*

ダッシュボードの傷をドライヤーで補修し修理!自分で綺麗にするには?

知らないうちに車のダッシュボードに

ひっかき傷や擦ったような傷

ついてしまっていたことはありませんか?

 

しかも、そういった傷って結構目立ちますよね。

 

そこで、おすすめしたいダッシュボードの傷を

修理・補修する方法の一つが、

ドライヤー(ヒートガン)で修理・補修する方法です。

 

ダメージが小さければ誰でも簡単に行うことができる

方法なので、気になっている人は参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

ダッシュボードの傷を補修し修理する方法は?

ダッシュボ―ドの引っ掻いたような傷や、擦ったような傷は

白く跡になることが多いですよね。

 

車の乗り降りする時に

靴をぶつけてしまったり、皆さんの車にも

結構傷があるのではないでしょうか?

 

気になっているけど、修理・補修方法が

分からないという方はこちらを参考にしてみてくださいね。

 

ダッシュボードの傷を補修し修理する手順1

傷の程度を確認する


引用元URL:https://minkara.carview.co.jp/

いくら簡単にダッシュボードの傷を消せるからといても、

あまりに大きな傷深いダッシュボードの傷

ドライヤーだけでは無理です。

 

傷が深いとパテを用いて傷を埋める作業や、

埋めたパテを塗装して綺麗に仕上げるといった

かなり面倒で素人には難しい作業が発生します。

 

なので、無理だと思たら無闇に触らずに

プロにお任せするのが一番いい方法だと思います。

 

とはいえ、傷に手を触れて触ってみると

傷の深さだったり、程度を確認できると思うので

まず現地調査から始めてみましょうね。

 

 

ダッシュボードの傷を補修し修理する手順2

白く傷になっている部分にドライヤーを当てる


引用元URL:http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/

実際にドライヤーで行う修理・補修の方法は、

傷にドライヤーを当てるだけです。

 

とても簡単ですよね!

 

擦り傷や引っ掻き傷にドライヤーを当てると、

あら不思議!」白くなっていた傷跡が

綺麗に消えているではありませんか!

 

あまり知られていないこの修理・補修方法を

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links

 

ダッシュボードの傷を補修し修理する手順3

少し深い傷には、やすり掛けしてから行う


引用元URL:https://hobbytimes.jp/

傷の程度にもよりますが、

やすりで擦ってからドライヤーを当てる

多少深い傷でも綺麗に消すことが可能です。

 

ただ、あまりにも深いような傷跡を

埋めるものではないので、ダッシュボード表面に

凹凸が残る可能性もあります。

 

それでも、白くなって傷跡が目立つということは無くなるので、

一度試してみるのもおすすめの方法ですよ。

 

注意点は、この時に力いっぱい擦り過ぎる

塗装が剥がれてしまいさらに塗装するという作業が発生するので

表面を優しくこする程度の擦り具合に調節してみてくださいね。

 

 

ダッシュボードの傷を補修し修理する手順4

ドライヤーで出力不足の時


引用元URL:http://weekly.ascii.jp/

一番いい方法は、ヒートガンを用いて

修理・補修を行うことが望ましいです。

 

ヒートガンの方がドライヤーと熱風も桁違いなので、

効果は短時間で出やすいと思います。

 

しかしヒートガンって持っている人は、かなり少ないですよね。

 

そんな時には、ドライヤーの吸気する部分を

半分塞いでみてください。

 

吸気する空気が減って高温の熱風を出すことが可能になります!

 

ただ、ドライヤーが壊れない程度に行ってみてくださいね。

 

Sponsored Links

 

ダッシュボードの傷を補修し修理するアイテムは?

ドライヤーを使用して、

ダッシュボードの傷を修理・修復する方法を見きましたが

結構、簡単で誰でも行うことができそうですよね!

 

そんな簡単なリペアグッズは他にもありますので、

いくつか紹介していきたいと思いますのでご覧くださいね。

 

ダッシュボードの傷を補修し修理するアイテム1

ダッシュボードの隙間を埋めたいけど、

パテを使用するのも面倒だなぁ。』と

思っている方におすすめしたいのが

このホルツのブラックシーラーです。

 

パテとは違い、シリコンゴムという材質になっていて、

ガラスやFRP、ウレタンなど材質を選ばずに使用することが可能です。

 

様々な素材が使用されているダッシュボードには

もってこいのリペアグッズですよね。

 

他のも応用した使い方としてシリコンゴムは

水に強いことからダッシュボードなどの

インテリアに使うだけでなく、エアロパーツの

ちょっとした固定に使用したりなど、

使用方法は無限大だと言えますね!

 

 

ダッシュボードの傷を補修し修理するアイテム2

パテを使ったことが無い人でも、

簡単に使用できるパテがこちらの商品ですね。

 

微粒子で構成されたこちらのパテは、

伸びが良くて、パテが固すぎて使いにくいという悩みも

解決してくれます。

 

また、乾燥までの時間も1時間程で速効性もあるので

ちょっとした時間でサッと行えるのも魅力的ですよね。

 

ブラックの内装にも対応しており、気になる引っ掻き傷や、

かすり傷塗り込むだけで、簡単リペアできるので

手軽さで言えば、一番おすすめのリペアグッズですよ。

 

 

ダッシュボードの傷を補修し修理するアイテム3

ドライヤーでのダッシュボードの修復・補修方法を

始めるときに、ヒートガンを購入しようと

考えている人におすすめなのが、このヒートガンです。

 

何と言っても価格がかなり安いです。

 

大体、5千円~1万円がヒートガンの価格帯ですが、

このヒートガンは1800円という破格な価格になっています。

 

これくらい安ければ、

手軽に購入してみようという気になりますよね。

 

実際、ヒートガンは普通の私生活で使用することはなく、

活躍する機会もほとんどありません。

 

購入をためらっている人も、

ノリで購入できる手軽さがこちらのヒートガンの魅力ですね。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

軽い傷であればドライヤーを用いた方法で

こんなにダッシュボードの傷を簡単に修理・修復できることを

知らなかった方も多かったのではないでしょうか?

 

ご紹介した方法は特別な塗装マスキングなど

必要ありませんので修理に詳しくない素人の方でも

簡単に行えると思います。

 

ダッシュボードの引っ掻き傷や、

擦り傷は白くなり目立つので

早めにこのドライヤーを使った方法で

修理・修復を行ってみてくださいね。

 

以上、『ダッシュボードの傷をドライヤーで補修し修理!自分で綺麗にするには?』 記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑