最近の軽自動車の車内が広くなっているとはいえ、

やはり軽自動車にチャイルドシートを2台装着するのは大変ですよね。

 

シートベルトの位置などによっては、

何処にでもチャイルドシートを装着でけるわけではないですし

チャイルドシートの大きさも様々ですよね。

 

そこで今回は軽自動車にチャイルドシートを2台つける時に

快適な空間になるような位置のポイント

おすすめの省スペースのチャイルドシートを見ていきたいと思います。

Sponsored Links

 

軽自動車でチャイルドシートを2台つける時に助手席はダメ?


参照元:https://hot-mammy.com/

道路交通法違反になる?ならない?と様々な憶測が流れている、

この助手席にチャイルドシートを装着する問題。

 

結論からいうと、軽自動車であっても

普通車であっても助手席のチャイルドシートを

装着することは可能になっています。

 

もちろん法が認めているので違反切符を切られることも

罰金を支払う恐れもありません。

 

しかし、法律で認められているとはいえ、

助手席にお子さんを乗せるのは非常に危険だといえますね。

 

車の席の中で一番事故を起こしたときに

致死率が高いのが『助手席』となっており、

もしもの時を考えると助手席にチャイルドシートをつけるのは

見送った方がいいのかもしれませんね。

 

 

軽自動車でチャイルドシートを2台つける位置は?


参照元:http://s23201373.suzuki-dealers.jp/

前述でも述べてきたように、

「助手席にもチャイルドシートが装着できる」ということが

ご理解いただけたかと思います。

 

そうなればチャイルドシートを2台つける方法は

助手席と後部座席にそれぞれ1台、

後部座席に2台というバリエーションしかありませんね。

 

理想をいえば、2台とも後部座席に装着することが一番ですが、

『どうしても1台は助手席に装着したい』ということであれば

注意点が必要です。

 

まずは助手席を最大限に後ろへずらしてから装着してくださいね。

 

なぜなら、エアバッグの衝撃をお子さんに与えない為です。

 

エアバッグは大人を事故から守る為に作られており、

お子さんの標準には合わせていません。

 

なので、お子さんには衝撃が強すぎて、

エアバッグで逆に怪我をするということも考えられます。

 

 

軽自動車でチャイルドシートを2台つける時の注意点は?


参照元:https://ameblo.jp/

最近では減りましたが、前までは古い車や外車に

チャイルドシートを装着できないということがありました。

 

また、一括りにチャイルドシートといっても

年齢別(ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート)

大きさや求められる機能も変わってきます。

 

オーバースペックなチャイルドシートを

軽自動車に装着するとそれだけ空間が狭くなるかもしれません。

 

しかし、チャイルドシート2台とも後部座席に装着すると

運転中に赤ちゃんの様子が見られないということも考えられます。

 

なので、後部座席に2台のチャイルドシートを設置する時は、

チャイルドシートの間に

大人一人を同乗させるといいかもしれませんね。

 

2012年7月から販売された車には、

メーカーに対してISOFIX(アイソフィックス)の

取り付け装置の標準装備が完全義務化されました。

 

ISOFIXとは簡単にいうと

チャイルドシート専用に軽自動車のシートと、

チャイルドシートを繋ぐことができるアタッチメントのことです。

 

なので、このISOFIXに対応しているチャイルドシートかどうかにも

注目しながら選んでみてくださいね。

 

 

軽自動車で横幅が狭い車種ってあるの?


参照元:http://xx.slide-k.com/

軽自動車は細かく規格が決められており、

その決められた大きさを最大限に生かして

軽自動車の車内を広くしています。

 

なので、大きく感じた方も“ドデカクつかおう”でお馴染みの

ウェイク自体も他の軽自動車と幅や高さ制限は変わらないのです。

 

そんな広い車内が当たり前になった軽自動車ですが、

中には狭い車内の軽自動車も多くあります。

 

ミラ・アルト・N-ONEなんかは

幅の狭い軽自動車代表といってもいいかもしれません。

 

軽自動車の1480㎜に余裕を持った1475㎜となっており

高かが数ミリですが、車内空間には影響しているんですよ。

 

Sponsored Links

 

軽自動車に2台つける時のおすすめチャイルドシートは?

ここからは限られた軽自動車の車内空間を最大限に生かし、

省スペースが売りなチャイルドシートを見ていきましょう。

 

軽自動車に2台装着しても

快適なチャイルドシートをピックアップしているので

参考にしてくださいね。

 

軽自動車の2台付けにおすすめなチャイルドシート1

上記は新生児の0歳から4歳まで利用できる

チャイルドシートでありながら、

コンパクトな省スペース設計になっているのでおすすめですよ!

 

ベビーシートとチャイルドシートの機能があるので、

長い期間使用できるチャイルドシートとなっており、

お財布にも優しいですね。

 

2台装着しても余裕のあるサイズであり、

また、花柄のデザインで車内を華やかにしてくれるので

2台取り付けてもストレスはそれほど感じないでしょう。

 

 

軽自動車の2台付けにおすすめなチャイルドシート2

省スペースでコンパクトなチャイルドシートでありながら、

3段階のリクライニング機能を有している

本格派のチャイルドシートになっています。

 

新生児を守ってくれる『ふわっとクッション』の機能で

柔らかい素材と厚みのあるパットでお子さんを守ってくれます。

 

重さは5.8kgと見た目以上に軽量で

コンパクトサイズなのも魅力的なポイントです。

 

なので、女性ひとりでも持ち運びや取り付けが

スムーズに行えるようになっていますよ。

 

口コミでも『2人目の為に再度、購入した』など

リポーターの声も多数みられますので

2台つけにもおすすめできる商品でしょう。

 

 

軽自動車の2台付けにおすすめなチャイルドシート3