車で一番手に触れて操作する機会が多いのは、

確実にハンドルでしょう。

 

そんなハンドルから明らかに不自然な異音が聞こえた時の

原因や対処法を紹介していきます。

 

車を操作する大切な部品なので、

ちょっとした異音や以上でも

恐ろしい事故に繋がりかねませんから、

ここでの情報を参考にしてほしいと思います。

Sponsored Links

 


車のハンドルから異音がする時は運転しても大丈夫?

「ハンドル 異音」の画像検索結果
参照元:https://darekanotame.com/

ハンドルが壊れた車は間違いなく

事故を起こしますので、

明らかに異変や異音がした場合は

すぐに運転を中止してください。

 

ハンドルの異常は自分で解決できない

問題であることが多いので、

ディーラーなどにお願いする

必要があるのでしょうね。

 

完全に壊れたり事故を起こしてからでは遅いので早期発見と、

早期修理を必ずドライバーの責任として

行うことが大切です。

 

他の部品のように先延ばしにしないで、

早めに見てもらうようにしてください。

 

 

車のハンドルから『ギィーギィー』と異音がなる時は?

ギィーギィーと嫌な音が鳴る時は、

実際にどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

こちらでは『ギィーギィー』音について

ご紹介していきたいと思います。

 

『ギィーギィー』と異音がなる時はパワーステアリングが原因!

「パワーステアリング」の画像検索結果
参照元:http://news.livedoor.com

現代の車の大半に標準装備されているもので、

ハンドル操作が軽やかになるのが特徴です。

 

そんな快適な運転をサポートしてくれる

パワーステアリングですが、

油圧式パワーステアリングと

電動パワーステアリングの2種類がありますよ。

 

油圧式パワーステアリングの場合は、

ポンプやホース系の不具合である可能性が高く

電動式パワーステアリングは

モーターの故障が原因であることが多いです。

 

基本的に油圧式、電動式両方とも

プロでなければ修理できないので、

ディーラーに持ち込む必要があるでしょう。

 

 

パワーステアリングが原因の時の対処方法は?


参照元:https://s.webry.info/

もし異音の原因が

パワーステアリングオイルの劣化や不足であれば、

オイルを交換したり追加することで解決しますが、

パワーステアリングポンプそのものを

交換する必要になる場合や、

モーターが故障している場合は

交換になることが多いです。

 

そのため部品代や工賃で大きな出費になるので、

ある程度の覚悟は必要でしょう。

 

故にパワーステアリングが故障したタイミングで、

車を乗り換える人は結構多いですよ。

 

 

パワーステアリングが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://www.diy-menntenannsu.tech

モーターやオイルポンプの故障は

対処のしようがありませんが、

ポンプやリザーブタンクとの接続部からの

オイル漏れであれば誤魔化すことは可能です。

 

液体ガスケットを塗ればかなり

オイル漏れを抑えられるので、

おすすめの応急処置となるでしょう。

 

もちろんひどくなる前に

ディーラーで点検してもらいましょうね。

 

Sponsored Links

 


車のハンドルから『ガリガリ』と異音がなる時は?

ハンドルを切った時にガリガリを音がすれば、

どこかにぶつけたのかと心配になりますよね。

 

そんな異音の原因を追究していきますよ。

 

『ガリガリ』と異音がなる時はドライブシャフトブーツが原因!

「ドライブシャフト ブーツ」の画像検索結果
参照元:http://www.mazda.co.jp

トランスミッションから駆動を伝える

シャフトのことをドライブシャフトと呼び、

ドライブシャフトの接続部を保護するのが

ドライブシャフトブーツです。

 

このドライブシャフトブーツは

非常に裂けやすい部品で、

ローダウンやキャンバー角によっては

ドライブシャフトブーツが破けることが多いのです。

 

ドライブシャフトそのものまで

ダメージを与える可能性があるので、

早めに異音に気づきたいところです。

 

 

ドライブシャフトブーツが原因の時の対処方法は?


参照元:https://www.goo-net.com/

ドライブシャフトブーツは

ゴム部品なので寿命はあります。

 

また、修理交換はディーラーや整備工場でやってもらえて、

ドライブシャフトを外して分解してからの交換となるでしょう。

 

そのため、簡単なパーツの割に手間が掛かり、

工賃も高めになるでしょうね。

 

 

ドライブシャフトブーツが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:http://www.a-s-wakamiya.jp

ドライブシャフトブーツが破損した時は

自分で修理することが可能で、

ざっくり言うとくっついて漏れなけば

なんでもいいと思います。

 

使用する接着剤によっては

全くくっつかない場合があるので、

破損箇所がキレイにくっ付かず

合成ゴム系の万能ボンドが一番おすすめですね。

 

街乗り程度では問題ないですが、

高速道路には適していないと思うので注意しましょう。

 

Sponsored Links

 


車のハンドルから『コトコト』と異音がなる時は?

コトコトと音が鳴る時は

どんな原因が考えられるでしょう?タイロッド

 

以下では『コトコト』音について、

ご紹介していきたいと思います。

 

『コトコト』と異音がなる時はタイロッドが原因!

参照元:https://minkara.carview.co.jp

タイロッドとはハンドルの動きを

タイヤに伝えるための部品で、

操作性にかなり影響がある部品といえるでしょうね。

 

ドライブシャフト同様に

ダストブーツが取付けられ、

様々な要因で故障しますが、

一番多いのが操舵輪とのジョイント部分は

ハンドルを左右に動かす度に摩擦が起き、

徐々に摩耗することで異音が発生することでしょう。

 

あまりに症状が進行するとハンドルが、

効かないという事態になるので危険ですよ。

 

 

タイロッドが原因の時の対処方法は?


参照元:http://www.uras.co.jp/

タイロッドエンドブーツはゴム製の部品なので、

5年ほどでゴムの劣化が出てくると言われています。

 

さらにジョイント部分も10万㎞や10年経過すると、

ジョイントボールの経年劣化時期に入るので、

こちらも修理というよりも交換が必要になります。

 

タイロッドブーツの亀裂を放置する方も多いですが、

軽微なひび割れであれば車検は通ります。

 

しかし、大きなひび割れや破れ、

グリス漏れは車検は通らない場合があるので、

この辺は早めの交換してしまうことをおすすめしています。

 

なので車検時に前もって交換しておくことが

有効な対策といえるでしょうね。

 

 

タイロッドが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:http://www.uras.co.jp

タイロッドが折れてしまった場合には、

素直に車をレッカーすべきです

応急処置することも可能です。

 

用意するものは

  • ワイヤクリップ(大)X1個
  • 全ネジ 長さ150mmくらいX2本

の2種類だけです。

 

このワイヤクリップを折れたタイロッドに通し、

全ネジ2本を折れたタイロッドに

ワイヤクリップを通して応急処置は完了です。

 

これで軽く走行してみて問題なければ

最低限の走行ができますが、

一刻も早くタイロッドの交換を行いましょう。

 

Sponsored Links

 


車のハンドルから『キュッキュッ』と異音がなる時は?

あまり効かないキュッキュッ音ですが、

ハンドルから聞こえることが稀にあります。

 

一体どのような原因でこの異音が鳴っているのでしょうか。

 

『キュッキュッ』と異音がなる時はステアリングシャフトが原因!


参照元:https://www.genb.jp

ステアリングシャフトは

ハンドルの動きをタイヤに伝えるもので、

キュッキュッという異音がした時は、

このドライブシャフトに異常がある場合があります。

 

最悪の場合はハンドルが動かないという危険性もあるので、

早めの点検修理が必要になって来ます。

 

1直線のシャフトではなく

大体2~4箇所のジョイントを介して

ステアリングラックにハンドル操舵力を伝えていますので、

不具合が起きている部分を特定しにくいのも特徴で、

プロに診てもらうのが手っ取り早くおすすめの方法でしょうね。

 

 

ステアリングシャフトが原因の時の対処方法は?


参照元:https://twitter.com/

ステアリングシャフトが

不具合を起こす原因として考えられるのは、

ステアリングシャフトの角度ですね。

 

角度が大きくついている車両では

ドライブシャフトに負荷がかかりやすく、

損傷しやすいだけでなく、

ちょっとしたガタで異音が発生してしまいます。

 

この場合は不具合のある

ジョイントを交換することがベターで、

ジョイント部品単体の金額はそれほど高くないですが、

交換する箇所によって工賃などが変わってくるのでしょう。

 

特にギヤボックスによる異常が原因のものや、

シャフト自体の不具合は

個人では修理することができないですし、

安全運航に関わるパーツなので

プロにお願いしましょうね。

 

 

ステアリングシャフトが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://www.redpoint.co.jp

多くのジョイントを介して

タイヤの舵を切っているパーツなので、

グリスが切れるとかなりの異音を発生させます。

 

ガタツキが原因で異音がする場合には、

ダンパー効果の高い

ブレーキプロテクターグリスを注してあげるだけで、

症状が改善することに繋がります。

 

また、運転席足元にドライブシャフトのジョイントがありますが、

この周辺もグリス切れで異音がすることが多いようです。

 

なので運転席足元のジョイントをグリスアップしますので、

ぜひお試しくださいね。

 

 


車のハンドルから異音がする時の修理代の相場は?

ハンドルからの異音が生じた時に考えておきたい修理代を一覧で紹介していきますよ。

 

修理箇所 修理代
タイロッド・ブーツ 4,000~30,000円
ドライブシャフト・ブーツ 9,000~40,000円
パワーステアリングギヤーボックス 70,000~100,000円
ドライブシャフト 20,000~30,000円
パワーステアリングポンプ 30,000円
ステアリングギヤーボックス 50,000~60,000円

 

 


車のハンドルから異音がする時は乗り換えもいいかも?

車の修理費用は

意外にも高くついてしまう場合がありますよね。

 

車は一つの箇所が故障しだすと、

他の箇所も故障しだすケースも多いため、

故障が出た際には、

おもいきって車を乗り換えた方が最終的には車を修理するよりも、

安くつく場合もあります

 

なので、自分の車の価値が

『今、どの程度になっているか』と把握しておくことが、

ものすごく肝心なんです。

 

そこでおすすめなのが、ユーカーパックの車査定サービス

 

ユーカーパックは従来の車一括査定とは違い

車買取のオークションを代行してくれるサービスとなっており、

多くの業者からしつこい電話やメールの連絡などもなく、

一番手軽で一番高く買取をしてもらえる確率が高いので、

簡単に車の買取をしてもらえます。

 

今の車の買取相場も簡単に知ることができますので、

車を高く売るためにも、

ぜひ、一度、ご自分の車の相場をみてみてくださいね。

 

▼ユーカーパック 公式サイトはコチラ▼

・ユーカーパック→https://ucarpac.com
 

<関連記事>

ハンドルの異音について紹介してきましたが、

皆さんの車は問題ないでしょうか。

 

もし上記の異音に当てはまる故障を抱えている方は、

車の買い替えをおすすめします。

 

ここで紹介してくれるユーカーパックを利用することで、

査定回数も1回で終わりますし、

オークション形式なので自分の理想的な感覚で

販売できる可能性も高いでしょうね。

Sponsored Links