タイヤは車の部品で唯一地面と接しているので、

安全性に大きな影響をもたらすものですよね。

 

そんなタイヤから異音が聞こえた時は

かなり危険な状態に陥っている可能性が高く

安全に走行できない可能性が高いのです。

 

そこで今回は

車のタイヤから異音がする原因や対処方法、

応急処置の方法や修理代について、

詳しくご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

 


車のタイヤから異音がなる時は運転しても大丈夫?


参照元:https://autoc-one.jp

タイヤから異音がするとエンジンの異音と同様で、

非常に車内に響き渡るので気づきやすいと言えます。

 

タイヤ周辺から異音が聞こえるのに

そのまま乗り続けるのは大変危険ですので、

安全な場所に停めて目視などで点検を行うことがおすすめです。

 

しかし、高速道路ではむやみに車外に出ると

後続車にはねられる危険があるので、

十分注意しながら車外に出るようにしてくださいね。

 

タイヤの異音が聞こえるのに走行を続けると、

タイヤがバーストする危険性

ハンドル操作にブレが生じる事で、

安定走行ができなくなる危険性があります。

 

さらにハンドルのブレはアライメントにも悪影響を与え、

フレームがゆがむ原因になるので

そのまま走行しなければならない時は、

細心の注意をはらいながら走行してくださいね。

 

 


車のタイヤから『ギシギシ』と異音がなる時は?

タイヤからギシギシという異音が鳴る時は

どのような部品が原因で起こるのでしょうか?

 

『ギシギシ』と異音がなる時はブッシュゴムが原因!


参照元:https://car-moby.jp

あまり馴染みのないブッシュゴムって

どのような部品かご存知でしょうか?

 

ブッシュはサスペンションアームのジョイント部分に

取り付けられているゴム部品で、

車体への振動を上下運動で受け止めることで乗り心地の向上を図っています。

 

ブッシュゴムは車の重量が掛かるので負荷がかかりやすいだけでなく、

ゴム製品ですので温度・湿度によって劣化します。

 

このブッシュゴムが劣化してくると、

ゴムという緩衝材が無くなりギシギシというような、

金属同士が擦れる音がするのです。

 

 

ブッシュゴムが原因の時の対処方法は?


参照元:http://www.ozawa-ind.co.jp

劣化したブッシュゴムの対処方法は交換しかないありません。

 

交換時期の目安としては

新車から10年で交換しておきたいところで、

乗り心地や音で判断することが出来ない場合もある為、

点検してもらうと良いでしょう。

 

また、激しい走行をするスポーツカーなどでは、

強化ゴムブッシュや

ピロボールと呼ばれる機構を採用している場合もあるので、

その機構にあった交換や修理が必要です。

 

 

ブッシュゴムが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:http://royal.naganoblog.jp

ブッシュゴムの劣化によるヒビの応急処置としては、

強力接着剤を用いることで解決できます。

 

一応パーツクリーナーで綺麗に油分を取り、

ブッシュ割れ目を接着剤でグルっと一周塗り塗りするだけで終了です。

 

これで今、以上にブッシュゴムに割れてきにくくなるので、

とりあえずの延命・応急処置となるでしょう。

 

しかし、完全に破損しているブッシュゴムの場合は

使えない手法なので注意しましょうね。

 

Sponsored Links

 


車のタイヤから『キーキー』と異音がなる時は?

タイヤ周辺からキーキーと鳴ることは結構多いのではないでしょうか?

 

そんな時に疑いたい故障箇所を見ていきましょう。

 

『キーキー』と異音がなる時はブレーキパッドが原因!


参照元:http://car-me.jp/

いくら車が進化してもブレーキの機構はかなり原始的で、

摩擦材で押さえつけること

連動するタイヤの回転力が落ちる仕組みです。

 

この時にディスクローターをブレーキパッドで押さえつけますが、

もし通常。鳴らない異音が生じた時はブレーキの異常を疑いましょう。

 

摩擦の力によって速度を落とすので、

ブレーキパッドは当然残量は減っていきますから、

パッドが減って金属同士が擦れればキーキーというような異音が生じます。

 

 

ブレーキパッドが原因の時の対処方法は?


参照元:https://www.tyuuko-bmw.tech

ブレーキパッドの減りが原因でキーキーと異音がする場合には、

ブレーキパッドの交換が必要になります。

 

一応車検時にブレーキパッドの残量も点検項目になっていますが、

残量が1mm以下になると

ブレーキの効きに影響を与える危険な状態なので、

車検時以外でも早急に交換してくださいね。

 

もし原因が特定できない時なんかは間違った対処をしたり、

ブレーキの分解を行うと

悪影響を与える危険性があるのでプロに任せましょう。

 

 

ブレーキパッドが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://www.diy-menntenannsu.tech

もしブレーキパッドの減りが原因ではないときの応急処置としては、

鳴き止め用のグリースを塗るという対策があります。

 

スプレータイプが多いので素人でも簡単に使うことができますが、

使用後は鳴き止め剤の効果で

ブレーキの効きが甘くなることがあるので、

気を付けてくださいね。

 

Sponsored Links

 


車のタイヤから『ウォーン』と異音がなる時は?

聞きなれないウォーンという異音はかなり不安になると思いますが、

その異音の原因は一体なんなのでしょうか?

 

『ウォーン』と異音がなる時はハブベアリングが原因!


参照元:https://seibishinote.com/

車のハブベアリングと聞いても

どこの部品か分からない方が大半だと思いますが、

タイヤをスムーズに回転させるための部品で、

ちょっとした不具合で異音が鳴ることがあります。

 

実際のところハブベアリングが原因の異音は

ロードノイズと聞き分けるのが難しく

高速走行しないと鳴らないことが多いので、

見逃しがちなんです。

 

しかし、前輪であればステアリングを切ると音が変化しますし、

走行中窓を開けて音を聞いてみると

明らかに異音がしますので確かめてみましょう。

 

 

ハブベアリングが原因の時の対処方法は?


参照元:http://www.a-s-wakamiya.jp/

ハブベアリングを分解し

オーバーホールして再使用することもできなくはないですが、

多くはそのまま交換してしまうことが多いでしょう。

 

特に車種によってはハブが一体化していたり、

構造が複雑なハブベアリングも多いので

周辺の部品と一緒に交換ということも多いです。

 

なので、ハブベアリング交換だけでも結構高額な修理費用が掛かるので、

覚悟しておく必要があります。

 

 

ハブベアリングが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://blogs.yahoo.co.jp

早期にハブベアリングの異音を発見した場合には、

締め込み加減を調整したりハブベアリングを分解・洗浄

油をさすことで異音が解決することも多いのです。

 

もし応急処置でも効果なしの場合は

ハブベアリングの故障なので、

早急に交換してもらいましょうね。

 

Sponsored Links

 


車のタイヤから『カツカツ』と異音がなる時は?

車のタイヤ周りから突き上げるようにカツカツと音がする場合には、

そのような要因が考えられるのでしょうか?

 

『カツカツ』と異音がなる時はドライブシャフトが原因!


参照元:http://www.mazda.co.jp

車のドライブシャフトって

初めて聞いたという方もいるでしょうが、

エンジンの動力をタイヤに伝えるパーツで、

FR車や4WD車に多く使われています。

 

カツカツという異音がタイヤ周辺から聞こえる場合には、

ドライブシャフトにダメージがあることが考えられ、

さらにドライブシャフトに被せられているブーツが破れている可能性が高いと言えます

 

 

ドライブシャフトが原因の時の対処方法は?


参照元:https://www.goo-net.com

基本的にドライブシャフトにダメージがある場合は、

交換することが前提になります。

 

さらにドライブシャフトを抜いたときに

ミッションオイルが抜けてしまった場合は、

オイルの補充も必要になるので修理費用が結構掛かります。

 

そんなこともあり、

ドライブシャフトブーツが少しダメージがある場合で異音がしなければ、

そのまま乗る方も多いようです。

 

 

ドライブシャフトが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://www.typeone.jp

ドライブシャフトのダメージに関しては

早急に修理交換が必要ですが、

ドライブシャフトブーツのダメージは接着剤で応急処置できます。

 

亀裂が入っている部分に接着剤を塗り込むだけで、

ドライブシャフトブーツはそれなりに修復可能ですよ。

 

また、ドライブシャフトのオイル漏れがする場合には、

結束バンドなどで根元を締めることで症状が改善することも多いです。

 

 


車のタイヤから異音がなる時の修理代の相場は?

タイヤ周辺から異音がするときの修理代を

一覧で見ていきましょう。

故障個所 修理代
ドライブシャフト 20,000~100,000円
ブレーキパッド 約17,000円
ハブベアリング 10,000~30,000円
ブッシュゴム 100,000円
サスペンション 30,000~70,000円

 

 


車のタイヤから異音がなる時は乗り換えもいいかも?

車の修理費用は意外にも高くついてしまう場合がありますよね。

 

車は一つの箇所が故障しだすと、

他の箇所も故障しだすケースも多いため、

故障が出た際には、

おもいきって車を乗り換えた方が最終的には車を修理するよりも、

安くつく場合もあります

 

なので、自分の車の価値が『今、どの程度になっているか』と把握しておくことが、

ものすごく肝心なんです。

 

 

そこでおすすめなのが、ユーカーパックの車査定サービス

 

ユーカーパックは従来の車一括査定とは違い

車買取のオークションを代行してくれるサービスとなっており、

多くの業者からしつこい電話やメールの連絡などもなく、

一番手軽で一番高く買取をしてもらえる確率が高いので、

簡単に車の買取をしてもらえます。

 

今の車の買取相場も簡単に知ることができますので、

車を高く売るためにも、

ぜひ、一度、ご自分の車の相場をみてみてくださいね。

 

▼ユーカーパック 公式サイトはコチラ▼

・ユーカーパック→https://ucarpac.com
 

 

<関連記事>

以上、今回はタイヤ周辺から異音がするときの原因や対処方法を紹介してきました。

 

タイヤ周辺は走行性能や安全性に直結するものなので、

ちょっとした音や変化に注意して下さいね。

 

またドライブシャフトなど大きな修理や交換が必要な場合は、

車の乗り変えがお得なパターンもあるので、

ここでおすすめしているユーカーパックで高く買取してもらいましょう。

 

大きな故障を抱えたままで買取してくれるのか不安でしょうが、

様々な車業者がオークション形式で入札するので、

売れないということはないので安心してくださいね。

Sponsored Links