*

軽自動車のタイヤの空気圧ってどのぐらいが標準?高めがいい理由は?

皆さんは軽自動車のタイヤの空気圧を気にしていますか?

 

そもそも『どれくらいの空気圧になっているのか

標準なのかわからない』という方も多いと思います。

 

タイヤの空気が少なくなっていると、

走行中にタイヤが傷みやすくなりますし、

最悪の場合ではタイヤがバーストする危険性もあります。

 

しかも、燃費にもタイヤの空気圧が影響してくるので

唯一、地面と接している車のパーツなだけに

その重要性はかなり高いのです。

 

そこで、今回は軽自動車のタイヤの空気圧は高い方が良いのか?

低い方が良いのか?軽自動車のタイヤに空気を入れる方法についても

紹介していきます。

Sponsored Links

 

軽自動車の適正空気圧ってどれくらい?

皆さんは軽自動車の適正な空気圧を調べる方法はご存知でしょうか?

 

適正な空気圧を知らないと、何を基準に高いのか、

低いのか判断できないですよね。

 

軽自動車に限らず全ての自動車は、

大抵の場合はドアの開口部に指定されたタイヤの大きさ

それに合ったタイヤの空気圧が表記されています。

 

その表記されている数値を基準に高い、低いの

判断をしていきましょう。

 

車種ごとに空気圧は違う?


参照元:http://carvibration.com/

同じ軽自動車だからといって、

全ての車種が同じ空気圧で、同じタイヤのサイズではありません。

 

タイヤの大きさや、車の重さなどで

適正なタイヤの空気圧は変わってくるので、

『自分の軽自動車の空気圧と同じで大丈夫』という考えは

注意が必要ですね。

 

 

タイヤの空気圧をチェックする便利グッズ

タイヤの空気圧は特別な器具がないと測定できません。

 

多くはガソリンスタンドなどで借りることができますが、

ふとタイヤを見た時に空気圧が少ないように感じたら

すぐに確認できたらベストです。

 

そんなときにおすすめなのが

上記のポータブルタイプのエアーゲージが役に立ちますよ。

 

方法は簡単で、タイヤの空気バルブに差し込むだけで

測定は完了し、測定した数値のまま針が止まるので

数値の確認もしっかり目視で

確認できるようになっているのがおすすめのポイントですよ。

 

Sponsored Links

 

軽自動車のタイヤ空気圧は高い方がいいって本当?

全く車の知識がない人からの感覚で言えば

タイヤの空気は少ないより、空気が抜けることも考慮して

若干多めに充填しておくのが良いと考えると思います。

 

では、実際にタイヤの空気圧は高いほうがいいのか?

正解をみていきましょう。

 

適正空気圧より若干多く入れるのが正解


参照元:http://www.diylabo.jp/

車の空気圧についてプロに意見を聞いても、

適正空気圧で入れる人』と『適正空気圧より多く入れる人

両方のタイプがいます。

 

ただ、適正空気圧より下回る方はいないので、

最低として適正空気圧は入れておきたいところですね。

 

では『若干多い空気圧ってどれくらい?』という

疑問も生まれると思いますが、

例えば、250kpaが適正な空気圧だったとしたなら、

±0~30kpaくらいが丁度良い空気圧といえるでしょう。

 

恐らく、ガソリンスタンドやディーラーで

点検のついでに空気を充填してもらうと、

若干多く入れておきました!』と言われるはずです。

 

もちろん、空気の充填はサービスで行ってくれますよ。

 

 

タイヤを長持ちさせるには空気圧が高い方が良い?


参照元:http://shop.dunlop.co.jp/

軽自動車のタイヤ減りは均等に減っていかないですよね。

 

軽自動車や前輪駆動車(FFタイプ)の車で多いのが、

タイヤの真ん中の溝は残っているのに、

角だけが異様に減っているというパターンですね。

 

また、ミニバンなどでは

真ん中から外側の角にかけて、

減りが激しいといったパターンも見られます。

 

これは運転の仕方や、アライメント(タイヤバランスのずれ)が

原因の場合もありますが、

多くは空気が少ないことが原因ということが多いです。

 

『なぜ空気圧が低いとタイヤの減りが早いのか?』というと、

タイヤに空気が少ないと

それだけタイヤが地面と接する面が広くなりますので

タイヤの傷みや減りが激しくなるのです。

 

 

タイヤの空気圧が低いと燃費にも悪影響が


参照元:http://hiro9999.com/

タイヤの空気圧が低いと、

路面と接する面が大きくなりタイヤの傷みが激しく、

減りも早いということが前述でご理解いただけたかと思います。

 

タイヤの空気圧が少なくなって

接地する面が増えれば、同時に摩擦力も大きくなりますよね?

 

摩擦力が大きくなるということは、

前進する力も削がれるということになり、

結果的に燃費も悪くなってしまうのです。

 

最近の車は、燃費性能が上がっていたり

タイヤもエコタイヤで転がり抵抗係数が高くなっていたりします。

 

ですが、その性能はタイヤに十分な空気圧があって

初めて発揮される性能なので、

燃費性能をフルに引き出すには

タイヤの空気圧は非常に重要なんです。

 

 

簡単に空気を入れられるグッズ

これまでお伝えしたことで

軽自動車のタイヤの空気圧の重要性

ご理解いただけたかと思います。

 

いざ、軽自動車のタイヤの空気を入れようとしても

自転車のタイヤのように簡単に空気を入れられないですよね?

 

そこで、空気を充填するには

ガソリンスタンドやカーショップに設置されている空気入れを使用するか、

何万円もするコンプレッサーが必要になります。

 

紹介する『電動エアコーンプレッサー』は

空気入れには片手で持てるほどの大きさのコンプレッサーで、

価格も1万円を切るので大変手ごろになっています。

 

充電タイプで、何処でも気になったときに

すぐ空気を充填できますし、

シガーソケットから電力を取ることも可能!

 

出先で急に『タイヤの空気圧が低いな』と感じたら

すぐに対応できますよ。

 

さらに凄いのが、設定した空気圧になると

自動で充填を止める機能も付いているので、

空気圧が少なかった、空気を入れ過ぎたという

心配は全く必要ない商品でしょう。

 

Sponsored Links

 

軽自動車のタイヤ空気圧が低い、高いリスクはあるの?

今までお伝えしてきた内容をみてみると、

タイヤの空気圧は高い方が良いと思う方がほとんどでしょう。

 

しかし、だからといって空気を入れ過ぎたり、

少なすぎたりしても危険なリスクは発生するのです。

 

空気圧が高い時、低い時のリスクをそれぞれ見ていきましょう。

 

軽自動車のタイヤ空気圧が高すぎる場合のリスク


参照元:https://ameblo.jp/

軽自動車のタイヤの空気圧が高いと、

タイヤが長持ちしたり、燃費が向上するといった

メリットばかりに感じますが、

当然、良い面ばかりではないのです。

 

空気をパンパンに入れ過ぎると、

タイヤ自体のクッション性が無くなり、

悪路や段差での路面からの突き上げが大きくなります。

 

そのため、乗り心地が悪化するという現象も見られるのです。

 

また、路面と設置する面が小さくなり、

グリップ力の低下や制動距離が長くなるといった作用も起きるので

タイヤに空気を充填し過ぎるのも善し悪しなのです。

 

 

軽自動車のタイヤ空気圧が低すぎる場合のリスク


参照元:http://www.ace-body.jp/

軽自動車のタイヤの空気圧が低くて、

考えられるリスクは、

先述したようにタイヤが減りやすくなる、

燃費が悪くなる、タイヤがバーストする原因になることが挙げられます。

 

『なぜ空気が少ない状態だと

タイヤがバーストしやすくなるのか?』というと、

空気が少ない状態なのでタイヤの変形が大きく、

空気が少ないのでタイヤ内の温度も上昇しやすいことが原因になります。

 

これがヒート・セパレーション(異常発熱)

呼ばれる現象を引き起こし

タイヤがバーストしてしまうのです。

 

 
この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

軽自動車のタイヤ空気圧について見てきましたが

あなたの軽自動車はタイヤの空気圧はチェックしていますか?

 

膨らませた風船が時間の経過とともに萎んでいくように、

タイヤも空気が抜けていくので、

理想的には1ヶ月に一度は

タイヤの空気圧をチェックしたほうがいいところですね。

 

特に長距離ドライブや、高速道路を走行する時

必ず確認して安全な走行を心がけましょう。

 

以上、『軽自動車のタイヤの空気圧ってどのぐらいが標準?高めがいい理由は?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑