*

ステーションワゴンのカスタムでおすすめの改造箇所やパーツとは?

最近はSUVやミニバンの人気に押されている感が否めない

ステーションワゴンですが、

たくさんの魅力的な車があることをご存知でしょうか?

 

国産で言えばレヴォーグやアテンザ、

BMWやアウディ、ベンツのドイツ御三家もラインナップしているので、

これからステーションワゴンは

さらに人気が上がることもありそうです。

 

そこで今回は、セダンでもミニバンでもない

ステーションワゴンならではのカスタムをいくつか紹介していきます!

Sponsored Links

 

ステーションワゴンではフロントリップのカスタムが人気!


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

ステーションワゴンはフロントから見れば一見、

セダンタイプにも見えるのが特徴です。

 

セダンのカスタムをそのままステーションワゴンでも行えるのが、

ステーションワゴンカスタムの魅力の一つともいえます。

 

そんな中でフロントリップのカスタムがおすすめですよ。

 

フロントバンパーを交換するには、かなりの費用が必要ですが

フロントリップだけであれば

数万円で交換することができます

 

ボディと同じ色にするのもかっこいいカスタムですし、

カーボン調のパーツを付けても

スポーティーさが増してかっこいいですよ。

 

 

ステーションワゴンではリアスポイラーのカスタムが人気!


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

ステーションワゴンは後ろがボックスタイプになっていて、

ファミリーカーの要素が強いですが

あえてリアスポイラーを装着することで、

スポーティー感を出すことが可能ですよ。

 

ワゴンタイプなので大きなリアスポイラーは装着できないですが、

さりげなくリアスポイラーを付けるステーションワゴンのカスタムです。

 

先ほど紹介したフロントリップと組み合わせることで、

ステーションワゴンとはいえ

スポーツカーのようなかっこいいルックスにすることができますよ。

 

 

ステーションワゴンではアルミホイールのカスタムが人気!


参照元:http://www.gpx-gmbh.com/

アルミホイールのカスタム

どの車でも王道のカスタムですが

ステーションワゴンは選択肢が多くて、

選ぶのが非常に楽しいのも魅力です。

 

セダンのように大口径で

扁平率が低いアルミホイールを装着してもいいですし、

乗り心地を重視して扁平率を

高めにセッティングしてもアリですね。

 

大口径のアルミホイールも

小さな比較的、小さなアルミホイールも装着できるので

選択肢は車の中でもステーションワゴンが一番多いでしょう。

 

Sponsored Links

 

ステーションワゴンではウィンドウスモークのカスタムが人気!


参照元:http://apollo.solutions/

ステーションワゴンはセダンのようなかっこよさがありながら、

車内が広くて、車中泊も可能なことがおすすめ理由といえます。

 

その分、後部座席のプライバシーも確保したい所ですよね。

 

そんな時のカスタム方法が

リアウィンドウのスモークカスタムがおすすめ!

 

プライバシーをある程度守れるのはもちろんですが

ステーションワゴンのルックスもかっこよくなるので、

おすすめのカスタムとなっています。

 

また、スモークフィルムは

誰でも簡単に貼り付けることはできますが

小さな気泡やゴミが付着すると汚くなってしまうので、

プロに任せることがおすすめですよ。

 

 

ステーションワゴンではマフラーのカスタムが人気!


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

ステーションワゴンはマフラーカッターだけでなく、

本格的にマフラーも交換できるので、

『マフラーカッターだけでは満足できない!』という

ニーズも満たしてくれますよ。

 

特に最近のステーションワゴンは、

セダンやクーペ顔負けの走行性能を有したモデルが多いので、

本格的なカスタムもできる魅力があります。

 

もちろん、マフラーカッターの装着もできるので、

マフラーカスタムの幅も広いくなっていくでしょう!

 

 

ステーションワゴンではカナードのカスタムが人気!


参照元:https://minkara.carview.co.jp/

カナ―ドってどんなパーツかご存知でしょうか?

 

レーシングカーのバンパーについている羽をカナードといい、

主に空気の流れを利用して

ダウンフォースを生み出すパーツになっています。

 

そんなカナードをステーションワゴンに取り付けてみても

かなり様になることはあまり知られていないです。

 

もちろん、多少のダウンフォースの効果はあるでしょうが、

ルックスの為に装着するようなものです。

 

このパーツはあまりステーションワゴンに

カスタムしている人がいないので、

目立つこと間違いなしですよ。

 

 

ステーションワゴンではフェンダーダクトのカスタムが人気!


参照元:http://subarunews.seesaa.net/

さらにスポーツ感を出したい!』という方に

おすすめなカスタムが、

フェンダーダクトを装着することです。

 

市販車でも一部のスポーツカーにしか付いていない

フェンダーダクトは、装着することで

一気にレーシーな雰囲気になり気分はレーサーですよ。

 

元々、フェンダーダクトがついていないステーションワゴンは、

板金など少し大掛かりなカスタムになりますが、

最近はダミーのフェンダーダクトも発売されているので、

装着してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links

 

ステーションワゴンのカスタムにおすすめなアイテムは?!

ステーションワゴンはファミリーカーでありながら、

カスタムの幅が広く、その持ち主のセンスが問われますね。

 

そこでおすすめなセンスの良いカスタムグッズ

いくつかピックアップしてみました!

 

ステーションワゴンのカスタムではダミーダクトがおすすめ!

大掛かりなカスタムは必要なしで、

フェンダーダクトを取り付けられるグッズになっています。

 

両面テープで貼り付けるだけなので、

カスタムをしたことがない方でも

簡単に取り付けができますよ。

 

ブラックとシルバーがラインナップされているので、

ブラック系やホワイト系、シルバー系のカラーであれば

フェンダーダクトを取り付けてもいい感じに馴染むでしょう。

 

しかも、価格が1000円以下となっていて、

お買い得のカスタムグッズでもありますね。

 

 

ステーションワゴンのカスタムではバンパーガードがおすすめ!

上記のバンパーカナードは汎用モデルとなっており、

どの車種であってもかっこよくカスタムできます!

 

しかも、フロントだけでなくリアバンパーにも装着可能なので

カスタムの幅は広がりますね。

 

また、装着することでバンパーの保護にも繋がり、

かっこよさと一石二鳥に効果があります。

 

両面テープのみで装着することが可能ですが

心配な方は、ビスで止めてあげる

さらにしっかり装着することができますよ。

 

 

ステーションワゴンのカスタムではマフラーカッターがおすすめ!

ステーションワゴンに限らず、

車のカスタムが好きな人は

軽くて丈夫なチタンマフラーに憧れます。

 

しかし、チタンマフラーは

高額でなかなか手が届かないですし

装着するとなれば、かなり大掛かりなカスタムになります。

 

そんな中で、このマフラーカッターはステンレス製でありながら

チタンのような焼きが入っているので、

チタンマフラーを装着したような満足感が得られますよ。

 

また、排水溝も入っているので

マフラーに水が溜まる心配もないのも魅力的ですね。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ステーションワゴンのカスタムについて見てきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

ステーションワゴンにも魅力的なモデルが沢山あるので

ぜひあなたの気になるカスタム方法で

かっこよく改造してみてくださいね。

 

以上、『ステーションワゴンのカスタムでおすすめの改造箇所やパーツとは?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑