*

ボンネットカバーのおすすめ!車のフードの傷や日焼け防止には?

皆さんは愛車をどのように保管していますか?

 

シャッター付きの車庫に入れている

というは少ないのではないでしょうか?

 

屋根だけのタイプの車庫が最近では多いと思います。

 

しかし、屋根だけのタイプだと

車体が大きい車はボンネットだけはみ出るという

こともあると思います。

 

そうなると、ボンネットだけ日光の影響で

ボディの色が変色したり、ヘッドライトが曇ったり

黄ばんだりする可能性があります。

 

今回はボンネットカバーのおすすめを

ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

 

おすすめな車のボンネットカバー1

こちらのボンネットカバーは

防火仕様なので安心して玄関先でも使用できます。

 

車やバイクのカバーで安い価格帯のものは

ナイロンでできており、よく燃えるので

放火犯の格好のターゲットになることが多いそうです。

 

日光を跳ね返すために銀色のものが多く

夜でも目立ちます。

 

それらの理由で、玄関先に止めている車に

ボンネットカバーをするのを躊躇っている方も

いらっしゃると思いますが

安心してご使用いただける商品ですよ。

 

 

おすすめな車のボンネットカバー2

→楽天市場で『人気のボンネットカバー』を探す←

おすすめなのがオートバックスが販売する

このフロントウィンドウまでカバしてくれるタイプです。

 

ボンネットカバーとしてはもちろん、

フロントウィンドウまでカバーしてくれます。

 

室内のレザーウレタン素材

直射日光の紫外線から守ってくれるので、

一石二鳥でおすすめしたい商品ですよ。

 

ボンネットカバーの脱着が面倒なのでは?

という疑問もあると思いますが

装着方法はゴムと吸盤だけなので

非常に簡単・短時間で終わります。

 

Sponsored Links

 

おすすめな車のボンネットカバー3

このボンネットカバーは100㎝×143㎝という

大きさで、他のボンネットカバーよりも

かなり小さい部類になります。

 

このボンネットカバーのおすすめの使い方は、

狭い車庫内に自転車や物が多い時に、

車にぶつかって傷がつけないように使用するのが

おすすめです。

 

自転車のハンドルが車にぶつかると、

黒く跡になったりすることも多くあります。

 

このボンネットカバーがあれば、

裏起毛の柔らかい素材が衝撃を吸収してくれるので

車のボンネットに傷がつくのを防いでくれますね。

 

また、ボンネットだけでなく

車の側面や後ろなど、大きくないサイズを利用した

使い方ができるのもポイントですよ。

 

 

おすすめな車のボンネットカバー4

シンプルにボンネットカバーが欲しいという方に

おすすめしたいのがこの商品です。

 

他のボンネットカバーはフロントウィンドウまで

カバーしてくれたり、裏起毛など様々な

付加価値がついているので

価格も高くなる傾向にあります。

 

ですが、このボンネットカバーはシンプル

ボンネットだけをカバーしてくるタイプで

大きさも価格も丁度いいです。

 

価格も他のボンネットカバーに比べて

安い価格帯になっているので、

価格を第一に重視するという方にも

おすすめできる商品ですね。

 

 

おすすめな車のボンネットカバー5

いいものを長く使用したいという方に

おすすめなのが、

このアラデンのボンネットカバーですね。

 

他のボンネットカバーに比べて価格は高いですが、

安心の日本製なので、細かいところの作りは

かなりしっかりしていると思います。

 

なので、大抵のボンネットカバーは

1年くらいで劣化してくることが多いです。

 

このボンネットカバーは

ミラーに引っ掛けるゴム部分が伸びてきますが

カバー自体は3年は使用できるくらいの品質です。

 

安いボンネットカバーを毎年購入するよりも

コストパフォーマンスは高いのではないでしょうか?

 

Sponsored Links

 

おすすめな車のボンネットカバー6

走行する時に前の車の飛び石

傷ついたりするのが気になるという方は

いらっしゃいませんか?

 

これまで紹介してきたボンネットカバーは、

もちろん駐車中に使用するボンネットカバーでした。

 

走行する時もしっかりと

ボンネットカバーをしていたいという皆さんに

おすすめなのがラッピングで保護するボンネットカバーです。

 

皆さんもスマホの画面に保護シートを貼っている方

多いのではないでしょうか?

 

そのボンネット版だと思ってください。

 

スマホの保護シール同様、ボンネットカバーを

ご自身で綺麗に貼れるか不安な方

専門のプロの方にお願いすることをおすすめします。

 

様々なカーボン調のものまで

多様なラインナップですから

ボンネットカバーとカスタムの両面で使用できますね。

 

 

おすすめな車のボンネットカバー7

こちらのレザータイプのボンネットカバーも

走行中でも傷や劣化から保護してくれる

ボンネットカバーです。

 

稀に装着している車を

見かけることもあるのではないでしょうか?

 

その車種専用品ですし、

レザーなのでラッピングタイプの

ボンネットカバーよりも価格が高いですが

保護してくれる能力は格段

こちらのレザータイプがおすすめです。

 

汚れも水拭きで簡単に落とすことが可能なので

長期間の使用ができるボンネットカバー

おすすめの商品です。

 

 

おすすめな車のボンネットカバー8

一番、車にフィットするボンネットカバーは

やはり純正品ですね。

 

紹介しているボンネットカバーはMINIの純正品で、

恐らくどの車にも専用のカバーがあると思います。

 

サイズが合っていないと、風でボンネットカバーが

飛ばされる危険性バタバタ風でなびいてボディに

傷をつけるという本末転倒な結果にもなります。

 

なので、ジャストサイズで使用したい人は、

純正品を強くおすすめします。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

ボンネットカバーって案外見逃しがちですが、

車庫に入っている部分そうでない部分の劣化速度

格段に違うので、長く愛車を使用していれば

その劣化具合が顕著に現れますよ。

 

そうなる前に、ボンネットをしっかりと保護して

皆さんの愛車を少しでも綺麗な状態に保てるような

情報をこちらの記事で参考にしていただけたら幸いです。

 

以上、『ボンネットカバーのおすすめ!車のフードの傷や日焼け防止には?』 記事でした。

Sponsored Links


関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑