*

車のこすり傷を修理する方法!自分で直すやり方や方法って?

車を運転していてこすり傷がついてしまい、

ヒヤリとする瞬間は初心者の方でも

熟年のドライバーの方でも誰しもあると思います。

 

このこすり傷は多少のことでも

プロの整備士に修理を依頼すると

かなり高額な値段がかかってしまうこともあるでしょう。

 

そんなとき自分で修理ができたら

この修理費用が浮くので

出費を激減することができます。

 

今回はそんなこすり傷を

自分で修理する方法をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Links

 


車のこすり傷の修理に必要なものは?

ここでは車についてしまった

こすり傷の修理に必要なものをご紹介したいと思います。

 

修理をする際は万全な準備が必要なので

こちらでご紹介するグッズをチェックしておきましょう。

 

●車のこすり傷の修理にはサンドペーパーを!


ソフト99工房のサンドペーパーセット

 

こちらは車のこすり傷の修理の際に

下処理から仕上げまで必要不可欠なグッズの

サンドペーパーセットです。

 

この商品は4種類ついていて、

150番 補修箇所のサビ・塗装をはがし、地金を出したり

ささくれたバンパーの段差をならすとき用。

320番 盛り上げたパテなをならして、面を出すとき用。

600番 面を出したパテの仕上げやプラサフ塗装の足付け、

または150~320番の磨き跡を消すとき用。

1000番 プラサフ塗装後の表面の調整・ならすとき用。

 

このように下処理でも仕上げにも

使えるサンドペーパーのセットになっておりますので、

車のこすり傷の修理をするときには

必ず必要になるとも言えるアイテムです。

 

 

●車のこすり傷の修理にはパテを!


ホルツの薄付カラーパテ

 

車の補修をする際にへこみでもこすり傷でも

必ず必要になるのがパテです。

 

特にこちらのパテは

こすり傷やひっかき傷のような

細かな傷に優れた性能を発揮し

超微粒子で伸びのいいなめらかなタイプのパテです。

 

またパテ本体にカラーが付いているので

補修後が目立ちにくく

修理初心者の方でも簡単に修理することができますよ。

 

パテには色々種類があり用途に応じてこのような

薄付けのパテも使用するとより補修の完成度が上がります。

 

 

●車のこすり傷の修理にはスクラッチリムーバーを!


GT88のスクラッチリムーバー

 

こちらの商品はTVショッピングで話題になり

大ヒットしたもので

どんな色の車の修理にもご使用いただけます。

 

爪で触れた際にへこみを感じないような

車のこすり傷に効果的で

気になる部分に塗り込むだけで

こすり傷がみるみる消えるといった優れた製品

 

このGT88は成分中の透明な微粒の樹脂により、

キズを埋め、自動車ボディの塗色に関係なく、

小キズ・こすり傷を目立たなくさせます。

 

また実力もレビューをみていただけると

わかると思いますが、

満足度の高い製品であるということが言えますので

是非使ってみてくださいね。

 

 

●車のこすり傷の修理には傷消しコンパウンドを!


カーメイトのC22 傷消しコンパウンド

 

コンパウンドとは研磨剤のことで、

この傷消しコンパウンドは

ひっかき傷やこすり傷などの浅い傷の修理に効果的。

 

またしっかり直せる2液タイプの傷消しコンパウンドで

まず粗めのコンパウンドで深めの傷を除去し

その後超極細のマイクロファイバークロスで

コンパウンドによる細かな傷を徹底除去すれば

愛車の気になるこすり傷は目立たなくなります。

 

そしてこの製品は

どんなお色の車にも対応しているタイプなので

塗装面が心配な方でも安心して

ご使用していただけるものになります。

 

 

●車のこすり傷の修理にはシリコンオフを!


ソフト99のシリコンオフ

 

ペイント補修の時には

欠かせないアイテムのシリコンオフです。

 

このシリコンオフは塗装前の

脱脂や塗装面の洗浄にご使用します。

 

そしてこのソフト99のものは

広範囲な脱脂作業も安心してたっぷり使用でき

頻繁な使用にも応える大容量タイプのものです。

 

またステッカーやマスキングテープを

貼る前にご使用すれば

接着力を高めることができるので

こすり傷の修理の際には持っておきたいアイテムです。

 

Sponsored Links

 

●車のこすり傷の修理にはエアータッチを!


ソフト99のエアータッチ

 

このエアータッチは

タッチアップペンを装着しスプレーのように

塗装面の補修が行えるアイテムです。

 

車の補修が初めての方にも簡単に

こすり傷などの修理ができるような

便利なアイテムで

こすり傷の補修ペイントを行うには

このエアータッチを使えば綺麗に仕上がるでしょう。

 

また補修に必要なアイテムが

セットになっているので、

別売りのタッチアップペンだけ

購入すれば補修ペイントは楽々行えますよ。

 

●車のこすり傷の修理にはマスキングテープを!


塗装用のマスキングテープ

 

こちらは車のこすり傷の補修ペイントの際に

補修する部分以外にペイントがかかるのを

カバーしてくれます。

 

補修ペイントをする際には

養生は必ず必須になってくるので

必ずこちらのアイテムもご使用するようにしましょう。

 

 


車のこすり傷を修理する方法は?

ここからは実際に

先ほど紹介したアイテムを使って

車のこすり傷の修理方法をご紹介したいと思います。

 

車の傷の修理手順1


参照元URL:http://www.soft99.co.jp

車のこすり傷の修理でまず一番最初に

行うのがサンドペーパー掛けです。

 

まず修理したいこすり傷の

周辺の研磨を行いこすり傷の部分と

その周辺を平らにしなくてはなりません。

 

この時は粗めのサンドペーパーで

古い塗装も落とすくらいのイメージで行いましょう。

 

 

車の傷の修理手順2


参照元URL:http://gen-fd3s.blog.so-net.ne.jp

次に行うのがこすり傷によって削れた部分に

パテで埋め合わせを行う作業です。

 

この時のコツとして、こすり傷の中心

塗り込みその後に周りに塗り広げていく方法が

綺麗にパテを塗るコツになります。

 

それと少し高めにパテを塗り込んでおくと

この後研磨する際に

なめらかな面に仕上がりますよ。

 

 

車の傷の修理手順3


参照元URL:http://www.soft99.co.jp

先ほど塗り込んだパテを平らにするために

サンドペーパーでパテを塗り込んだ部分を

なめらかにしましょう。

 

この作業は先に粗めのサンドペーパーで

あらかじめ平らにし

ある程度平らになったら

400番くらいのサンドペーパーで

表面をなめらかにしていきます。

 

この時角材などを持ち

それにサンドペーパーを当てて磨くようにすれば

綺麗に平らにできるでしょう。

 

Sponsored Links

 

車の傷の修理手順4


参照元URL:http://blog.goo.ne.jp

サンドペーパーでパテを盛ったところを

平らにしたら塗装にかかるのですが

その前に脱脂作業を行います。

 

ここで登場するのがシリコンオフです。

 

このシリコンオフは

塗装面の脱脂と汚れ、埃などを除去し

塗装の乗りをよくしてくれます。

 

そして塗装前には一番大事な作業の

脱脂はシリコンオフを直接塗装面にかけ

あまり毛のないタオルなどで拭き取ります。

 

このとき、埃が付いていると

塗装する際に凸凹の原因になるため

綺麗に拭き取りましょう。

 

 

車の傷の修理手順5


参照元URL:http://www.yellowhat.jp

シリコンオフで塗装面を綺麗にしたら

塗装する前にマスキング作業を行います。

 

この時マスキングする部分は

補修する面よりも少し広めに取るようにしましょう。

 

おおよその目安でマスキングをしたら

またその上から細かく補修面を

囲うようにマスキングしましょう。

 

この作業も塗装する上で

かなり重要になり、

他の修理部分以外に塗装液の飛び散りを防止します。

 

また風が強い時などは

大きく覆うようにマスキングすることを

おすすめします。

 

 

車の傷の修理手順6


参照元URL:http://www.yellowhat.jp

いよいよ塗装に入るのですが

ここでエアータッチを使います。

 

この時注意する点として

一度に塗り込まないことです。

 

サッサッと右から左に流れるように

何回かに分けて吹いていき

液ダレの無いように

スプレーを吹きましょう。

 

色が乗って来たら乾くのを待ちましょう。

 

 

車の傷の修理手順7


参照元URL:https://ennori.jp

先ほど塗装した部分は色が少し

艶の無いような色になっていると思うので

ここではクリア剤で艶出しを行います。

 

このクリアも塗装液と同じように

液ダレしないように

一回ではなく数回に分けて吹き付けましょう。

 

またクリアは塗装液よりも垂れやすいので

ここでも気を抜かずに作業を進めていきましょう。

 

クリアが乾いたら補修完了です。

 

完璧に塗装面が落ち着くまでに

何日か期間を置いたら

コンパウンドで補修した面を

綺麗に整えてあげれば綺麗に仕上がります。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車査定で傷やへこみの影響って?修理して売却した方がいいの?

車の水漏れの原因や修理方法、対処法!エンジンルームや車内の場合は?

車の錆び(サビ)を修理する方法!自分で直すやり方やおすすめ道具は?

車の凹み(へこみ)を修理する方法!自分で直すやり方やおすすめ道具は?

車の修理代を安くする方法!値引きや割引、サービスを受けるには?

車の窓が閉まらない時の原因や対処方法、応急処置や修理代は?

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は車についたこすり傷の修理方法を書いて来ましたが

今では補修グッズも優れた物が多く

誰でも簡単にできるようになっております。

 

少しのこすり傷でも専門業者に依頼すると

高額な料金がかかってしまいます。

 

そこで今回紹介した修理方法

自分で修理すればお安くすみますので

車のこすり傷程度でしたらご自身でやってみてくださいね。

 

以上今回は『車のこすり傷を修理する方法!自分で直すやり方や方法って?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑