リアワイパーレス化するとワイパーの接続部分が出っ張っていて、

危険なのでリアワイパーキャップを取り付ける方が多いですよね。

 

そんなリアワイパーキャップにも

おしゃれでおすすめなものから可愛らしいもの、

さらには、面白いものなど様々あります。

 

そこで今回は、リアワイパーキャップについて

おすすめ商品を紹介していきます。

Sponsored Links

 

おすすめなリアワイパーキャップ1

上記で紹介しているリアワイパーキャップは

アルミ・カーボンを使用しており、

スポーティな見た目になるのでおすすめですよ。

 

リアワイパーを外して、このリアワイパーキャップを装着すると

リアビューがスッキリするばかりか、

カーボンとアルミという素材が

スポーツ感を引き立ててくれますよ

 

車のエンブレムのカラーや

ワイパー根元のゴムブッシュの色に合わせてあげると、

より統一感が出て、かっこよくリアビューが決まるはず。

 

実際に取り付けてみると、色合いも質感も高品質で

大きさも丁度良いと感じることでしょう。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ2

上記で紹介しているリアワイパーキャップは、

高級感があり大人な雰囲気を漂わせていますね

 

小さいですが存在感抜群のリアワイパーキャップとなっており、

このパーツでリアビューがかなりゴージャスになります。

 

また、シャープな輝きの

真鍮製クロームメッキ仕上げているので

ギラギラ感は全くなく、

どの世代の方でも気に入っていただけるはず。

 

作りもしっかりしており、

3年以上使用しても錆び等、劣化目立たないため

品質の高さもおすすめ理由ですよ。

 

また、リアワイパーキャップにしては大きめの、

30ミリあり、かなりのインパクトがあって満足することでしょう。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ3

上記のリアワイパーキャップは、

遊び心が満載のリアワイパーキャップとなっています。

 

デザインがタイヤのホイールなので、

見た目からして可愛いですよね。

 

普通のシンプルなリアワイパーキャップは

無個性すぎるという方には存在感も抜群なので、

かなりおすすめです!

 

しかも、タイヤのホイール種類は

4種類から選ぶことができます。

 

装着しているホイールに似たリアワイパーキャップを選んでみても

面白いのではないでしょうか。

 

また、ホイールも結構作り込まれているので

リアリティもあり、チープに見えないのも

おすすめポイントと言えますね。

 

Sponsored Links

 

おすすめなリアワイパーキャップ4

ここで紹介しているリアワイパーキャップは、

猫の肉球デザインの可愛らしいタイプ

 

猫好きにはたまらないデザイン

リアワイパーキャップとなっていますから

よく車に猫を乗せる機会がある方は、

上記のデザインで決まりではないでしょうか。

 

また、肉球というかなり目立つデザインですが、

大きさが小さいので装着しても、

ワンポイントアクセントくらいです。

 

『大きなリアワイパーキャップはちょっと・・・』

という方にもおすすめですね。

 

さらに、リアワイパーキャップを取付け時の向きを調整するために、

ラバーも付属しているので、

自分のこだわりの角度で装着できますよ。

 

もちろん、外突規制もクリアしているので車検にも通ります。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ5

上記で紹介しているリアワイパーキャップは、

ハングルーズデザインのおしゃれなリアワイパーキャップ

 

ハングルーズポーズといえば、

ハワイで「アロハ~」という時にするポーズではありますが、

ハワイでのあいさつ代わりなのだそうです。

 

このハワイ感満載のリアワイパーキャップを

サーファーの車につけると、

かなりおしゃれに決まりそうですよね。

 

もちろん、サーファーだけではなく挨拶の意味があるポーズなので、

誰が装着していてもおかしくないですし、

おしゃれに決まること間違いなしのアイテムでしょう。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ6

上記で紹介しているリアワイパーキャップは、

レーシングナット風のリアワイパーキャップになっています。

 

かなり見た目がスポーティなので

スポーツカーにつけてもいいでしょうし、

フルエアロのミニバンなんかに装着しても

スポーツ感が出るのではないでしょうか。

 

また、カラーも4色から選べるようになっており、

クロームメッキ加工が施されたクローム、

さらに、ガンメタ・レッド・ブルーがラインナップされていますよ。

 

シンプルなデザインなので、

スポーツ感を重視しないユーザーの方にもおすすめできる、

リアワイパーキャップとなっています。

 

Sponsored Links

 

おすすめなリアワイパーキャップ7

上記のリアワイパーキャップは

価格面でかなりお手頃なので、おすすめですよ。

 

リアワイパーを取り外した後は突起しているので、

引っかかって危ないです。

 

ただ、リアワイパーキャップに

そんな高いお金は払えないという方は、

730円という破格のお手頃価格である、

上記のリアワイパーキャップがおすすめ!

 

『安いから本質は二の次では?』と

思っている方もいるかもしれませんが、

クロームメッキ仕上げされているので、

見た目のクオリティや質感も730円とは思えないですよ。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ8

上記のリアワイパーキャップは

しっかりシャフトをカバーしてくれるので、

安全性も高いリアワイパーキャップとなっています。

 

シャフトをかくすスリーブデザインを採用しているので、

シャフトをしっかり保護してくれます。

 

また、もう一度リアワイパーを装着することになっても、

シャフトが錆て使えないという可能性も低くなりますよ。

 

サイズも大きすぎず、小さすぎずなので、

コンパクトカーやミニバンであれば、

これくらいが丁度良いサイズですね。

 

デザインもシンプルなので、下手にギラギラしてより

さり気ない感じなので、控えめなおしゃれを演出できますよ。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ9

上記のリアワイパーキャップは、

カラフルな種類が特徴のリアワイパーキャップですね。

 

リアワイパーキャップといえば黒やメッキのものが多いですが、

こちらのリアワイパーキャップは

7色から選ぶことができるので、

他の人と被るということは稀でしょう。

 

しかも、本格的なアルミ削り出し仕様となっているので

質感も見た目もインパクト大ですね。

 

 

おすすめなリアワイパーキャップ10

最後に紹介しているリアワイパーキャップは、

車のアイテムにしては珍しい

花のプルメリアデザインになっています。

 

どうしてもリアワイパーキャップは、

男性寄りのデザインになりがちですが、

上記のような、ガーリーで可愛いデザインの

リアワイパーキャップはかなりレアでしょう。

 

車内のシートやクッションを花柄にして、

車全体を花柄で統一してあげてもまとまりが出て

可愛い雰囲気になりそうですよね。

 

また、素材的にも錆びないものを使用しているので、

いつまでも綺麗な状態に保てるのもおすすめポイント。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車のリアワイパーキャップについておすすめを紹介してきましたが、

気になる商品はありましたでしょうか?

 

質感に凝ったものや、デザインに凝ったものまで

様々な趣向のリアワイパーキャップがあります。

 

気分によって使い分けても面白いですよね!

 

リアワイパーキャップは気軽に購入できる車パーツなので、

複数個所有してみてはいかがでしょうか。

 

以上、『リアワイパーキャップのおすすめ!おもしろアクセサリーやかわいいのは?』 の記事でした。

Sponsored Links