*

車検の整備の項目って内容は何をするの?費用相場や日数まで紹介!

車検は国の法律で定められた法定整備なので、

必ず決められた期間内に行わなければいけません。

 

車検切れで車に乗っていると

道路交通法違反で逮捕される危険性が高く、

皆さんも注意が必要です!

 

そこで、気になるのが車検の整備項目ですよね。

 

実際に『決められた整備項目はどこなのか?

あらかじめ自分で整備しておけば、

車検費用を少しでも抑えられるかもしれません。

 

今回は、車検の整備の項目や内容

費用相場や日数などを紹介していきます。

Sponsored Links

 

車検の整備の費用相場は?

皆さん気になる車検の相場ですが、

必ず発生する費用は大きく分けて

法定費用と車検基本料の2つがあります。

 

法定費用とは重量税や印紙代の事を指しており、

例えば2t~2.5tであれば41,000円は必ず法定費用が発生します。

 

これはディーラーで行ってもガソリンスタンドで車検を通しても

必ず発生する費用となっていますので覚えておいてくださいね。

 

車検基本料は違いがある?


参照元:https://www.goo-net.com/

車検の法定費用は必ずどこでも

同じ金額を徴収されるということでした。

 

ですが、車検基本料車検を通す場所によって異なるので

車検費用を抑えるということに繋がりますね!

 

車検整備を行う主な方法としては、

一番有名なディーラー、民間整備工場、カー用品店、

ガソリンスタンド、ユーザー車検など

実に様々な方法で車検整備を行うことが可能。

 

大体の費用の目安としては、

ディーラーの場合は10万円程度で

一番安いユーザー車検は法定費用のみです。

 

ガソリンスタンドやカー用品店で車検を通しても

約8万円が相場になるのであまり変わらないでしょう。

 

 

車検にかかるおよその日数は?


参照元:http://www.kumakosen.jp/

2年間、新車であれば3年に1度行われる車検ですが、

どれくらいの日数がかかるかご存知ですか

 

どこで車検を通しても整備にかかる日数は

約1~2日は見ておきたいですね!

 

最近ではガソリンスタンドやカー用品店でも

当日車検や60分車検などができるところも多く見られます。

 

では、車検に時間がかかる大きな要因として、

どのようなことが挙げられるのでしょうか?

 

それは、整備する部品が届くまで時間がかかる

輸入車』『製造の古い車両』等の場合、

かなり車検整備期間が延びる可能性があるでしょう。

 

また、取り寄せても部品がない場合は

特注であったりして、さらに時間が要することが挙げられます。

 

さらには、車検が切れるギリギリに急いで

車検を通すことになると予約する日程が選べないため

予約いっぱいの中で無理に引き受けてもらうしかありません。

 

無理に引き受けているので、

整備工場のキャパシティも超えており

車検に時間がかかるといえますから

余裕を持って車検に通すことをおすすめします。

 

Sponsored Links

 

車検の整備の必須項目って?

先ほどもお伝えしましたが

車検の整備項目は国の法律で決まっています

 

中には自分で交換を行えるものもあるので、

自分で交換修理を行うとその分の工賃や部品代が浮くため

車検費用を抑えることが可能ですよ!

 

ここからは、車検の整備の必須項目で

自分で行える修理部分を紹介していきます。

 

車検の整備の必須項目1:発煙筒

車検を通す際に、発炎筒の項目はあると思われがちですが

実際には項目にありません!/strong>

 

ですが、非常信号灯の有無はしっかり確認されるため

その非常信号灯に発煙筒は含まれますよということです。

 

道路運送車両法では、発炎筒は「非常信号用具」に該当するので

備えていないと車検には通らないので注意が必要です。

 

発煙筒も進化を遂げており、

最近は電池で作動するLED発炎筒なども存在します。

 

上記で紹介している発煙筒はLEDタイプのもので

車検のたびに発煙筒(非常信号灯)を

交換する必要がなくなるでしょう。

 

従来の使い捨ての発煙筒よりも、

エコで電池交換さえしっかり行えば

何度も使えるので経済的といえますね。

 

 

車検の整備の必須項目2:ブレーキフルード

丁度、車検期間と同じくらいの寿命である

ブレーキフルードも交換したほうがいいですよ!

 

交換する目安としては、

2年という期間以外にも黄色から茶色、

黒色へ変色している場合は劣化のサインなので交換時期です。

 

そこでおすすめしたいブレーキフルードが、上記の商品!

 

このブレーキ項目は車の安全にかかわるパーツなので

信頼できるものを選びたいですよね。

 

紹介しているブレーキフルードのメーカーは

レース実績もあるしっかりしたメーカーなので、

信頼性が高いゆえに値段も良心的なのでおすすめですよ。

 

 

車検の整備の必須項目3:エンジンオイル

エンジンオイルの交換は必須なので、

車検時以外でもエンジンオイルの交換を行うようにしましょう。

 

推奨されているエンジンオイルの交換のタイミングは、

走行距離5000kmまたは半年に1回と言われています。

 

ただ、最近の国産車は10000Kmか1年に1回という、

長寿命のエンジンオイルもあります。

 

例え走行距離が5000㎞いかなくても

エンジンオイルは酸化しやすいので、

半年に一度は交換をおすすめしますよ。

 

この項目を怠ると、エンジンの寿命が短くなったり、

トラブルの原因になることも。

 

そこで上記のMobil1のエンジンオイルを紹介します。

 

交換した直後からエンジン音が静かになり

その品質の良さや効果は体感できるはず。

 

国産車から輸入車まで様々な車にも使えて、

バイクにも使えるオイルというのはなかなかない商品ですよ。

 

Sponsored Links

 

車検の整備の必須項目4:ブレーキパッド

この項目も車の制動に関わるパーツなので、

車検整備毎に交換していきましょう!

 

しかし、この項目は一度ブレーキを分解してみないと

わからないというのが難点です。

 

新品のブレーキパッドは10㎜ほどですが、

使うと減っていき1㎜以下になるとかなり危険な状態で

ブレーキが鳴いたり、異音が聞こえたりします。

 

そこでおすすめしたいブレーキパッドが

上記の商品です。

 

純正と比較してみても遜色がない性能で

制動力も問題ありません。

 

紹介している商品はコストパフォーマンスも抜群で

口コミなどの評判も高いので注目してみてくださいね。

 

 

車検の整備の必須項目5:ワイパー

ワイパーは車検の必須項目に記載されていないですが、

安全に雨の日でも運転するためには

交換が必要な項目なんです。

 

ワイパーはゴムでできているので劣化をするもの

 

最近、ワイパーのふき取りが悪くて

よく見ると『ワイパーのゴムに亀裂が入っている』という場合は

交換のサインです!

 

車検の必須項目など関係なく、

その都度こまめに交換してくださいね。

 

紹介する上記のワイパーはエアロワイパーといって

形状が少し変わっています。

 

これは、空気の流れを利用して

しっかりとワイパーがウィンドウに密着し

ふき取りが綺麗になる効果がありますよ。

 

見た目もスポーティーにドレスアップして

グレードアップすること間違いなしでしょう。

 

 

車検の整備の必須項目6:エアエレメント

こちらの項目は車検費用を抑える場合には

省かれることが多い項目です。

 

ですが、エンジンの負荷を考えると

しっかり交換しておきたい項目ですね。

 

エアエレメントは4万キロがだいたいの交換目安ですが、

小まめに掃除してあげるだけでも全然持ちが違います。

 

紹介している商品はジムニー用のエアエレメントです。

 

アピオという会社のジムニーに対する情熱を感じ、

ジムニーで走った瞬間にパワーの乗り方が凄く良くなったと実感して

驚くこと間違いなしでしょう。

 

 

車検の整備の必須項目7:タイヤ

最後に紹介するこちらの項目は

車検時に必ずチェックされる項目ですから

自分で車検を通す場合には

しっかりチェックしておきましょう!

 

そんな交換する時におすすめしたいのがエコタイヤです。

 

転がり係数が高いのでアクセルを離しても

スーッと進んで行きますよ!

 

ウェット性能・ドライ性能・乗り心地という

基本性能も確保されており、

幅広い車種に対応する低燃費エコタイヤとなっています。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車検の項目などについて色々と見てきましたが、

車検を通す方法は様々で、自分で通すという方法など

知らないことも多かったのではないでしょうか。

 

この車検の情報を知っているのと知らないのでは

車検費用に1万円近い差が出てくるので、

皆さん参考にしてみてくださいね。

 

また、費用を安くするためにも車検に出す際はチェック項目を

少しでも自分で修理しておくことをおすすめしますよ!

 

以上、『車検の整備の項目って内容は何をするの?費用相場や日数まで紹介!』 の記事でした。

Sponsored Links




関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑