウレタンバフ・超極細目ウレタンバフの

磨きバフから仕上げバフまで

4種類がセットになったお買い得セットです!

 

これ一式があればウロコ取りだけでなく、

車のボディの様々なコーティングに活躍すること間違いなし。

 

セットになっている割には値段も安いですし、

クオリティも悪くなくウロコ取りにおすすめですよ!

 

 

車のウロコ取りにはピカピカレインを!

最後に紹介する商品は車のボディのウロコ取りで

気になる部分だけ施工したいという声に

答えたウロコ取りですよ!

 

ピカピカレインのウロコ取りは

ウロコ汚れが気になるスポット

ピカピカレインの溶剤を染み込ませたコットンを当てて

少し放置するだけで車のボディをピカピカにしてくれるんです!

 

『長い時間放置しなければならないの?』と思うかもしれませんが

放置する時間は30秒~1分で大丈夫ですので、

数か所ウロコ汚れが酷い箇所があってもすぐに施工が終わりますよ。

 

あとは普通に洗車するだけで、ウロコ取りの完了するので

お手軽に行えるウロコ取りグッズでしょう。

 

Sponsored Links

 

車のボディのウロコ取り方法は?


参照元:https://www.youtube.com/

最近のウロコ取り溶剤は優秀なので、

それほどゴシゴシ擦らなくても綺麗にウロコ取りしてくれます。

 

また、ウロコ取りをする時は

溶剤にコンパウンドが配合されていることも多いので、

ゴム手袋をしながら施工することをおすすめしますよ。

 

注意点は、使い古しのファイバークロスで拭くと

小さな汚れで車のボディが傷つく可能性があるため

なるべく新品で綺麗なもので拭きあげてくださいね

 

 

車のウロコ取りをする時に気をつける点は?


参照元:https://e-yasukawa.com/

車に付着したウロコの状態によって

1回の施工で落としきれないことがあります。

 

1回で終わらせようとして

ゴシゴシ磨いてもそれほど効果はないので、

数回に分けることをおすすめしますよ。

 

また、天気が良い日に行うと、

ウロコ取り溶剤がすぐに乾いてしまい

溶剤の伸びが悪いので、

曇りの日にウロコ取りを行うのがポイントです。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

必死に洗車の時に擦っていた方からすると、

目からウロコな情報ばかりだったのではないでしょうか。

 

今回、紹介しているウロコ取りグッズや、

ウロコ取りの手順をしっかり守れば

誰でも車のピカピカボディを取り戻すことは可能なので、

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

以上、『車のボディのウロコ取りでおすすめな方法やグッズ、業者での値段は?』の記事でした。

Sponsored Links