車のブレーキを踏むと

異音が聞こえたことはありますか?

 

普段、気にならなかったブレーキから

変な音がするということ自体が

何かしらの異常を知らせているんです。

 

異音の種類によっては

ブレーキの不具合箇所も違ってくるので、

単にブレーキパッドを交換すればいい、

というわけではありません。

 

そこで今回は、ブレーキの異音別に

どのような不具合が考えられるのか、

対処法と共に紹介していきます。

Sponsored Links

 

ブレーキを踏むとゴゴゴと異音がする時は?

ブレーキを踏んだ時に聞こえてくる

ゴゴゴ」という異音がしたときは

比較的、軽症の場合が多いですが油断は禁物です。

 

まずは自分で点検するか、

カーディーラーに相談するなど早急な対応が必要です。

 

ブレーキを踏むとゴゴゴと異音がする原因は?


参照元:http://www.a-s-wakamiya.jp/
ブレーキが「ゴゴゴ」と鳴る原因の一つとして、

ブレーキパッドの硬化が考えられます。

 

ブレーキパッドの交換時期は大体2~3万キロ

もしくはブレーキパッドの厚さが3㎜以下になった時に

交換する目安とされています。

 

毎日、車を使用していれば

ブレーキパッドの硬化は防ぐことができますが、

車を週末にしか利用しない人は

走行距離も少なく、ブレーキパッド自体が

固くなっている原因が考えられます。

 

 

ブレーキを踏むとゴゴゴと異音がする時の対処方法は?

仮にブレーキパッドの硬化が異音の原因だとすると

一番早い解決方法はブレーキパッドの交換です。

 

例え、走行距離が2~3万キロに達していなかったり、

ブレーキパッドの厚さが3㎜以下でなくても

あまりにも異音が気になる場合は交換をおすすめします。

 

上記で紹介しているブレーキパッドは、

ekワゴンに対応しているブレーキパッドですが、

軽自動車であれば1000円程度で購入可能なので、

手頃な価格で交換することができますよ。

 

 

ブレーキを踏むとシャリシャリと異音がする時は?

ブレーキを踏んだ時に聞こえてくる

シャリシャリ」という異音がしたときは

普段、耳にしない変な音なので明らかに異常だと感じるはず。

 

では、この「シャリシャリ」という異音は

何が原因で起きているのか見ていきましょう。

Sponsored Links

 

ブレーキを踏むとシャリシャリと異音がする原因は?


参照元:https://blogs.yahoo.co.jp/
この「シャリシャリ」という異音の原因として

2つのことが考えられます。

 

①ブレーキパッドが減ってパッドセンサーに反応している

パッドセンサーとはブレーキパッドが減ってくると

交換の合図をしてくれるセンサーになっています。

 

ブレーキパッドが減り、

パッドセンサーが常に押された状態になって

2つが擦れて「シャリシャリ」という

異音が鳴っていると考えられます。

 

 

②ディスクブレーキとそれを保護する鉄板に異常がある

ディスクブレーキとは走行中に

車輪と一体になって回転するディスクローターを

ブレーキパッドで挟み、

発生する摩擦力によって停止させるシステムのこと。

 

その後ろに付いている保護する鉄板

錆や何らかの接触などによって曲がっていたりすると、

異音が生じている原因が考えられます。

 

 

ブレーキを踏むとシャリシャリと異音がする時の対処方法は?

異音の主な原因はブレーキパッドの摩耗と

ディスクブレーキの不具合ということがわかったので、

2つとも交換するのが望ましいでしょう。

 

また、ディスクブレーキの後ろに付いている鉄板が

曲がっていた場合や、パッドセンサーに異常がある場合は、

個人で修理できない特殊な作業なので

カーディーラーに修理を依頼しましょう。

 

 

ブレーキを踏むとキーと異音がする時は?

ブレーキを踏むと「キィィィ」という異音が鳴るのは

ブレーキの異常を知らせる可能性が高いです。

 

それでは「キィィィ」というのは

何が原因で起きているのか見ていきましょう。

 

ブレーキを踏むとキーと異音がする原因は?


参照元:http://www.lionheart2005.com/
一般的に「キィィィ」という音は

ブレーキパッドの摩耗が原因と考えられることが多いです。

 

他にも考えられる原因は

自分でブレーキパッドを交換した時に

装着する「鳴き止めシム」という部品が

上手く貼り付けられていない可能性があります。

 

これはブレーキパッドの裏に鳴き止めシムを貼り付けて

音や振動を吸収させますが、音が鳴るということは

音を吸収していないということなので

上手く貼り付けられているか確認する必要があります。

 

Sponsored Links

 

ブレーキを踏むとキーと異音がする時の対処方法は?

明らかにブレーキパッドが摩耗して

それが異音の原因ならば

ブレーキパッドの交換を勧めますが、

交換して新しくしたばかりという場合もあるかもしれません。

 

そんな方には上記のブレーキパッド用グリス

塗ることをおすすめします。

 

消音の効果ブレーキパッドの焼き付き防止など

耐熱性に優れており、ランキング1位も獲得している

人気商品なので、気になった方は試してみてくださいね。

 

 

ブレーキを踏むとカタカタと異音がする時は?

ブレーキを踏むと「カタカタ」や

カツカツ」と異音が鳴るのは、

ブレーキの異常を知らせる可能性が高いです。

 

この「カタカタ」する異音は比較的、

後輪から聞こえてくると言われていますが

原因は何が考えられるのか見ていきましょう。

 

ブレーキを踏むとカタカタと異音がする原因は?


参照元:https://danman.jp/
現在、販売されているほとんどの

車のリアブレーキがドラムブレーキになっています。

 

ドラムブレーキを簡単に説明すると、

ドラム内のブレーキシューが大きくなったり

小さくなったりして減速させるという構造になっています。

 

ブレーキパッドを分解しないと

中の様子はわかりませんが、

ブレーキシューに何かしらの不具合

異音の原因と考えられます。

 

また、原因が故障でなければ、

雪道や濡れた滑りやすい路面で

フルブレーキすると、タイヤがロックされる

ABS作動が「カタカタ」と音を発生させる場合もあります。

 

 

ブレーキを踏むとカタカタと異音がする時の対処方法は?

「カタカタ」の異音はドラムブレーキ内の

ドラムシューが原因と考えられますので、

ドラムシューを交換することが一番の最善策でしょう。

 

ただ、ディスクブレーキに比べて

ドラムシューの構造は複雑なため、

カーディーラーに修理を依頼することをおすすめします。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ブレーキの異音別に考えられる原因を探ってきましたが、

どの異音にも共通しているのはブレーキパッドの摩耗です。

 

安全に車を乗るためにも

聞き覚えのない異音が鳴っていたら

早急に対処することをおすすめします。

 

以上、『ブレーキを踏むと異音!ゴゴゴやシャリシャリ、キーと鳴る原因や対処法は?』の記事でした。

Sponsored Links