Sponsored Links

ロードバイクを車に積んで

旅先でサイクリングするのもなかなか楽しいですよね。

 

最近ではサイクリングロードも

日本各地に整備されていますので、

快適なサイクリングを行うことが可能です。

 

そこで必要になるのが

ロードバイクを搭載できて

さらに快適な車でしょう。

 

今回はロードバイクを積みながら、

快適にドライブしたいという

ニーズに応える車を紹介していきます。

Sponsored Links


 

ロードバイクに最適な車を選ぶ時のコツやポイントは?

ロードバイクを搭載する時の

車選びで重要なポイントといえば、

床が低いこと

そして室内高が高いことが挙げられるでしょう。

 

最近のステーションワゴンは

車内空間もかなり広くなっているので、

タイヤをはずせば積載は可能な車種が多いです。

 

しかし、タイヤを外さないで

そのまま載せられる車種は限られてきますので、

分解しないでロードバイクを搭載したい方、

タイヤを外して搭載する形でも大丈夫な方によって

車選びは変わってくるでしょうね。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第1位』

日産 セレナ


参照元:https://www3.nissan.co.jp/

ロードバイクの搭載に

おすすめの車、第1位は日産 セレナですね。

 

5ナンバーサイズギリギリで

取り回しも良いので普段使いにも適しており、

停める場所にも困りまらないのでおすすめでしょう。

 

最大で2台のロードバイクを

搭載できる車内空間を実現しております。

 

3列目を収納して2列目は大きく前に出すことで、

運転席と助手席にしか乗れませんが、

ロードバイク2台と

荷物を搭載できるスペースがありますよ

 

もちろん天井が高いので

サドルも下げる必要がありません。

 

奥行きもかなり生まれるので、

少し斜めにするだけで

二台のロードレーサーを

楽々搭載できる収容力は

ミニバンでも随一だといえるでしょう。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第2位』

スバル アウトバック


参照元:https://diamond.jp/

バン系の車でなくても

ロードバイクを車内に搭載することは可能ですよ。

 

そこでおすすめなのがアウトバックですね。

 

どうしてもステーションワゴンの場合は、

天井の高さが制限されるので

前輪を外すことが必要になります

 

前輪を外し最も高くなるシートを

最低まで下げれば、

60cm前後の荷室高で搭載が可能となりますよ!

 

ラックにロードバイクを

搭載するよりも楽で安全なので、

車内に搭載することをおすすめします。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第3位』

日産 エクストレイル


参照元:https://carview.yahoo.co.jp/

車内空間の広いSUV

ロードバイクを搭載するのにうってつけの車種です。

 

特にエクストレイルの場合は

最大174cmの荷室奥行に、

84cmの荷室高さを備えますので

ロードバイクを搭載してもかなり余裕が生まれるでしょうね。

 

しかも、アウトドア機能を高めた

車内になっているため

防水性のラゲッジボードになっています

 

掃除がしやすく汚れたら取り外して、

水洗いが可能となっているので

ロードバイクが泥や油で

汚れたまま搭載しても気にならないですよね。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第4位』

トヨタ シエンタ


参照元:http://kakaku.com/

コンパクトミニバンで

ロードバイクの搭載におすすめな車が

トヨタのシエンタでしょう。

 

シエンタをおすすめする理由が

何と言っても低床設計!

 

開口が地面から比較的低い位置にあり、

ロードバイクの積み下ろしが簡単なんです。

 

もちろん車内のラゲッジスペースも

広くなっており、荷室奥行は

143cm室内高は100cmを超えますので、

自転車乗りにはおすすめの車と言えるでしょう。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第5位』

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント


参照元:https://www.volkswagen.co.jp/

ツール・ド・フランスなどのサポートカー

見かけるフォルクスワーゲンの

パサートヴァリアントがおすすめです。

 

天井高がそれほど高くないので

ラックにロードバイクを積むことも可能です。

 

もちろん車内に搭載もすることができるため

用途によって分けられるのが

おすすめポイントといえるでしょう。

 

FF仕様なのでフラットの状態でも

ラゲッジスペースは、十分過ぎる広さ!

 

奥行はリアシートを起こした状態でも

110cmありますよ。

 

さらにリアハッチが

足をかざすことで自動的に開くので、

自転車を積む際には重宝するでしょうね。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第6位』

ダイハツ ウェイク


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

軽自動車でも

大きなラゲッジスペースを実現しているのが、

ダイハツウェイクですね。

 

トランクを開けおもむろに

ロードバイクを入れてみると、

軽自動車でありながらロードバイクの

サドルを付けたまま搭載できてしまいます。

 

さらに、メーカーオプションには

ロードバイクを固定する装備もあります。

 

タイヤレールと固定バンドを使えば、

しっかりと固定できるので

ロードバイクを傷つけることなく

走行にも支障はないですよ

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第7位』

ホンダ ステップワゴン


参照元:https://kakakumag.com/

あらゆる使い方ができる

おすすめのミニバンがステップワゴンですね。

 

何と言ってもステップワゴンの強みは、

3列目シート完全に

床下収納されるということでしょう。

 

3列目シートを両脇に

収納するタイプとは違い、

車内空間を最大限活用できて、

わくわくゲートが活きてくるわけですね。

 

もちろん、ロードバイクは

ホイールを外さず積むことはできます。

 

ママチャリですら

余裕で積むことができるので、

サイクリング時だけでなく

普段から活躍するでしょうね。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第8位』

トヨタ ヴォクシー


参照元:http://kakaku.com/

コンパクトなイメージがある

トヨタ ヴォクシーですが、

Sponsored Links

ロードバイクを搭載することが可能なんです。

 

積む方法も実に簡単で、

サードシートを撥ね上げて

セカンドシートは前倒しにします。

 

この時、マルチ回転シートは

真中のシートを撥ね上げておきましょう。

 

これだけで、ロードバイクや

自転車(27インチ)を立てたまま積めて、

さらに荷物も搭載する余裕もありますよ。

 

また、低床になっているので

女性でも簡単に積むことができますね。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第9位』

ダイハツ アトレーワゴン


参照元:https://www.carsensor.net/

ダイハツのアトレーワゴンは

より室内空間にこだわったスペックを持っておりますよ。

 

軽バンでありながら

リクライニングするリアシートを備えています。

 

足元と頭上にも余裕のある居住性の高さは

おすすめポイントだといえるでしょう!

 

分割式可動シートなので

ロードバイクも余裕で搭載することができますね。

 

2450mmの長いホイールベースなので

荷物を満載しても安定した走行性能を誇りますよ。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第10位』

BMW 2シリーズ


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

BMWといえばセダンのイメージですが、

そんなBMWが満を持して送り出した

ミニバンが2シリーズですね。

 

最初から車両後部に

2台の自転車の搭載を前提とした、

自転車固定用のアームがあるのは

大きな特徴だと言えるでしょう

 

アウトドアでの

スポーツアクティビティを意識した

モデルであると同時に、

家族でのアウトドアも意識している

この2シリーズは新しい形のBMWといえるのではないでしょうか。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第11位』

フォルクスワーゲン トゥーラン


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

このサイズのミニバンで

国産ミニバンだと、

室内が広いことは広い走りが

基本的に物足りないということが多いです。

 

逆に欧州車の場合、空間は

国産に劣りますが、

走りがしっかりしていて

長距離ドライブに適しています。

 

そんな2つの特徴のいいとこどりをした車が、

トゥーランということになりますね。

 

もちろんロードバイク2台を搭載可能で、

長距離ドライブも快適ですよ。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第12位』

トヨタ プロボックス


参照元:https://clicccar.com/

一見、ロードバイクの搭載が

厳しそうに見えるプロボックス。

 

ですが、ロードバイクとMTBは

フロントタイヤのみ外せば

リアタイヤをつけたままで、

サドルを低めたり、

抜いたりすることなく立てて

積むことができますよ。

 

5ナンバーの車でここまでの搭載能力は

プロボックスだけでしょう。

 

実用性と搭載能力を追求する方には

おすすめの車だといえますね。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第13位』

ダイハツ タント


参照元:http://kakaku.com/

可愛らしい軽自動車でありながら、

ロードバイクを搭載できるような

容量を兼ね備えているのがタントでしょう。

 

ロードバイクを積んだ状態でも

なんとか大人3人搭乗できるのは

大きな魅力だといえますね。

 

助手席側は窮屈に感じるかもしれませんが

カゴの無いロードバイクの自転車なら

もう少し余裕ができることでしょう。

 

 

ロードバイクにおすすめな車種ランキング『第14位』

日産 デイズルークス


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

先進装備てんこ盛り

ロードバイクを搭載しても

余裕のある車内空間でおすすめなのが、

日産 デイズルークスでしょうね。

 

特におすすめの装備が

アラウンドビューモニターで、

上から丸見えの快適な取り回しが可能になっており、

運転の苦手な方でも安心して運転できます。

 

もちろん、自転車を積むときは

リアシートを両方倒し

前席と後席の浅いスキマに

自転車の前輪を横にして荷室に斜めに入れれば、

すっぽりとロードバイクを搭載することができますね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ロードバイクを積むのに

おすすめな車を紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

『どの車も魅力的で欲しい!』と

感じていただけたら幸いです。

 

しかし、車を乗り換えたくても

新車を買う予算がないという方

今乗っている車を高く買取ってもらい

買い替えできたらいいなと

思っている方も多くいるでしょう。

 

そんな、強い味方になってくれる

車を乗り換えたい時におすすめしたいのが

かんたん車査定ガイドを利用することです!

 

▼かんたん車査定ガイド 公式サイトはコチラ▼

かんたん車査定ガイド

 

買取価格をアップさせれば

車の購入幅が広がりますが、

交渉が苦手という方もいることでしょう。

 

そこで、上記で紹介する

かんたん車査定ガイドを利用することで、

車査定で競合させて交渉するのが苦手な人や、

交渉は苦手だけど「高く売りたい!」と

強く思っている人でも

高く買取してもらえますよ。

 

またかんたん車査定ガイドでは

多くの業者から

しつこい電話やメールの連絡などもなく

一番手軽で一番高く

買取をしてもらえる確率が高いため

簡単に車の買取をしてもらえるでしょう。

 

ユーザーに代わって

オークションで交渉してくれるので、

かんたん車査定ガイドに任せるだけで

高額買取に繋がるのでおすすめの買取方法といえるでしょう。

 

気になった方は

今乗っている車の査定額を知るだけでも

かんたん車査定ガイドに依頼してみてくださいね。

 

以上、『ロードバイクに最適な車のおすすめ車種ランキング!キャリアを詰めるのが人気?』の記事でした。