*

ボンネットの開け方や閉め方の方法!開かない時や閉まらない時には?

皆さんはボンネットの開け方をご存知でしょうか?

 

ガソリンの給油キャップは開けるけど、

ボンネットは開けたことが無いという人も

多いのではないでしょうか?

 

女性では、ボンネットの開け方や閉め方

知らない方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

特に『ボンネットを開けられなくても不便はない』と

思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、エンジンルームの清掃

オイルゲージのチェックはボンネットを開けないと

できませんよね?

 

車を長く快適に使うためのメンテナンス

いざという時の車のトラブルに備えてにも

ボンネットの開け方や閉め方を知識として

覚えておくことをおすすめしますよ。

Sponsored Links

 

車のボンネットの開け方は?

ボンネットを開けるという作業は非常に簡単

3ステップで行うことができます。

 

難しいことではないので、

皆さんも洗車した時などのきっかけで開けてみてくださいね。

 

車のボンネットを開けるにはレバーを引きしましょう!


引用元URL:http://anshinkuruma-lab.jp/

オープナーのレバーを引っ張りましょう。

 

大抵の車は運転席の足元に、ボンネットが空いている

デザインがされたレバーがあるはずです。

 

強く引っ張りすぎると、オープナーを破壊してしまう

恐れがありますので、開け方のコツとしては

優しく引いてあげることを意識しましょう。

 

ボコッ」というような音がすれば、開いたサインです。

 

 

車のボンネットを開けるにはボンネット側のレバーを倒しましょう!


引用元URL:http://asahikawa.toyopet-dealer.jp/

ボンネット側のレバーを倒しましょう。

 

室内のオープナーを引いただけでは、

ボンネットはまだ半開き状態です。

 

ボンネットとボディの隙間に手を入れて

レバーを倒します。

 

多くの車種はレバーを上下に動かす場合

開け方ですが、中には左右に動かす場合などが

あるので、うまく使い分ける注意が必要ですね。

 

レバーの存在が分からなかった人は

黒いプラスチック製のレバーを隙間から覗いて

探してみてくださいね。

 

 

車のボンネットを開けるにはステーを挿し込みましょう!


引用元URL:http://003sh.ou-net.com/

ボンネットステーという棒をエンジンルームの

どこか挿し込める『くぼみ』を探します。

 

車種によってまちまちですが、

ボンネットを固定する方法は主に3種類あります。

 

・ボンネットを開けてそのままで大丈夫なもの

・ステーを固定しなければならないもの

・ステーがロックされるもの

 

上記の記載のように開け方が若干違う車種もあります。

 

安全な開け方にはこのステーが必要不可欠なので、

しっかり固定してくださいね。

 

以上でボンネットの開け方の3ステップでした。

 

 

車のボンネットを開けるにはワイパーは倒しましょう!


引用元URL:http://3003.blog.so-net.ne.jp/

よく皆さんがやってしまうことが

ワイパーを立てたままボンネットを開けることです。

 

この開け方ではボンネットとワイパーが干渉して

ボンネットを傷つけてしまいます。

 

特にやってしまいがちなのが、

洗車した時にボンネットを開けようとして

ワイパーを立てたままということが多いです。

 

ボンネットを開ける前には、

ワイパーが倒れているのも確認して開けるように

注意してみてくださいね。

 

Sponsored Links

 

車のボンネットの閉め方は?

ボンネットの閉め方については、

開け方よりも簡単ですのでサクッと紹介していきます。

 

車のボンネットを閉めるにはステーを外しましょう!


引用元URL:https://www.youtube.com/

閉め方としては、最初にボンネットの支えになってる

ステーを外すことです。

 

外し方によっては、いきなりボンネットが落ちてくる

危険性も考えられます。

 

先程、開け方でも紹介した通りにステーには

何種類かありますので、外し方には注意しましょうね。

 

まずはしっかりと手でボンネットを

押さえながら注意して降ろしましょう。

 

また、ボンネットが閉まらないからといって

力ずくで無理やりな閉め方ですと

ステーを曲げたり破壊する可能性や、

最悪の場合はボンネットが変形する可能性もあるので

閉め方としては優しくするのがポイントです。

 

 

車のボンネットを閉めるには確認をしましょう!


引用元URL:https://minminkuru.com/

ボンネットは開け方でもご存知の通り、

半開きの状態があります。

 

ボンネットの閉め方が悪いと

半開きのままになることがあります。

 

半開きの状態で走行しても、

ボンネットが開くことはほぼあり得ませんが

可能性は0ではないです。

 

また、その状態でいると隙間から雨水や埃、

砂が侵入してエンジンにダメージを与えることも

考えられます。

 

ボンネットの安全な閉め方としては

閉めた後にもう一度ボンネットを軽く押し込んで

確認してくださいね。

 

ボディーとボンネットがツライチになっていれば

完璧な閉め方と言えるでしょう。

 

Sponsored Links

 

車のボンネットがレバーを引いても開かない時は?


引用元URL:http://xn--f9jhl2l531nnr2azz4d.com/

ボンネットの開け方の手順は合っているのに

開かないという時は故障が考えられます。

 

故障原因の一つとして、

ワイヤーが伸びている可能性です。

 

室内のオープンレバーを引くと、

ワイヤーと通じてボンネットの中のフックが

外れる仕組みになっています。

 

これが、もしワイヤーが伸びていると

レバーを引いてもフックが外れない訳です。

 

その他にも、フック自体の故障も考えられます。

 

さらには、ボンネットを開ける時は車検の時だけで

長期間の閉じっぱなしの場合は

ボンネットとゴムパッキンが固着して

普通の開け方では開かない可能性もあります。

 

上記の記載のような状態の時は

通常の開け方で開かないことが多いです。

 

なので、ディーラーに相談することをおすすめします。

 

フックだけの故障であれば恐らく5000円程度で

交換修理してくれるはずですが、

ワイヤー交換となれば、さらに高くなる可能性がありますので

念のため、覚えておきましょう。

 

 

車のボンネットが閉まらない時は?


引用元URL:https://tdr80to180.exblog.jp/

ボンネットの閉め方でつまずいた時は、

まずステーを外していることを確認しましょう。

 

外れているのを確認しても閉まらない場合は、

ボンネット周辺に余計なものが挟まっていないかなど

確認してみましょう。

 

その時はもう一度、安全のためにステーを固定します。

 

国産車の場合は、

ボンネットを20㎝くらいから手を放して

自重で閉める閉め方が推奨されています。

 

ただ、稀に車内のボンネットオープナーレバー

引きっぱなしの状態になっていることがあります。

 

この場合は、ボンネットがロックされていないので

非常に危険です。

 

オープナーレバーを正常な位置に戻して

再度、同じ閉め方で閉めましょう。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

ボンネットの開け方や閉め方をご紹介しましたが

女性でも簡単に行えそうですよね。

 

ボンネット自体もそれほど重いものではないので、

それほど力を入れないで持ち上げられると思います

 

ただ、女性でネイルをしていて爪の長い方は

部品に引っかかってしまったり挟めてしまったり

爪が割れてしまった経験がある方も

たくさんいらっしゃるみたいです。

 

しかも、ボンネットの中はオイルなどで汚れています。

 

男性も女性も安全に作業する為には

軍手を装着することをおすすめしますよ。

 

以上、『ボンネットの開け方や閉め方の方法!開かない時や閉まらない時には?』 記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑