*

サイドミラーを修理する料金や日数は?自分で直す方法や手順も!

サイドミラーを修理したい時は

自分で行うか、ディーラーやカーショップに持ち込んで

直してもらう方法がほとんどだと思いますが、

ディーラーやカーショップに持ち込んだ場合、

料金や日数はどれぐらいかかるのか、気になるところですよね。

 

今回はサイドミラーの修理にかかる費用や日数

自動車保険は適用されるのかなどを

詳しくご説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

サイドミラーを修理する料金相場や日数は?

「買い物が終わって駐車場に戻ってみると

サイドミラーがおかしなことに・・・。」

 

「一瞬、車を道路の脇に停めて路上駐車していて

戻ってみるとサイドミラーのミラーが割れていた。」

という経験をされた方もいるのではないでしょうか。

 

突然の破損に驚くとは思いますが、

サイドミラーの修理にかかる費用はそこまで高額ではありません

 

自分で直すのか、ディーラーや修理工場で直すのか、

破損の状況によって料金や日数は変わってきますが

あなたに合った修理方法がきっと見つかるはずです!

上記の記事でも相場や修理方法について確認できますので、

合わせてご覧になってみてくださいね。

 

サイドミラーが割れた時の修理は?


引用元URL:https://mens-modern.jp/

例えば、サイドミラーをぶつけてしまい

カバ―部分が割れた

 

割れたけど正常に電動サイドミラーが動くのであれば、

割れたカバーを交換するだけで大丈夫です。

 

カバーの部品はオークションなどで落札して、

自分で交換した方が安上がりですよ。

 

しかし、割れるほどの衝撃であればサイドミラーについている

カメラやウィンカーが破損している可能性があります。

 

そうなると電気の配線などの交換も必要かもしれませんので、

手の込んだ修理になりそうな場合は

プロにお願いするのが一番いい方法といえるでしょう。

 

パーツの価格は、オークションで数千円で購入でき、

ディーラーにお願いすると1万円くらいかかると言われています。

 

修理期間はパーツの在庫があれば即日

長くて2日間を見ておけばいいでしょう。

 

 

サイドミラーを傷つけてしまった時の修理は?


引用元URL:http://www.auto-champ.co.jp/

一番多いのが上記の画像のように

擦ってしまう傷のパターンではないでしょうか。

 

修理方法もサイドミラーの傷の状態によって

対処法が異なってきます。

 

もし、傷が深い場合割れているときは、

パテやコンパウンドで磨いても跡が逆に目立ってしまいますし、

樹脂パーツが多く、ある程度の技術が必要になりますから

パーツごと交換した方がいいでしょう。

 

しかし、浅い傷ちょっとした擦り傷

自分でコンパウンドを使って磨いてあげることで

綺麗に仕上げることができます。

 

傷の具合によって修理方法を変えることをおすすめしますよ。

 

先ほどもお伝えした割れた時と同様に

パーツ交換になり、部品があれば即日

修理することができるでしょう。

 

 

サイドミラーが動かない&開かない時の修理は?


引用元URL:https://seibishinote.com/

サイドミラーが動かない場合はほとんどが

モーターの故障か電気系統の故障が考えられます。

 

この時「どこが故障の原因なのか?

一般の方の判断では、わかりにくい部分になってきますので

プロにお願いした方が手っ取り早いかもしれません。

 

サイドミラーのモーターを交換すれば恐らく直ると思いますが、

モーターのみを交換する方は少数派で、一度サイドミラーを外すので

丸ごと交換するのが一番多い方法でしょう。

 

丸ごとサイドミラーを交換した場合は、

大体2~3万円は見ておくといいですね。

 

恐らくディーラーではサイドミラーの細かなパーツよりも

丸ごとサイドミラーを交換する場合が多いので

在庫がある可能性は高く、修理もその日に完了するでしょう。

 

 

サイドミラーの鏡が割れた時の修理は?


引用元URL:http://b-cles.jp/

サイドミラーの鏡が割れてしまった時は

自分で修理するのがおすすめですよ。

 

難しい作業はほとんどなくて、

初心者の方でもやり方さえ抑えれば簡単に作業できます。

 

サイドミラーの鏡部分はネットで購入できますし、

簡単に入手することも可能ですから

自分で直したほうが手っ取り早い方法といえるでしょう。

 

鏡の価格は、3000円ほどなので高額ではないですし、

気軽に修理できる部分でありますね。

 

 

サイドミラーの修理は保険が適用される?


引用元URL:https://twitter.com/

車両保険に加入していて、自分でサイドミラーをぶつけた場合は

保険を使って修理することが可能です。

 

ですが、サイドミラーの修理を

自動車保険で行う人はほとんどいません。

 

それは、両方のサイドミラーを

丸ごと交換しても4~6万円かかり、

車両保険を使えば、修理代金が出る代わりに等級が下がります。

 

この修理代と等級が下がった場合の損得勘定を考えれば

自分で支払った方が後々、都合がいいです。

 

車両保険を使ってサイドミラーの修理をしようとお考えの方は、

あなたに合った修理方法を検討してみてくださいね。

 

Sponsored Links

 

サイドミラーを自分で修理する方法は?

割れたり、動かなくなってしまったサイドミラーを

「自分で修理してみよう!」と思った方もいるのではないでしょうか?

 

実際、サイドミラーのミラー交換やカバー交換くらいであれば

ドライバー1本で行えることが多いです!

 

ここからは動画で修理方法をご紹介していきますので

みなさんも気軽にチャレンジしてみてくださいね。

 

サイドミラーが割れた時の修理方法は?

カバーを交換する場合には、

一旦ミラーを外してからカバーを交換する

という手順になります。

 

カバー自体もツメで止まっている程度なので、簡単に外すことができますよ。

 

 

サイドミラーに傷が入った時の修理方法は?

動画のような浅い傷であれば

みなさんでも簡単に消すことができます。

 

黒ずんだ傷も専用のコンパウンドを使用すれば

最後にはピカピカにすることが可能ですよ!

 

最近では多くの使いやすいコンパウンドも発売されているので

ぜひ、車に合ったものを探してみてくださいね。

 

 

サイドミラーが動かない&開かない時の修理方法は?

丸ごとサイドミラーを交換する場合には、

細かい配線の脱着などもしなければいけないので

もしかすると、動画のように内装を剥がすという作業が必要でしょう。

 

動画までの作業ができるのは、ある程度の車を分解する知識がある方なので

サイドミラーが動かない・開かない時は

プロにお願いしたほうが安心して修理できそうですね。

 

Sponsored Links

 

サイドミラーの鏡が割れた時の修理方法は?

上記の動画では素手でミラーを取り外していますが、

ドライバーなどを使用するとカバーに傷をつける可能性ありますので

素手で行うのが一番いい方法かもしれません。

 

ですが、鏡で自分の手を切ってしまわないように

軍手などの手袋をして行うことをおすすめします。

 

ポイントはミラー自体を上向きにして隙間を作ることが

取り外すときのコツですよ!

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

サイドミラーの修理方法や費用をご紹介してきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

どこを修理するにもお金はかかりますが、

傷の症状を見ながら修理方法を検討してくださいね。

 

以上、『サイドミラーを修理する料金や日数は?自分で直す方法や手順も!』の記事でした。

Sponsored Links




関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑