*

車のドアの傷を修理する方法や費用は?自分で簡単、綺麗に直すには?

皆さんは車のドアを開けた時に、

ドアを縁石や壁などにぶつけて

傷を付けてしまった経験はありませんか?

 

車を道路にや駐車場などに停車して降りる時、

少しでも高い縁石だと車のドア下部を擦ってしまい

傷をつけてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

カーディーラーなどに持ち込んで修理してもらう場合だと

数万円の費用がかかってしまうので、

できることなら自分で直して費用を抑えたいもの。

 

そこで、今回は自分で簡単、綺麗に車のドア傷を修理す

おすすめのグッズや方法を紹介してきます。

Sponsored Links

 

車のドアの傷を修理する時に使うアイテムは?

それでは、車のドア傷を自分で修理することができる

グッズをいくつか紹介していきます!

 

車の傷を修理すると聞けば、

難しそうな作業をイメージしますが、

簡単に行えるグッズを厳選してみましたので

あなたに合うものを探してみてくださいね。

 

車のドアの傷を修理するにはソフト99ツヤ仕上げキズ消しセットを!

車のドアが軽い接触で傷がついた場合は、

傷が浅くて小さい可能性が高いです。

 

そんな時におすすめし車のドア傷修理グッズが、

ソフト99ツヤ仕上げキズ消しセットです。

 

傷消しクリーム」と「つや出しクリーム」が

同封されていて、浅い傷であれば

これで充分、修理可能です!

 

ドアの傷具合によっては、

つや出しクリームだけで修理が完了する場合もあるので、

車のドア傷がどれくらいの程度かによって

使い分けられるのもおすすめポイントですね。

 

もちろん、使い方も簡単で、

同封されているスポンジを使い

車ドアの傷部分を擦るだけです。

 

注意点は「つや出しクリーム」と「傷消しクリーム」を

同じスポンジで使用しないこと。

 

スポンジも2つ同封されて

わかりやすく色分けもされているので

しっかりと使い分けてあげましょうね。

 

 

車のドアの傷を修理するにはタッチアップペイントを!

車のドアを傷つけてしまって、

『塗装が剥がれてしまった!!』という場合でも心配御無用!

 

むしろ、そのまま放置することを心配してください。

 

塗装が剥がれた状態で放置しておくと、

剥がれてむき出しになった傷部分から錆が発生

どんどん車のドアを侵食していくので

早めの対処をおすすめします。

 

そんな塗装の剥がれた車のドア傷に

効果を発揮するのが、上記の画像の

ホルツ タッチアップペイントです。

 

長年カー用品を販売してきたホルツだからこそ、

どこのメーカーであっても

対応できるラインナップになっていて、

きっと、あなたの愛車の色も取り扱っているはずです。

 

一応、純正ではなくホルツという社外の物になりますが

微妙な色の違いを心配されている方は安心してください。

 

よく見てもわからないほどに馴染んで

綺麗に傷を修理できると同時に

錆を防止してくれるという効果もありますから

常備しておくといい商品ですよ。

 

Sponsored Links

 

車のドアの傷を修理するにはペイントスプレーを!

細かい傷が車のドアに広範囲に広がっている場合は、

先ほどのペンタイプでドアの傷を修理していくよりも

スプレータイプでドアの傷全体を修理していく方が

効率よく綺麗に仕上がりますよ。

 

こちらもホルツ製のペイントスプレーになっていて、

10㎝四方の範囲の傷であれば綺麗に修理することが可能。

 

スプレータイプを使用するときの注意点は、風の影響をもろに受けるので

できれば無風状態のガレージなどで行うと良いでしょう。

 

また、スプレータイプなのでピンポイントで吹き付けると

そこだけ塗装が厚くなってしまい、なかなか難しいです。

 

そんな時は、ドアの傷周りにマスキングを施すことで

ドアの傷、周辺にまんべんなくスプレーして

修理することをおすすめしますよ。

 

 

車のドアの傷を修理するにはパテスプレータイプを!

かなりドアを強くぶつけてしまった場合は、

ドアの傷部分が削れていることも考えられます。

 

その場合は、ただ塗装をしても

傷の部分だけ凸凹していたり、

傷にしっかり塗装されていないということが起こります。

 

そんな時には、上記のパテを使って

補修してあげるとより綺麗に

ドア傷を修理することができますよ。

 

このパテはなんと、スプレータイプのパテなので

これまでの塗るタイプのパテとは概念を全く変えています。

 

使用方法は傷に向けてスプレーするだけで

ドア傷に均一に塗れるというメリットもあります。

 

車の傷などの修理でパテを使ったことが無い方でも、

気軽に簡単にチャレンジできるグッズとしておすすめですよ。

 

Sponsored Links

 

車のドアの傷を修理する方法は?

ここからは、車のドア傷の

基本的な修理手順の流れを説明していきます。

 

車種やメーカー問わず、

大体、同じような作業の流れなので

修理する時の参考にしてくださいね。

 

車のドアの傷を修理する方法1


参照元:http://www.asahi-lease.co.jp/

まずドアの傷の具合を正確に把握するため、

傷周辺をしっかり綺麗に洗車していきましょう。

 

ドアの傷具合を確認すると共に、

ドア傷修理の下準備にもなるので

しっかりと行うことがポイント。

 

もし、この時点で傷の具合などを確かめて

『自分では修理できなさそうだ』と判断したら

無理に修理しようとはせず、カーディーラーに

修理の依頼することをおすすめします。

 

 

車のドアの傷を修理する方法2


参照元:https://www.picars.jp/

ドアの傷を確認した後は、

傷周辺にマスキングを施していきましょう。

 

小さなキズだと見失ってしまうこともあり、

スプレータイプに限らず、塗装する修理は

特にこの、マスキングが大切になるので

しっかりとマークしておきましょう。

 

車の傷を修理している時に

手が滑って傷を拡大させては笑えないので、

マスキングテープだけではなく

新聞紙やビニールを用いることもおすすめですよ。

 

 

車のドアの傷を修理する方法3


参照元:https://carnny.jp/

ちょっと傷が深い場合は、

コンパウンドなどで磨いていきましょう。

 

大体の傷が直線で引っ掻いたような傷だと思うので、

コンパウンドで修理する時は

傷に合わせて直線的に磨いていきます。

 

強く擦っていくと剥がさなくてもいい部分まで

剥がれてしまうので、程よい力加減

磨いていくのが修理のポイントですよ!

 

 

車のドアの傷を修理する方法4


参照元:http://www.soft99.co.jp/

しっかりと傷を修理できたら

仕上げにペンタイプのものやスプレータイプで

塗装・コーティングをしていきましょう。

 

もし、傷が小さくて細かい場合は、

コンパウンドで磨く工程を飛ばしても問題ありません。

 

塗装・コーティングする場合は、

傷周辺が乾いていることを確認してから

施工していきましょうね。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

ドアの傷を修理する方法を見てきましたが、

意外と簡単で『自分でも行えるのでは?』と

感じた方も中にはいるのではないでしょうか。

 

自分でドア傷の修理をした方が費用も安く済みますので、

今回、紹介した方法を実践してみてくださいね。

 

以上、『車のドアの傷を修理する方法や費用は?自分で簡単、綺麗に直すには?』の記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑