*

ヘッドライトの黄ばみの原因や直す料金、おすすめの方法や防止には?

ヘッドライトが黄ばんでいるだけで

車が古く見えてしまうばかりか

ヘッドライト自体の光度も下がってしまい、

夜道で暗いなと感じることもあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、頑固なヘッドライトの黄ばみの原因直す料金

初心者の方でも簡単できる黄ばみの落とし方

防止する方法などをご紹介していますので、参考にしてくださいね。

Sponsored Links

 

ヘッドライトの黄ばみがあることのデメリットは?


参照元:https://www.e-c-o-style.jp/

車の見た目が悪くなる以外にも

車のヘッドライトの黄ばみはデメリットしかないですよね。

 

街で見かけたこともあると思いますが、

同じ年式なのにヘッドライトが曇ったり

黄ばんでいるだけで凄く古い車に見えてしまいますし、

見た目以外にも機能面でも様々な影響が出てきます。

 

ヘッドライトが黄ばんでいれば

当然クリアな状態の時よりも光度が落ちるので、

ヘッドライトが暗くなり、

特にハロゲンの場合は明らかに暗いと感じるでしょう。

 

最悪の場合、ヘッドライトの

光度が低くて車検に通らないということもあるなので、

注意が必要ですね。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを直す料金は?


参照元:http://a.know-how.fc2.com/

黄ばみを落とすのは自分で行うこともできますが

人によっては忙しくて黄ばみを落とす時間もないし、

プロに任せた方が安心と考える方も多いです。

 

そこで気になるのが

ヘッドライトの黄ばみ落としにかかる料金ですよね。

 

カー用品店などの料金相場は

5000円~20000円と言われています。

 

なぜ、これほどまでに

『料金に差があるのか?』というと

メーカーやコーティングによって

工賃が違ってくるからなんです。

 

軽自動車とレクサスの工賃が

同じという訳ではないのと同じことです。

 

車種によって使用されている

素材やコーティングが違うので、

メンテナンスする工程が多いということも考えられます。

 

また、ランボルギーニなどの

特別な輸入車などでは、特別な技術を必要とする場合もあり

工賃が高くなることが多いです。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを直す日数は?


参照元:https://torisedo.com/

では専門のプロにヘッドライトの

黄ばみ落としを依頼した場合は、

どれくらいの日数があればいいのでしょうか?

 

カー用品店の混雑具合にもよりますが、

だいたい2~4日はかかると思ったほうがいいでしょう。

 

大まかに、ヘッドライトをクリアにする工程は

洗浄してポリッシャーで磨いた後に

コーティングするという流れですが、

それぞれ乾かす時間も必要になってきます。

 

黄ばみ落としは『一気に終わらせる』ことができないのが

2日以上かかる要因だと言えますね。

 

しかし、黄ばみや曇りの状態が軽い場合は

当日に終わらせてくれることもあり得ますので、

時間の余裕も持って黄ばみを直すことを

検討したほうがいいですよ。

 

 

ヘッドライトの黄ばみは直すのと交換するのとではどっちがいい?


参照元:https://ameblo.jp/

黄ばみを自分で直すとなると

予算を抑えることも可能ですが、

手間がかかるというデメリットや、

クリアにできても新品のように

綺麗にすることが難しいという点があります。

 

また、プロの業者に頼んで2~4日かかるのであれば、

一層のこと、ヘッドライトキット(電球)そのものを

交換した方が早いと思う方もいるのではないでしょうか?

 

確かに、ヘッドライトキットを交換する方法と、

自分で磨いて綺麗にする方法という2つの選択肢があります。

 

どちらが良い選択なのか一概には言えませんが、

ヘッドライトそのものを交換すると

新品同様の輝きを取り戻せるばかりか、

配線類も新品になるので、球切れなどの心配なく

長い目で気持ちよく乗ることができるのでないでしょうか。

 

また、ご存じの方もいるかと思いますが

ヘッドライトキットは高額なんです。

 

最近はこれまで使用されてきた電球式のハロゲンではなく、

HIDやLEDを使用するヘッドライトが主流になりつつあります。

 

もちろん、明るさはハロゲンの比ではありませんが

値段も上がってきているのです。

 

それに加えて、交換してもらうのに

工賃がかかりますから、数万円の費用が必要ですね。

 

結論から申し上げますと、これから何年も乗る車であれば

ヘッドライトキットそのものを交換した方がいいでしょう。

 

まだ数年しか使っていない場合や、

あと半年ほどで、車を手放す予定がある方は

磨いて黄ばみを直した方が

費用を抑えることができるので、検討してみてくださいね。

 

 

ヘッドライトの黄ばみの原因は?

気付いたらヘッドライトが黄ばんでいて

ショックを受けた方も中にはいると思いますが、

なぜ、ヘッドライトが黄ばむのでしょうか。

 

これから説明する

ヘッドライトが黄ばみ始める原因のポイント

しっかりとチェックして再発防止してくださいね。

 

ヘッドライトの黄ばみは紫外線が原因!


参照元:http://kenbi-denshin.com/

殺菌効果があり、私たちの生活にも

大いに役立っている紫外線ですが、

紫外線は、人の肌にメラニンを形成して

シミやそばかすを作るので、

特に女性は日傘や日焼け止めでコーティングしていますよね。

 

車のヘッドライトも同じ仕組みで

多くの車のヘッドライトに使用されている

素材のポリカーボネートは、耐衝撃に強く

それでいて透明性も高いので重宝されているのです。

 

しかし、パーフェクトには弱点があり

それが紫外線なんです。

 

紫外線を避けるコーティングは施されていますが、

長年の使用の影響でコーティングが落ち、

そこから入り込んだ紫外線が

ヘッドライトの黄ばみを発生させているのです。

 

ですから、黄ばみ防止には

なるべく直射日光が当たらない

駐車方法をするのことがベストでしょう。

 

車庫がない方は、カバーをかけて

ヘッドライト部分を隠する対策ができますよ。

 

 

ヘッドライトの黄ばみは傷が原因!


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

素材のポリカーボネートは

耐衝撃に強いと紹介してきましたが、

傷がつきやすいという特性もあります。

 

その細かな傷が、洗車などで磨けば磨くほど

徐々にダメージが広がっていき

曇ったり、黄ばんだりする原因になっているのです。

 

曇りや黄ばみを発見したからといって、

洗車用スポンジでガシガシ擦るのは逆効果ということを

知らない方が多いので、もし知り合いが磨いていれば

注意してあげてくださいね。

 

ヘッドライトを磨くのであれば、

専用のコーティング剤で磨くのがおすすめですよ。

 

 

ヘッドライトの黄ばみは熱による劣化が原因!


参照元:http://detailworks.blog.fc2.com/

ヘッドライトが高温になること

素材のポリカーボネートに負担がかかり、

劣化を速めているという可能性も考えられます。

 

現在はLEDなどヘッドライトのバルブが、

ハロゲン時代よりも熱を持つことが

少なくなってきてはいますが、

完全にゼロという訳ではありません。

 

走行中は風を受けて表面温度の上昇は

ある程度抑えることが可能ですが、

特に停車中であれば尚更、

風で熱を逃がすことが当然できないので、

それだけヘッドライト表面に負担を強いる結果になっています。

 

なので、駐車中はこまめに

ヘッドライトを消灯することを心がけましょう。

 

また、最近の車はセンサーで

ヘッドライトが付くタイプも多いので

ヘッドライトが勝手に点灯していることもあります。

 

ヘッドライトの劣化を早めるばかりか

バッテリーアップの原因にもなるので、

注意してあげましょうね。

 

 

ヘッドライトの黄ばみは寿命が原因!


参照元:http://skyer01.com/

いくらヘッドライトを磨いてコーティングしていても、

消耗品なので寿命もやってきます。

 

『どれが球切れなのか?』

『黄ばみによる劣化なのか?』などは

それぞれ原因がありますが、ヘッドライトの

キットごと交換するのが望ましいでしょう。

 

あまりに黄ばみが凄いと車検にも通りませんし、

最悪の場合では、劣化でヘッドライト表面に

亀裂が生じるなんてことも考えれます。

 

しかも、ヘッドライトの球切れなどは

「整備不良」とみなされ、

1点減点と7000円の罰金が発生します。

 

明らかにヘッドライトの寿命

黄ばみが発生した場合は、球が切れていなくても、

速やかに対処してあげたほうがいいですね。

 

Sponsored Links

 

ヘッドライトの黄ばみを自力で直す時の注意点は?

現在はヘッドライトの黄ばみ落としを

簡単に行えるグッズや用品のキット

数多く販売されていますが、

自分で行う上で注意点も多くあります。

 

万が一失敗して修理費用がさらに必要になるのでは、

本末転倒ですから注意点をしっかり押さえて

ヘッドライトの黄ばみ落としを行ってくださいね。

 

まず、注意したいポイントが

マスキングについてです。

 

ヘッドライトのすぐ近くはボディになっているので、

傷が付かないように施すマスキングは

あまりに強力な粘着力だと

ボディの塗装を剥がしてしまう危険性があります。

 

逆に粘着力が弱すぎても、ポリッシャーが

ちょっとズレた時にマスキングの意味を果たさず

ボディに傷が付いてしまいます。

 

なので、マスキングだからといって

適当に行うのではなく、気を抜かずに

下準備から正確・丁寧な作業が求められますよ。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを自力で直す時に使用するアイテムは?

ヘッドライトの黄ばみや曇りを落とすグッズは、

かなりの多くの種類が販売されていて、

『どれが一番良いのか?』

『車に合うのはどれなのか?』わからないですよね。

 

そこで、ヘッドライトの黄ばみ落としに必要な

おすすめのグッズをまとめて紹介していきます!

 

ヘッドライトの黄ばみを直すにはREPAIR SYSTEMがおすすめ!

ドイツ生まれのコンパウンドQUIXXがおすすめです。

 

数多くの世界的なケミカルメーカーを要する

ドイツ製というだけあって、

傷や曇り、黄ばみを落とす性能はかなり高く、

このコンパウンドで磨いてあげると

大きな傷も目立たなくなったという声も。

 

なぜここまで強力な黄ばみ落としの力を

発揮できるのかというと、表面を削るというより

特殊な溶剤で黄ばみを変形させているそうなので、

汚れの落ちが良いばかりか、

そのクリアになったあとの効果も半永久的に持続するそう。

 

まさに、メンテナンスにちょうどいい

商品ではないでしょうか。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを直すには研磨ペーパーがおすすめ!

コーティング剤だけでは落ち切らない

強力な黄ばみには、サンドペーパーを使ってみましょう。

 

最近のコーティング剤は強力になっていると言っても、

スポンジで磨くのと、サンドペーパーで磨くのでは

全然に効果が違います

 

使い方としては、目の粗いものから

順に使用していくと良いでしょう。

 

大抵、どんなに頑固な黄ばみ汚れであっても

サンドペーパーでゴシゴシ磨くと

綺麗に落ちることがほとんどです。

 

サンドペーパーは磨くときに

紙なのでくしゃくしゃになって磨きずらいこともありますが、

上記の商品はマジックテープが付いてるので

サンドペーパーでしっかり磨くことができますよ。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを直すに小型バフがおすすめ!

もしポリッシャーを持っている方であれば、

この小型バフがおすすめですね。

 

機械なので、一定の力で磨くことができ

磨きムラが発生して所々が黄ばんだままという

心配もなく、人力で磨いたときよりも簡単に

ピカピカなヘッドライトになります。

 

また、プロの業者もポリッシャーを使用しているので、

プロに近い仕上がりを求めている方におすすめですよ。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを直すにはシュアラスターがおすすめ!

こちらは、様々な車用コーティング剤を

販売している、シュアラスター!

 

有名メーカーなので知名度も高く

扱いも簡単なので、初めて挑戦する方にも

安心して使用できるおすすめ商品です。

 

もちろん、コーティング能力も優れていて

先ほど紹介したヘッドライトが劣化して

黄ばむ原因である紫外線もしっかりカットしてくれます。

 

一度磨いてあげるだけでクリアな状態が

長続きするので、これ1本あれば

1年間は効果を発揮してくれることでしょう。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを直すには磨き粉プチシリーズがおすすめ!

この磨き粉はコンパウンドの中でも

磨く能力に優れているので、

強力な黄ばみに悩んでいる方は

一度、試していただきたい商品です。

 

強力なコンパウンドなので

扱いづらそうな印象を持ちますが、

柔らかい手触りで、伸びも良いため

磨くときもスイスイ磨くことができますよ。

 

また、ヘッドライトを始めとする

樹脂パーツはもちろん、鉄やステンレス、チタンなど

車に使用されている素材のほとんどを

磨くことが可能なんです!

 

ですから、こちらの商品一つで

車のどこでも使用できるメリットも魅力的ですよね。

 

Sponsored Links

 

ヘッドライトの表面の黄ばみを自力で直す方法は?

ヘッドライトの黄ばみを落とす方法を

わかりやすく動画で手順をご紹介していきます。

 

実際の磨き方などを参考にすると

綺麗に仕上がること間違いないので

ポイントを逃さないようにチェックしてくださいね。

 

ヘッドライトの表面の黄ばみをポリッシャーを使って直す方法!



参照元:https://www.youtube.com/

やはりポリッシャーを使用することで、

コーティングに掛かる時間が短縮されて

均一に磨いたりコーティングすることができるので、

仕上がりが手作業で行った場合よりも綺麗になるようですね。

 

『本格的に黄ばみを落としたい!』と

考えている方は、ぜひポリッシャーの購入

検討してはいかがでしょうか。

 

 

ヘッドライトの表面の黄ばみをシュアラスターを使って直す方法!



参照元:https://www.youtube.com/

先ほどお伝えした商品の

シュアラスターを使用して

黄ばみを落とす動画を紹介しています。

 

動画でも言っていましたが、

磨いた時間はわずか5分ほど

ライトの曇りや細かな傷が

見違えるほど消えていましたよね!

 

しっかり時間をかけて磨いてあげれば、

さらにクリアになるでしょう。

 

溶剤を綺麗な布につけて磨き上げるだけで

これだけの効果が出るので、

初心者にもおすすめしたいと商品と言えますね。

 

 

ヘッドライトの表面の黄ばみを耐水ペーパーを使って直す方法!



参照元:https://www.youtube.com/

上記の剛画は耐水ペーパーを使用した

ヘッドライトの黄ばみ落としを紹介しています。

 

耐水ペーパーというのは

サンドペーパー(紙やすり)の事です。

 

あらゆるコンパウンドを使用するよりも

効果が高い方法なので、動画でもわかるくらいに

磨くと落ちた黄ばみがダラダラ流れていましたね。

 

耐水ペーパーの目の粗さや種類も様々なので、

耐水ペーパーとコンパウンドは使い分けながら

使用してあげると動画のように

綺麗に仕上げることができるでしょう。

 

 

ヘッドライトの内側の黄ばみを自力で直す方法は?



参照元:https://www.youtube.com/

ヘッドライトの内側の黄ばみを落とす場合には、

ヘッドライトのキットごと取り外して

ヘッドライトを分解する必要があります。

 

いきなり、初心者の方が一人で行うには

ハードルが高いようですが、

車の知識がある方と一緒なら心配ないでしょう。

 

分解してからの磨き方は、

外側の磨き方と同様で問題ありません。

 

ただ、磨き終わって元に戻す際に

しっかり処理を施さないと、

ヘッドライト内部に水が浸入する原因や

熱がこもって水滴が発生する場合もあるので

外す作業以上に慎重に行うことが必要ですね。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを防止するアイテムは?

せっかく綺麗にしてクリアになった

ヘッドライトを長い期間キープしたいですよね。

 

コーティングを施すことで

黄ばみを防止することができますが、

コーティング剤も種類がありすぎて

どれがいいのかわからない方もいるはず。

 

数あるコーティングの中から

おすすめの商品を集めてみたので参考にしてくださいね。

 

ヘッドライトの黄ばみを防止するにはWAKOS VARIOUS COATがおすすめ!

コーティングすると妙なテカりが出て、

あまり好きではないという方も結構います。

 

しかし、上記のワコーズのコーティングは

自然な仕上がりで、

不自然なテカりもなく見た目も上々です。

 

また、ガラス部分や樹脂パーツなど

どこでもコーティングを使用できるので、

車やバイク好きであれば必ず1本は常備しておきたい

コーティング剤ではないでしょうか。

 

もちろん、スプレーしてふき取るだけで

コーティング完了なので

手軽に行えるところも魅力的な商品です!

 

 

ヘッドライトの黄ばみを防止するには3Mがおすすめ!

有名なメーカー3Mが販売している

コーティング剤もおすすめですよ。

 

コーティング剤の中では

トップクラスの効き目があり、

コーティングしたからといって

変な皮膜が張るわけでもないですし、

白く濁ることも無いので安心して使えます。

 

少し値段が気になるところですが、

この量があれば車数台分はコーティングできて

業者に依頼する金額よりも

安く抑えることができると考える

高い買い物ではなさそうですよね。

 

 

ヘッドライトの黄ばみを防止するにはソフト99 車用 LIGHT ONE がおすすめ!

最後に、価格や効き目など

あらゆる部分でおすすめしたいのが、

上記のソフト99ヘッドライトコーティング剤です。

 

価格は1000円を切ってきますが、

効果は絶大で安いコーティング剤とは

思えないほどの性能を発揮してくれます。

 

黄ばみ落としからコーティングまで

このセットで完結するので、初心者の方でも

ヘッドライトを蘇らせることが可能ですよ。

 

磨く溶剤コーティング剤が分かれているので、

どちらかだけを施したい場合でも

対応できるのも使い勝手が良い商品ですね。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ヘッドライトの黄ばみ落としに関して、

様々な角度から見てきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

ヘッドライトの黄ばみ落としは

初心者の方でも簡単に行うことができるので、

紹介した動画を見ながら挑戦してみてくださいね。

 

ピカピカなヘッドライトにするだけでも

車の印象が全く違うものになります。

 

おすすめしてきたコーティング剤やグッズは

多くの種類が販売されているので、

商品を比較したり、使用してみたり

あなたのお気に入りの商品を探すのも

面白いかもしれませんね。

 

以上、『ヘッドライトの黄ばみの原因や直す料金、おすすめの方法や防止には?』の記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑