Sponsored Links

車のボディに知らないうちに

えくぼができていたという経験はありませんか?

 

実は、ちょっとした衝撃でも車のボディに

えくぼができることがあるので注意が必要なんです!

 

そんな車のえくぼですが、普段から車をいじっていない方

車に詳しくない方初心者の方でも

簡単に修理する方法があるんですよ。

 

今回は、車のえくぼ修理方法や

えくぼを修理する時に便利な道具を紹介していきますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links


 

車のえくぼを自分で修理する時のおすすめ道具は?

車のえくぼを修理するには、

専用の道具が必要になってきます。

 

初心者の方やあまり車に詳しくない方だと、

何を購入していいかわからない』という方も

多いのではないでしょうか。

 

そこで、ここからは車のえくぼ修理におすすめな

便利グッズをいくつか紹介していきます!

 

車のえくぼの修理にはひっぱり君を!

最初に紹介するひっぱり君ですが、

他に必要な道具はないくらい充実したセットになっています。

 

500円玉くらいまでのえくぼであれば

上記のひっぱり君で修理することが可能!

 

コツは、このひっぱり君は1回だけではなく

3~4回行うと綺麗にボディのえくぼを修理できますよ。

 

わかりやすい日本語の説明書が入っているので、

初心者の方でも簡単に使えるのは嬉しいですよね。

 

また、ブリッジ部分が金属製なので、

プラスチック製の物よりしっかりと引っ張りだせます

支柱部分も可動できるため

デントの大きさに合わせれるのもおすすめのポイント。

 

一気に車のえくぼを修理しようとせず、

少しづつ直していく感じで施工するのがコツですよ。

 

 

車のえくぼの修理には吸着盤を!

車のヘコミ直し/最高吸着50kg 超強力 吸着盤 吸盤 荷運び 荷物 運搬 扉 開閉 凹み へこみ 修理 引き手 取っ手 V-A002[送料無料(一部地域を除く)]【YDKG-kd】[その他CA][便利]

車のえくぼやへこみ直しの定番道具といえば、

上記画像の吸着盤がおすすめですよ。

 

このタイプの吸盤は様々な種類が発売されており、

価格もピンキリです。

 

とはいえ、強力に車のボディに吸い付き

引っ張るわけですから、それなりの強度が必要だと思います。

 

紹介する吸着盤は、アルミボディなので

軽くて頑丈な大型吸着盤なんです!

 

それゆえに、吸着力は50kgとかなり強力なので

これだけ強力だと車のえくぼもすぐに修理できるはずですよ。

 

 

車のえくぼの修理にはヒートガンを!

Power sonic(パワーソニック) ヒートガンセット HG-10S【メーカー直送:代引き不可:沖縄離島不可:日時指定不可】

後ほども紹介しますが、

車のボディのえくぼを修理するには、

ボディの鉄板を温める工程が必須です。

 

ドライヤーなどでも代用できなくはないですが、

ヒートガンを使用するのが手っ取り早く効果的でしょう。

 

上記の紹介しているヒートガンは、

様々なノズルなどがセットになっています。

 

えくぼを修理するだけではなく、

テールランプにスモークフィルムを張る時や、

DIYの時などに大活躍すること間違いなし!

 

後ろのダイヤルで温度調節ができ、

LEDで大体の温度がわかりやすく

機能面も充実していますよ!

 

また、それらのセットを収納できる

ケースも付属しているので、収納も簡単で楽ちんですね。

 

 

車のえくぼを自分で修理する方法は?

車の板金修理はかなり高額な金額になることは知っていますか?

 

もちろん、えくぼの修理も例外ではないですね。

 

1か所修理するのに、1万円近くすることも

普通にありうるので恐ろしいですよね。

 

ですが、やり方さえ知っていれば

その数万円を浮かすことができるので

皆さんも車のえくぼ修理にチャレンジしてください。

 

車のえくぼを修理する手順1


参照元:http://kouta-mama.jugem.jp/

まず重要なのが、車のボディの状態を見ること

 

あまりに酷い状態だとえくぼが修理できるどころか、

かえってデコボコになってへこみを悪化させることになります。

 

そのため、慎重に判断してくださいね。

 

もし、大きすぎるえくぼや凹み具合が深いといった場合には

最初からプロにおまかせするほうが

かかる時間も費用も少なくて済むでしょう。

 

また一見して普通のえくぼに見えたとしても、

見えない程度の亀裂や塗装の傷がある可能性も

ゼロではないので注意してくださいね。

 

 

車のえくぼを修理する手順2


参照元:http://xn--68j2b4j2a1s6859aj48a.net/

車のえくぼの状態を確認して、

問題なく自分でも修理できそうだと判断したら

早速作業に取り掛かりたいところです。

 

ですが、まずはえくぼ周辺を綺麗にしていきましょう

 

綺麗にすることは車のえくぼ修理に限ったことではなく

全てに言えることですよね。

 

えくぼ修理は車のボディを引っ張ったり叩いたりするので、

Sponsored Links

汚れたまま作業すると砂や塵でボディが傷つく恐れがあります。

 

綺麗な状態で作業を行う方が、

えくぼのへこみ具合も鮮明に見えるので

仕上がりが美しくなりますよ!

 

 

車のえくぼを修理する手順3


参照元:https://carnny.jp/

鉄の特性として、温めると柔らかくなり

形を変えたりするのが楽になりますよね。

 

その習性を活かして車のえくぼ部分を温めていきましょう。

 

ドライヤーを当て続けることでも

えくぼ部分の温度を上げることが可能ですが

やはりおすすめはヒートガンを使用すること

 

ドライヤーの髪の毛を乾かすパワーと、

ヒートガンの業務用のパワーでは

その温度も風力も全く違いますよ!

 

 

車のえくぼを修理する手順4


参照元:http://centralleaguebaseball.com/

また、温める方法の他にも

お湯で温めるということもあります。

 

なかなか効果がでにくく、

このテクニックを使える場所も限られていますが

簡単にえくぼを修理することができるでしょう。

 

方法は、お湯をかけてえくぼを裏側から押してあげるだけです。

 

これなら初心者の方や

車に詳しくない方でも簡単にできますね。

 

ただ、裏側から押せる場所にしか使えないことや、

熱湯を準備しなければならないのでデメリットもあるため

用途に合わせて試すことをおすすめします。

 

 

車のえくぼを修理する手順5


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

車のえくぼ部分が温まったところで、

市販されているえくぼ修理道具で修理していきましょう!

 

先ほど紹介したひっぱり君や、吸着版で引っ張ってあげると

冷たい状態ボディの時よりも

すんなりえくぼを修理できるはず

 

ただこの時、車のボディがすごく熱い状態なので

やけどに注意しながら慎重に作業を行うようにしてくださいね!

 

また、ひっぱり君などを数回に分けて施工する場合

その都度温めてから作業するようにすると

効果はかなり高まりますよ。

 

 

車のえくぼを修理する手順6


参照元:https://bumped-car.com/

温めたボディを急激に冷やすとどうなると思いますか?

 

これもまた鉄の習性の話ですが、

熱せられた鉄板を急激に冷やすと

元の形状に戻ろうとするそうです。

 

この習性を利用して、車のえくぼ部分を温めてから

コールドスプレーなどで急激に冷やしてみましょう

 

この方法は、裏側から押したりする必要もないので、

どこの部分のえくぼであっても使えるワザとなっていますよ。

 

 

車のえくぼを修理する手順7


参照元:https://www.youtube.com/

上記のようにハンマーを使用すると

えくぼがさらに悪化するのでは?』と不安になりますよね。

 

ハンマーを使った修理方法は

これまでの鉄の習性を生かした修理方法よりも、

確実にえくぼを修理することができる方法です。

 

もちろん、ここで使用するハンマーは

釘などを打つハンマーではなく、

板金専用の打面が柔らかいハンマーを使用しましょうね。

 

ただ、初心者の方には力加減が難しくて

強く叩きすぎるということもあるので注意が必要です

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車のえくぼ修理について見てきましたが、

初心者の方やあまり車に詳しくない方でも

簡単に施工できるものばかりでしたね。

 

一度えくぼ修理のコツをつかんでしまえば

もうプロに板金修理を依頼して

数万円かかるということは無くなります。

 

ぜひ上記のことを参考に車のえくぼを修理してみてくださいね。

 

以上、『車のえくぼを修理!自分で直すやり方や手順、おすすめ道具とは?』 の記事でした。