*

渋滞の原因はなぜ?先頭は何してるのか、自然渋滞が起こるメカニズムは?

渋滞ってなぜ発生するのか。』

皆さんも一度は巻き込まれたことがある

渋滞は何が原因で起こっているか

ご存知でしょうか?

 

いくつもの原因が重なって発生する渋滞は、

運転するのにかなり労力を必要としますよね。

 

渋滞の時『先頭はどうなっているのか?

という素朴な疑問もあると思います。

 

そこで、今回は皆さんが気になっているであろう、

渋滞の原因メカニズムについて調査していきます!

Sponsored Links

 

渋滞のメカニズムはどうなっているの?

渋滞がなぜ発生するのか?』という

明確な原因が分かっていれば

すでに渋滞という言葉が過去のものになります。

 

未だに現代の技術でも

原因解明と解決には至っていませんね。

 

渋滞のとき先頭車はどうなっているの?


引用元URL:https://www.webcartop.jp/

渋滞の原因を作っている

先頭車両が悪いのでは?』と

言われればそうではありません

 

60㎞/h制限の道路を40㎞/hなどで

走行していれば論外ですが、

普通に走行していても渋滞は発生するのです。

 

その原因の一つとして、

先頭の車の後続車が車間を詰めすぎること

あるようです。

 

なぜ車間を詰めると渋滞に繋がるのかというと、

前方の車のちょっとした減速で、

ブレーキを踏まざるを得ません。

 

そのブレーキが何百台と伝わり数百台後ろでは

停車させるほどになります。

 

これにより渋滞が発生するそうです。

 

 

後続車に伝わる「ブレーキの波」とは?


引用元URL:http://kraftman-tochigi.com/

車の列が数十台くらいなら

それほど「ブレーキの波」は発生しません。

 

しかし、行楽シーズンなど

何百台・何千台と通行量のある

高速道路ではそうはいきません。

 

前の方の人がちょっとだけ踏んだブレーキが

何百台後には停車するほどの減速に繋がるのです。

 

このブレーキが連鎖して

最終的に車が止まったり、大減速したりすることを

ブレーキの波というように呼んでいます。

 

 

渋滞は上り坂で発生しやすい?


引用元URL:http://cgl125.blog.shinobi.jp/

先ほど紹介したブレーキの波が発生しやすい場面が

上り坂に差し掛かかる手前です。

 

長い間高速道路を走行していると、

速度感覚が鈍りやすくなります。

 

それが原因で上り坂になっても

減速していることに気が付かないドライバーが多く

後続車がブレーキを踏んで減速して

ブレーキの波が発生するのです。

 

 

合流地点ではどうなの?


引用元URL:https://www.webcartop.jp/

合流地点も渋滞発生ポイントですね。

 

「地点でなぜ渋滞の原因になるか」

皆さんご存知ですよね?

 

理由はもちろん、割り込んできたり

譲ったりして車を侵入させるためですね。

 

車を入れてあげたら、走る車も増えますし

減速もしくは停車するのであれば

間違いなく渋滞は発生しますよね。

 

 

トンネル入り口では減速する


引用元URL:http://www.csn01.com/

帰省ラッシュなどで取り上げられる渋滞箇所

だいたい同じ場所で決まっていますよね。

 

それが、トンネルです。

 

小仏トンネル大和トンネルなどが

渋滞するトンネルで有名ですね。

 

では、どうして「トンネル周辺」

渋滞が発生しやすいのでしょうか?

 

自動車学校でも習うことですが、

人間の視力はいきなり明るい場所から

暗い場所に行くと目が慣れなくて

初めは見えにくい状態になります。

 

これは、暗順応(あんじゅんのう)と言われ

トンネルでも同じ現象が起こります。

 

視界が見えにくければ減速し、

ブレーキの波が発生することになるとのことですね。

 

 

インターチェンジでも渋滞するの?


引用元URL:http://tech.nikkeibp.co.jp/

インターチェンジは間違いなく混むところです。

 

いくらETCが普及いていても、

インターチェンジや料金所は減速せざるを得ません。

 

また、ETCレーンと普通のレーンを

間違えるドライバーも結構いらっしゃいます。

 

急な車線変構や割り込みもあったりして

渋滞の原因ばかりか、事故の発生

非常に多いポイントになっています。

 

Sponsored Links

 

渋滞の対策はどうなっているの?

渋滞が軽減するように、

「どんな対策はしているのか?」

ドライバーは気になりますよね。

 

遠回りでも同じ料金に


引用元URL:https://221616.com/

急がば回れということわざ通りの対策ですね。

 

渋滞を避けて遠回りしても

高速道路の料金が変わらないというシステムです。

 

このシステムは導入されていませんが

実際に導入されることがあれば、

渋滞が少しでも軽減されるのではないかと思います。

 

 

視覚効果で渋滞対策「エスコートライト」


引用元URL:http://www.shutoko.co.jp/

減速していることで渋滞に繋がっていると

原因がわかっている高速道路では

一定の速さで流れるようなガイドライト

設置しているところもあります。

 

なぜ渋滞の解消に役立つにかというと、

視覚で速度を感じられるので、

一定のスピードで走行でき、知らず知らずのうちに

減速しないからです。

 

主に首都高の一部区間で実践投入されており、

渋滞が軽減したというデータもあります。

 

Sponsored Links

 

渋滞も苦じゃなくなるグッズは?

長い渋滞から逃げることのできない

辛い車内でも快適に過ごせる

おすすめグッズを紹介します。

 

渋滞でも快適に過ごすグッズはエアクッションがおすすめ

渋滞してくると、なぜか足のむくみ

酷くなりませんか?

 

むくみの原因は

座った状態だと血行が悪くなるからです。

 

そこで、おすすめしたいのが

空気で膨らますエアクッションです。

 

足を延ばして座れることにより血行が改善されて

むくみは大幅に解消されると思いますよ。

 

使用しない時は空気を抜いておけるので、

収納場所に困らないのもおすすめポイントですね。

 

 

渋滞でも快適に過ごすグッズは簡易トイレがおすすめ

使用するか、しないかは別として

あると便利なのが携帯トイレですね。

 

常備しとくだけで、心の支えになりますし

安心感も違いますよね。

 

なぜ数ある携帯トイレから

この商品がおすすめなのかというと

男女共に使用できるという点ですね!

 

家族連れは、必須ともいえる

商品ではないでしょうか?

 

 

渋滞でも快適に過ごすグッズは車載冷蔵庫がおすすめ

せっかく購入したドリンクも

長時間の運転でぬるくなって美味しくなかったり

眠たくなってきたら、冷たい飲み物

頭をスッキリさせて渋滞での運転を

乗り越えたくありませんか?

 

そんな冷たいドリンクが車内で飲める商品が

車載冷蔵庫です。

 

車内だけはでなく、持ち運び可能で

普通のコンセントでも使用できます。

 

キャンプ等のアウトドアでも

大活躍、間違いなしですね!

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

なぜ渋滞が発生してしまうのか?

原因を見てきましたが、

皆さんのちょっとしたブレーキが

大渋滞を招いていることがお分かりいただけたかと

思います。

 

事故が発生したり、減速した先頭車にも

渋滞の原因はあると思いますが

それ以上に後続車の車間にも原因があるようですね。

 

長い渋滞にイライラして

ストレスを感じる方もいらっしゃると思います。

 

渋滞の原因のメカニズムを知りおすすめグッズ

ストレス発散のお役に立てられたら幸いです。

 

以上、『渋滞の原因はなぜ?先頭は何してるのか、自然渋滞が起こるメカニズムは?』 記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑