*

バンパーの凹み(へこみ)を修理する方法!自分で直すやり方って?

車に乗っていて外装の中で

一番壊れやすいとも言えるバンパー

 

うっかり段差や縁石で

ぶつけてしまいこすれてしまったり

凹み(へこみ)が出てしまうことは

初心者の方でもベテランの方にもあると思います。

 

そんな時一番気になるのが

凹み(へこみ)があるバンパーの修理代ですよね。

 

車のボディやバンパーの修理は

塗装など手間がかかることから

思ったよりも高額になることが多いです。

 

自分で凹み(へこみ)のある

バンパーの修理をすることができれば

出費を抑えることができますよね

 

そこで今回は

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法や

使用するグッズをご紹介したいと思います。

 

Sponsored Links

 


車のバンパーの凹み(へこみ)修理に必要なものは?

早速ここでは車のバンパーの凹み(へこみ)を修理に必要な

グッズをご紹介したいと思います。

 

最低限必要なものになりますので

以下で紹介するグッズを揃えて

修理に万全な準備をしましょう。

 

●車のバンパーの凹み(へこみ)の修理にはドライヤー!


LOUVREDOのドライヤー

 

バンパーの凹み(へこみ)は熱を与えることで治すことができ、

一般的に使われている家庭用の

ドライヤーでも凹み(へこみ)の修理は可能です。

 

こちらで紹介させていただいた

ドライヤーは高温のもので

車のバンパーの凹み(へこみ)を修理する際に

効率よくできるものです。

 

バンパーの凹み(へこみ)の修理の時は

なるべく高温のドライヤーを使用しましょう。

 

また、持っている方はヒートガンなどでも

作業効率は上がるのでそちらを使用するようにしましょう。

 

 

●車のバンパーの凹み(へこみ)の修理にはコールドスプレー!


ドームのコールドスプレー

 

先ほどもお話ししましたが、

車のバンパーの凹み(へこみ)を修理する際には

ドライヤーなどの熱を使って修理します。

 

そこでドライヤーで与えた熱を冷却することによって

バンパーの素材を固くすると

その反発で凹み(へこみ)が治ります。

 

その冷却効果をこのコールドスプレーで

行うのですがこのコールドスプレーは

比較的に安価なのでおすすめですよ。

 

 

●車のバンパーの凹み(へこみ)の修理にはエアータッチを!


ソフト99工房のエアータッチ補修セット

 

バンパーの凹み(へこみ)を直すときに

一緒についてしまった傷の補修も必要になると思います。

 

そこでタッチアップペン

傷の箇所に色を塗ろうとすると

逆に汚くなってしまったりするので、

そのタッチアップペンを

スプレーのように使うことのできる

このエアータッチで凹み(へこみ)修理後の後処理を行いましょう。

 

またこちらは

脱脂剤などもセットになっているのでお買い得で、

車の補修作業の効率を良くしてくれるのでおすすめです。

 

Sponsored Links

 


車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法は?

ここまで車のバンパーの凹み(へこみ)を

修理するためのグッズをご紹介してきました。

 

ここからは実際にそのグッズを使って

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法をご紹介したいと思います。

 

ここでご紹介するのは

実際に板金屋さんでも使われているような方法も

ありますのでしっかりと覚えて

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理代を節約しましょう。

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法1


参照元URL:http://d.hatena.ne.jp

まず最初にするのが

車のバンパーの凹み(へこみ)そのものを直していく作業です。

 

まずバンパーのへこんだ部分の余計な汚れを拭き取り、

ドライヤーでバンパーの凹み(へこみ)箇所を温めましょう。

 

この時にできれば強力なドライヤーを使い

屋外で作業するなら風の影響を弱めるため、

衝立などで周りを塞ぐのが効果的です。

 

もちろん、可能であればバンパーを外して

屋内で作業できれば一番ですが

そのようなスペースがない方もいると思います。

 

どちらでも修理は可能なので

修理しやすい場所を選んでください。

 

また、加熱時間は10分〜20分程度を目やすに

温めていきましょう。

 

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法2


参照元URL:http://usedoor.jp

いい加減に熱したと判断したら、

へこんだところを裏から押してバンパーの凹み(へこみ)を

戻していきましょう。

 

この時、しっかり熱されて柔らかくなった樹脂のバンパーは

押されたまま簡単に元に戻るはずなので

戻らないような時はまたドライヤーで温めましょう。

 

もちろん、力加減などで形が変わる事もありますので、

表からも何かを当てるなど

変形しすぎないように注意しながら形を整えてください。

 

そしてある程度元の形になったら、後はバンパーの形状を

整えるために冷やすだけです。

 

また、熱したバンパーは非常に熱くなっていると

思うので軍手などをして火傷しないように気をつけてください。

 

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法3


参照元URL:https://www.youtube.com

車のバンパーに熱を与え

元の形状に戻したら

今度は冷却をして形状を固めていきます

 

この時、先ほど紹介した

コールドスプレーを使います。

 

このコールドスプレーは逆噴射すると

かなり低温で噴射されるので、

スプレーを逆さにして

バンパーの凹み(へこみ)部分に噴射していきましょう。

 

この冷却はバンパーが

冷えて白くなるくらいまで行い、

元どおりの硬さに戻ればOKです。

 

Sponsored Links

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法4


参照元URL:http://minkara.carview.co.jp

以上の通りで車のバンパーの凹み(へこみ)自体は

元に戻ると思いますが、

凹むほどの衝撃を与えたバンパーは凹み(へこみ)だけではなく

傷もついていたり塗装が剥がれてしまったりしていると思います。

 

なのでその傷の修理もしていきたいと思いますね。

 

最初に傷の部分の脱脂を行うために

先ほど紹介したエアータッチのセットにある

シリコンオフという脱脂スプレーを使い

タッチアップ補修をする部分の脱脂をします。

 

この時、シリコンオフを吹き付けたら

タオルなど毛のものでふき取るのではなく

キッチンペーパーなどで

ふき取るようにしましょう。

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法5


参照元URL:http://www.99kobo.jp

脱脂をしっかりと行なったら、

次はエアータッチを使い

塗装を目立たなくして行く作業です。

 

車体と同じカラーのタッチアップペンを

装着し車のバンパーから

6〜10cmほど離して吹いていきましょう。

 

この時傷の方向に合わせて

サッと流れるように吹いていきましょう。

 

また一度に塗ろうとすると

液ダレしてしまうので

何度かに分けて吹いて行くようにしてください。

 

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法6


参照元URL:https://ennori.jp

先ほど塗装したものを10分ほど放置したら

エアータッチに専用のクリア剤をつけて

クリアを吹いていきましょう。

 

この時、先にクリア剤をつけたら

新聞紙などに試し吹きを必ずしてください。

 

またこちらのクリア剤も

塗装剤同様に一度に塗るのではなく

何度かに分けて重ねて塗るようにしましょう。

 

 

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法7


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/soft99/bu03/

最後の仕上げになりますが、

先ほど吹いた塗料が乾燥しないうちに

今度はエアータッチにぼかし剤

つけて塗り直した部分のばかしを行います。

 

この作業は塗装して2分以内

乾燥していない時に吹いてください。

 

この時も、必ず新聞紙などに

試し吹きをすることを忘れずにして、

塗装と同じ要領で

艶がなくざらついた部分にスプレーしてください。

 

綺麗に補修部分をぼかすことができたら

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理は完了です。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

バンパーのこすり傷を修理する方法!自分で直すやり方や方法って?

車のこすり傷を修理する方法!自分で直すやり方や方法って?

車の錆び(サビ)を修理する方法!自分で直すやり方やおすすめ道具は?

車の凹み(へこみ)を修理する方法!自分で直すやり方やおすすめ道具は?

車のシートを補修!革シートを自分で補修する方法のご紹介!

車のパンク修理の方法!タイヤは自分で修理して時間や料金の節約を!

 

いかがでしたでしょうか?

 

今では色々なグッズが売られており、

車のバンパーの凹み(へこみ)の修理方法は割と簡単に行えます。

 

最初にもお話しした通り

車のバンパーの凹み(へこみ)などを

修理屋さんに頼むと数万円など

修理代がかなり高くついてしまうことがありますので

ここで紹介した方法やグッズを

使って愛車のバンパーの凹み(へこみ)を修理しましょう。

 

以上今回は『バンパーの凹み(へこみ)を修理する方法!自分で直すやり方って?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑