*

エアロの修理や補修の方法!割れた、擦った時の修理代ややり方は?

愛車のエアロが割れてしまったり、

擦って傷が付いたりした経験はありませんか?

 

かなり落ち込みますが、修理したいと思っても

費用もそれなりかかってくるので

“そのまま放置している”という方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、自分でも行える

エアロの修理・補修方法などについて

詳しく紹介していきます!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

エアロの修理や補修を業者に頼んだ時の相場は?


参照元:https://www.youtube.com/

エアロの傷や割れの具合によっては、

プロにお願いしたほうがいい時もあるでしょう。

 

ただ、気になるのがエアロの修理・補修に

『どのくらいの費用がかかるのか?』ということですね。

 

同じエアロの修理・補修でもDIY感覚で行うのと、

プロが行うのでは当然ながら仕上がりの綺麗さは一目瞭然です。

 

エアロの傷や割れの程度にもよりますが、

軽微なヒビ程度であれば3000円~5000円

修理できるそうですよ。

 

また、エアロが割れてしまっている場合でも

10㎝程度の割れであれば5000~1万円くらいの費用で

修理できるとのことです。

 

 

エアロの傷の修理や補修に必要なものは?

ここからは自分でエアロの傷を修理・補修する際に

必要な道具を紹介していきます!

 

基本的にエアロの傷を修理するのが初めての方でも

扱いやすいアイテムを紹介してくので、

以下で紹介する商品をチェックしてみてくださいね。

 

エアロの傷の修理や補修にはスクラッチリムーバーを!

エアロに難しい塗装や、磨きが必要なく

傷の修理できるのが上記の商品です。

 

エアロの傷に塗り込むだけで修理・補修できてしまい

傷が目立たなくなりますよ。

 

深めの傷では効果が見られない場合がありますが、

軽くこすった程度の薄い傷

かなり綺麗に消すことが可能でしょう。

 

特に色の薄い車にはかなり有効なスクラッチリムーバーなので

薄いカラーの車の方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

エアロの傷の修理や補修にはバンパーガードプロテクターを!

エアロの下を擦ってしまったという事例も

かなり多いですよね。

 

そんな時におすすめしたい修理・補修方法は、

上記のバンパーガードです!

 

柔らかい材質と耐久性に優れた

特殊ウレタン製が特徴ですよ。

 

取り付け方法は両面テープで簡単装着できます。

 

車種専用のスポイラーと違い、

ほとんどの車に貼り付けられる使いやすさは魅力的ですね。

 

また、バンパーガードを貼り付ければ

エアロ下の擦り傷は隠すことができますし、

見た目のドレスアップも行えるアイテム!

 


参照元:https://item.rakuten.co.jp/

上記の画像のようにカラーは4種類から選べるので

愛車に合うカラーを見つけてみてくださいね。

 

Sponsored Links

 

エアロの傷の修理や補修には光硬化パテを!

深い傷にはパテなどで傷を埋める必要がありますが

パテって初心者の方にはハードルが高いですし、

経験者でも面倒な作業ですよね。

 

しかし、紹介する上記のパテは

チューブタイプなので、

簡単にパテを塗り込むことが可能ですよ。

 

深い傷の下地を光硬化パテで修理・補修することで

初めての施工にしてはかなり満足な仕上がりに!

 

パテってすぐに乾かない印象がありますが、

上記の商品は塗りやすくて、すぐに乾くため

塗装しやすいのもおすすめのポイントですよ。

 

 

エアロの傷の修理や補修にはうすづけパテを!

上記の商品はエアロの修理には必需品になるでしょう!

 

上手く使うポイントですが、

速乾性なのでモタモタしてると固まってしまいます。

 

なので思い切って『スパッと!』

施工することが綺麗に仕上げるコツですね。

 

 

エアロの傷の修理や補修にはタッチマックスプロを!

ペンタイプで簡単に傷の補修を行える

アイテムとなっています。

 

かなり安く購入できる商品でありながら

簡単にキズを消すことができるため

『とにかく手軽な方法で修理がしたい!』と

思っっている方にはおすすめのアイテムでしょう。

 

 

エアロの傷の修理や補修には自動車専用キズ補修ペンを!

上記の傷の補修ペンの魅力は、

車の色を選ばないで使用できるという点ですね!

 

ペン自体は無色でありながら、

傷が消えるのがなんとの不思議です。

 

エアロの浅い傷は上記のペン補修で

十分に修理できすよ。

 

Sponsored Links

 

エアロの割れの修理や補修に必要なものは?

エアロの割れ修理・補修を自分で行うには

かなり難しいと思われがちです。

 

ですが、ここで紹介しているアイテムを用いることで

かなり簡単に行うことができますよ。

 

エアロの割れの修理や補修にはFRPエアロ補修6点キットを!

上記のキットがあれば簡単に修復を行うことが可能でしょう。

 

説明書も同封されているので、

初めてエアロを修理・補修する方でも

安心して迷うことなく施工ができますよ。

 

真っ二つに割れたフロントリップ

しっかり補修することができる優れものです!

 

 

エアロの割れの修理や補修には強化プラスチックシートを!

上記の商品、強化プラスチックシート

割れたエアロを修理するだけでなく補修も行ってくれます。

 

また、ソーラーパッチシートは

特殊な素材で紫外線を当てる前は柔らかく、

形を変えて曲げられるシートなので

作業はかなり簡単ですよ。

 

紫外線を当てると硬化し、

強化プラスチックのようにカチカチになります!

 

注意点は十分に紫外線を当てることで、

晴れた日の外だと硬化するのも早いですが

曇った日などは少し時間がかかるとのこと。

 

施工するのは晴れた日が良さそうですね。

 

 

エアロの割れの修理や補修にはFRP補修トライアルセットを!

上記は車のキズ補修アイテムのメーカーとして有名な

99工房のFRP修理キットです。

 

大きなエアロの割れでも

1時間もあれば修理・補修できてしまうアイテムですので

一度、試してみてはいかがでしょうか。

 

後ほど、使い方の動画で紹介していますので

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

エアロの割れの修理や補修にはガラスマットを!

こちらのガラス繊維のマット

割れたエアロの裏からあてがうだけで

簡単に修理補修できてしまうアイテムですよ!

 

使い心地が良いだけではなく、

お手頃な値段で購入出来るのも嬉しいですよね。。

 

 

エアロの割れの修理や補修にはコニシ FRP補修を!

『容量が100gと少ないのでは?』と

心配する方もいるかもしれませんが、

車一台では十分な量なんです。

 

しかも、上記の商品が一つあれば

セットになっているので他に買い足すアイテムもなし!

 

使い勝手も良いのも

初心者の方におすすめしたいポイントですね。

 

 

エアロの傷を修理する方法は?


参照元:https://www.youtube.com/

上記の動画ではカラータッチペン

サンドペーパーで傷を修理しています。

 

ポイントとしては、しっかり研磨して

傷の表面の凹凸を無くすこと。

 

しっかり研磨できていないと、

タッチペンで塗装しても色ムラが出てしまうので、

注意してくださいね。

 

 

エアロの割れを修理する方法は?


参照元:https://www.youtube.com/

上記の動画はかなりひどい割れといいますか

エアロの穴でしたね。

 

ですが先ほど紹介したおすすめアイテム、

99工房のFRP修理キットを使用することで

かなり綺麗に塞ぐことができています!

 

ポイントとしては、

穴を塞ぐ樹脂を塗る時にケチらずに

たっぷり塗り込んであげましょう。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

エアロの修理・補修について見てきましたが、

小さな傷であれば、誰でも簡単に修理・補修できそうですよね!

 

特におすすめしているアイテムを使用することで、

FRP素材であっても修理も手軽に行うことが可能です。

 

場合によっては数万円かかる修理費用を浮かすためにも

自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、『エアロの修理や補修の方法!割れた、擦った時の修理代ややり方は?』 の記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑