車のアクセルを踏んだ時に

異音がした経験はありませんか?

 

最近の車は静粛性が優れており聞こえにくいですが

明らかな異音はしっかり聞こえるので、

そういった場合には

早めに修理することが大切になってきます。

 

そこで今回はアクセルを踏むと異音がする原因や、

修理にかかる相場を紹介していくので

最近車の調子が悪いという方はぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

 

車のアクセルを踏むと異音がなる時は運転しても大丈夫?


参照元:http://www.driversedguru.com/
車のアクセルを踏むと

異音がするのは恐らく、

エンジンルームやタイヤ関係に異常があると考えられます。

 

アクセルを踏むと異音がするのは

トラブルには何らかの前兆であり、

そのまま走行すると故障して

車が動かなくなる可能性が高いでしょう。

 

もし車のアクセルを踏んで

聞き慣れない音がしだしたら、

車のどこが不調なのか確認し早めの対処が必要になります。

 

やむを得ない場合を除いて

運転するのは得策ではなく、

思わぬ事故や重大な故障に繋がります。

 

修理費用もとんでもない価格になることがあるので

いつもと違う音が聞こえてきたら車を止めてくださいね。

 

 

車のアクセルを踏むと『ゴロゴロ』と異音がなる時は?

アクセルを踏むとゴロゴロと

異音がするときには

どのような故障が考えられるのでしょうか?

 

『ゴロゴロ』と異音がなる時はオイル不足が原因!


参照元:http://xn--ecklp4b4av8a2d6jyi.xyz/
オイルはエンジンの潤滑剤の役割を行っており、

人間でいうと血液のような役割を果たしていると言えます。

 

特にアクセルを踏んだ時に

「ゴロゴロ」と異音がする場合や、

エンジン音が大きく感じられるといった症状は

オイル不足のサインといえるでしょう。

 

もし「ゴロゴロ」という異音や

異常を見逃してしまった場合は、

エンジンが焼き付いてしまい、

全く動かなくなることも考えられます。

 

また急にエンジンが停止してしまうことで

大きな事故につながる可能性もあるので

そのまま走行するのは非常に危険ですよ。

 

 

オイル不足が原因の時の対処方法は?


参照元:http://www.mazda.co.jp/
オイル不足を防ぐための対処方法としては、

定期的なオイル交換

こまめなオイルチェックが必要になるでしょう。

 

省燃費オイルを使用している近年の車であれば、

走行距離5000㎞を超えても変化なく走行でき、

1万㎞くらいは特に違和感なく走れてしまいますが、

期間を決めてオイル交換しておくことが重要です。

 

オイル交換の目安としては、

国産車であればオイル交換サイクルは

1万〜1万5000kmが理想的。

 

ですが、使い方が激しい方や

長距離ドライブを行う方は早めに行ってもいいでしょうね。

 

 

オイル不足が原因の時の応急処置の方法は?


参照元:http://car-and.com/
もしオイル不足でアクセルを踏んだ時に

異音がする場合には、

オイルを継ぎ足しすることで応急処置することが可能ですよ。

 

しかし、オイルの継ぎ足しは

積極的に推奨されるものではなく、

車のオイルは全量を交換することが

基本で設計されているため

オイルが少なくなるたびに継ぎ足しを行うと

オイルの急激な劣化を引き起こしエンジンの故障につながります。

 

その場合の修理費用は数十万円となり、

エンジンの載せ替えの場合は

車の買い替えが必要になるでしょう。

〈関連記事〉

 

 

車のアクセルを踏むと『ガラガラ』と異音がなる時は?

アクセルを踏むとガラガラと異音がするときには、

エンジンECUの不具合かもしれないですよ

 

“エンジンECU”とはなんのことか?

わからない方もいると思いますので

ご覧ください。

 

『ガラガラ』と異音がなる時はエンジンECUが原因!


参照元:http://powerhousedtm.com/
車のアクセルを踏んだ時に

ガラガラと異音がした場合には、

エンジンECU不具合の前兆の可能性があります

 

このエンジンECUって

何なのか知らない方も多いと思いますが、

簡単に言えばエンジンを電子制御する装置のことですね。

 

特に10年以上前の車

エンジンECUの故障が多発していますので、

愛車が10年落ちの場合はガラガラ音に注意が必要でしょう!

 

このガラガラ音を放っておくと

どうなるのか?ということですが、

信号などで停止した時にエンジンも止まってしまい、

再始動不能となることが多いですので

走行不可になる可能性が非常に高いのです。

 

 

エンジンECUが原因の時の対処方法は?


参照元:https://blog.goo.ne.jp/
車のエンジンECUが原因でガラガラ音がするときは、

途中でエンジンが止まる場合があるので

ディーラーなどに引き取ってもらうことをおすすめしますよ。

 

万が一走行中にエンジンが停止した時は、

ロードサービス大手の「JAF」に加入していれば、

一般道路でも高速道路でも

ロードサービスを受けることができるので、

プロにお願いするのが手取り早いです。

 

また、エンジンECUの修理については

電子制御されている場合が多いので、

個人で修理するのは不可能に近い為、

ディーラーなどにお願いした方が無難ですよ。

 

 

エンジンECUが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://www.vasques.com/
応急処置としては

エンジンECUのリセットがおすすめです。

 

エンジンECUが完全に

故障していれば効果なしですが、

プログラム上の不具合であれば

これで対処できることもありますよ。

 

やり方はバッテリーのマイナス側を外して

5分ほど放置するだけ。

 

これで、変な学習をしてしまったコンピューターが

新車の状態にすることができますね。

 

Sponsored Links

 

車のアクセルを踏むと『ウィーン』と異音がなる時は?

車のアクセルを踏んで

ウィーンと唸るような異音がした時は、

オルタネーターの故障を疑いましょう。

 

『ウィーン』と異音がなる時はオルタネーターが原因!


参照元:https://car-moby.jp/
オルタネーターはいわば

車の発電機の役割を果たしております。

 

エンジンが回転する力の一部を電力に変換し、

車に必要な電力を供給していますよ。

 

このオルタネーターが故障すると

電力が供給されなくなり、

バッテリーが上がることは簡単に予想がつきます。

 

電力がないということは

エンジンも掛からなくなります。

 

オルタネーターに不具合があると、

ベアリングの劣化やベルトの緩むことで、

プーリーの摩耗などが原因で

ウィーンという異音が発生しますね。

 

 

オルタネーターが原因の時の対処方法は?


参照元:http://clover-auto.com/
オルタネーターの故障が原因の場合は

オルタネーターの交換以外に解決方法はないです。

 

ネットにはオルタネーター交換方法も紹介されていますが、

慣れていない方にはハードルが高く

さらに危険が隣り合わせなのでおすすめしないです。

 

オルタネーターは

タイミングベルトなどと繫がっているので

テンションが弱すぎれば

ベルトの痛みが早くなったり、

張りすぎれば他の部品の故障を招いたりして

修理費用が増大するなど

数多く問題が発生して

とても危険ですのでプロにお任せしましょう。

 

 

オルタネーターが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:http://www.a-s-wakamiya.jp/
オルタネーターが故障してしまった時の応急処置としては、

バッテリー交換やバッテリー充電で

とりあえずは走るようになります。

 

とはいえオルタネーターの故障で電力が生まれないので、

走行できても100キロ前後だと思っておいてくださいね。

 

Sponsored Links

 

車のアクセルを踏むと『ギャーギャー』と異音がなる時は?

車のアクセルを踏んで

ギャーギャーと明かな異音がした時は、

ミッション系の故障かもしれませんよ。

 

『ギャーギャー』と異音がなる時はミッションが原因!


参照元:https://blogs.yahoo.co.jp/a
ミッションと呼ばれる

変速機の歯車が摩耗することで発生したり、

何らかのミッション以上が原因の異音ですね。

 

この異音を発生させたまま走行すると、

ベアリングが焼きつきバラバラになった状態になったり、

軸が狂ったまま回転した為に

ギアをすり減らし続けるでしょう。

 

そうなれば走行不可能となるばかりか、

かなり大きい金額の修理が必要になりますね。

 

 

ミッションが原因の時の対処方法は?


参照元:http://www.bmw-seibi.jp/
比較的初期の段階で

ギャーギャーという異音に気が付いた場合であれば、

オートマチックトランスミッションフルードを交換することで、

状態が改善することもありますね。

 

しかし、それでも

ギャーギャーという異音が改善されない時には、

ミッションの交換もしくはオーバーホールが必要

 

ミッションの乗せ換えや

オーバーホールはかなり費用が掛かるので、

乗り換えるという方も多いですよ。

 

 

ミッションが原因の時の応急処置の方法は?


参照元:https://car.watch.impress.co.jp/
ミッションが故障して

走行できなくはないですが、

状態が悪化することは目に見えているので

できればレッカーしてもらいうことが望ましいです。

 

応急処置としてはオートマ車では難しいですが、

変速機を使用しないで走行することで

ミッションの悪化を防ぐことができるでしょう。

 

 

車のアクセルを踏むと異音がなる時の修理代の相場は?

聞いたことのないような

異音が車から聞こえてきた場合、

どれくらいの修理費用を覚悟しなければならないのか

一覧で紹介していきます。

 

修理箇所 修理代
オルタネーター 5~100,000円
エンジンECU 100,000円
ミッション 50,000~300,000円
ベアリング系の交換 10,000~30,000円
セルモーター 30,000~60,000円
点火プラグ 9,000~15,000円

 

上記のことを参考にして修理してみてくださいね。

 

Sponsored Links

 

車のアクセルを踏むと異音がなる時は乗り換えもいいかも?

車の修理費用は意外にも

高くついてしまう場合がありますよね。

 

車は一つの箇所が故障しだすと、

他の箇所も故障しだすケースも多いため、

故障が出た際には、おもいきって車を乗り換えた方が

最終的には車を修理するよりも、

安くつく場合もあります。

 

なので、自分の車の価値が

今、どの程度になっているか』と

把握しておくことが、

ものすごく肝心なんです!

 

そこでおすすめなのが、

ユーカーパックの車査定サービス。

 

▼ユーカーパック 公式サイトはコチラ▼

・ユーカーパック→https://ucarpac.com
 

ユーカーパック

従来の車一括査定とは違い、

車買取のオークションを代行してくれるサービスとなっております。

 

多くの業者からしつこい電話やメールの連絡などもなく、

一番手軽で一番高く買取をしてもらえる確率が高いので、

簡単に車の買取をしてもらえます。

 

今の車の買取相場も簡単に知ることができますので、

車を高く売るためにも、

ぜひ、一度、ご自分の車の相場をみてみてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回は車のアクセルを踏むと

異音がする時の原因や対処方法を紹介してきました。

 

アクセルを踏んだ時の異音は

エンジンの不具合である可能性が高いので、

車の買い替えも視野に入れておいた方がいいかもしれませんね

 

なのでここで紹介してる

ユーカーパックで車を高く買い取ってもらい、

乗り換えの資金を多く作ることをおすすめしますよ!

 

以上、『車のアクセルを踏むと異音が鳴る原因や対処方法、応急処置の方法や修理代は?』の記事でした。

Sponsored Links