*

外車の維持費!故障時の修理代やメンテナンス代を安くするには?

外車と聞くと思い浮かぶのは

メルセデスベンツ、BMW、アウディなど

高級な車ばかりですが

どれもメンテナンス代や修理代、維持費が

かなりかかるような印象がありますね。

 

外車はどれも壊れやすく

部品の取り寄せが困難で普通のユーザーの方は

苦労されているかと思います。

 

ではなぜこの外車と呼ばれる車が

維持費が高いなどと言われるのでしょうか?

 

今回はその外車の維持費と

メンテナンス代や修理代にかかるお金を

書いていきたいと思います。

 

またその費用をお安くする方法もご紹介しますので

是非外車オーナーの方やこれから

外車を購入しようと思っている方は参考にしてみてください。

Sponsored Links

 


外車の維持費①

●自動車税や重量税は?国産車との比較!


参照元URL:http://blog.livedoor.jp

車の維持費の主な出費として

「車検代」「自動車税」「重量税」「ガソリン代」「駐車場代」があり

その他修理代やメンテナンス代が乗っかってきます。

 

そんな車の維持費は外車と国産車で分けて比較する必要がありますので

まず最初に税金関係の維持費をお話ししたいと思います。

 

自動車の税金には1年に一度必ず納めなければいけない「自動車税」

車検時の2年に一度納める「重量税」

自動車購入時にかかる「自動車取得税」があります。

 

これらの税金はその車の「排気量」「重量」「購入金額」によって

決定されて外車と国産車の区別はなく金額は変わりません。

 

したがってこの税金の部分では

外車も国産車も変わらないということになるのですが

なぜか外車は税金が高いというイメージがありますよね。

 

これは外車といえばベンツやBMWなど排気量や重量が多い車に

乗る人が多いからだと思います。

 

外車でもゴルフなどのコンパクトカーでは

排気量も重量も少ないので税金は安くなります。

 

 


外車の維持費②

●自動車保険料は?国産車との比較!


参照元URL:https://hokenselect.jp/

自動車の保険には強制保険の「自賠責保険」

「任意保険」の2つの保険があります。

 

自賠責保険は強制加入のもので

外車と国産車での区別はなく

加入期間に応じて金額が決まっていますので

外車の保険料が高いというのは

任意保険の保険料が高いということになります。

 

この任意保険は「車両料率クラス」によって金額が決められており、

この車両料率クラスは車ごとの事故実績、

盗難や保険で支払われた修理代などから決められています。

 

ベンツやポルシェなどの高級外車は

盗難被害にあう危険性が高く、修理代も高いので

保険料も高額になってしまうということです

 

これは国産車でも同じでGT-Rなどは

車両料率クラスが高いため高額な保険料がかかります。

 

逆に税金の時と同じように

ゴルフなどのコンパクトカーですと

車両料率クラスが低く設定されているため

国産車と変わらない設定になっていることが多いです。

 

 


外車の維持費③

問題の修理代は?国産車との比較!


参照元URL:http://www.kjs-at.com/

ここからは一番の問題の修理代です。

 

外車の修理代は必ず国産車より高くつくでしょう。

 

理由として部品を輸入で取り寄せるために

部品代が高くついてしまうことが多いからです。

 

例えばフロントワイパーのモーターの交換を

ディーラーに頼んだら10万円かかるなど

外車は国内に部品が少なく、

専門店もすくないので

工賃や部品代にはかなり出費することになってしまいます。

 

日本車では28,000円ほどで修理できるものが

外車では3〜5倍はかかってしまうイメージですね。

 

 


外車の維持費④

●車検代は?国産車との比較!


参照元URL :https://www.carunselor.jp/

車の維持費としてもう一つ悩みにあるのが車検費用だと思います。

 

車検費用には「検査手数料」「自賠責保険」「重量税」など必ず必要な費用があり

この費用に関しては外車も国産車も変わらないです。

 

そして車検時にかかる費用として「整備代」「部品代」があり

この費用が外車の車検代が高くなる理由です。

 

特にディーラーでの車検は完璧な整備と

引き換えにこの整備代、部品代が

かなり高くなってしまい、

国産車は高くても15万円程度で済みますが

外車の場合、黙っていると50万円以上の修理項目を出されます。

 

Sponsored Links

 


外車の修理代やメンテナンス代を安くする方法!

ここまで外車の維持費を国産車と比較して

どのくらい維持費が高いのかお話しさせていただきましたが

ここではそんな外車の維持費で高いとされる

修理代やメンテナンス代を安くする方法

お教えしたいと思います。

 

外車の修理代やメンテナンス代を安くする方法1


参照元URL:http://www.kjs-at.com/

まずは車検時の費用をお安くする方法ですが

ユーザー車検を利用するのが一番お安く済みます。

 

ユーザー車検とはユーザー自らが陸運支局等に

車を持ち込んで継続検査(車検)を受けること

一昔前では継続検査はディーラーや修理工場に任せて

行うのが一般的でした。

 

しかし節約のためガイドブックなどが出るようになり

ユーザーが自ら継続検査を簡単に行えるようになり

規制緩和の流れも追い風となって

車検場側の受け入れ態勢も整備されたことから、

受検手段の一つとして定着することになっています。

 

素人の方には少し難しいかもしれませんが

車検基準など調べれば出てきますし

自分で整備を多少すれば簡単に車検に受かることも可能なので

外車ユーザーで維持費にお困りの方は

是非覚えていただきたいです。

 

 

外車の修理代やメンテナンス代を安くする方法2


参照元URL:http://erforsche.seesaa.net/

外車の維持費として修理する際に

部品代が高くなってしまうことが多いです。

 

そんな外車の修理代を安くするためには

部品は自分で取り寄せるか中古部品を使いましょう。

 

今では外車の部品もオークション解体屋さんに頼むと

いくらでも用意することができます。

 

特にベンツやBMWなど

大変人気な外車はその分廃車などになっていることも多いため

部品の流通が多くなっていますので

故障した場合は車屋さんで

どんな部品が必要か教えてもらい、

解体屋さんやオークションで部品を見つけましょう。

 

ディーラーではなく民間の整備工場では

中古品の注文も行なってくれるところもあるので

修理の際は中古部品でお願いしますと伝えましょう。

 

 

外車の修理代やメンテナンス代を安くする方法3


参照元URL:http://www.goo-net.com/

外車のメンテナンス代を安くする方法として

日々のメンテナンスはディーラーではなく

町の外車を扱える車屋さんに頼みましょう。

 

今では外車の流通も多くなり

技術てきにも普通の整備士であれば

外車の日頃のメンテナンスくらい簡単にできてしまいます。

 

またカーショップにいけば

外車用のオイルフィルターはバルブなども

簡単手に入りディーラーに

お願いしなくても整備できる時代になっています。

 

まず外車の整備をしてくれるところを

見つけるのが難しい方も

いるかもしれませんが町の整備工場にもっていけば

割とあっさり見てくれますよ。

 

なので心配せずに日々の簡単な整備は

ディーラーにお願いしないことがメンテナンス代を安くできる方法です。

 

Sponsored Links

 


外車の購入を考えている方におすすめなグッズをご紹介!

外車の維持費を安くするために大事な

修理代やメンテナンス代を安くする方法を

ご紹介させていただきましたが

今回はそんな外車の購入を考えている方に

おすすめなアイテムをご紹介したいと思います。

 

外車の購入を考えている方におすすめなグッズ1

輸入車タイヤ交換用ガイドバーです。

 

ヨーロッパ車のタイヤ取付構造は

国産車とは異なりハブ側がメスネジとなっているため、

ホイールをハブボルトに引っ掛けることができないので

重たいタイヤを持ち上げながらのボルト締付作業になります。

 

そんな時にこの『タイヤ交換用ガイドバー』があれば、

国産車と同じように誰でも簡単にタイヤを着脱することができます。

 

ホイールボルトタイプは全部で3種類で

適合メーカーはベンツ・BMW・アウディなど

輸入車のほぼ全般に使用できるので

是非外車の購入を検討している方に

おすすめしたい商品です。

 

 

外車の購入を考えている方におすすめなグッズ2

キャッチキャディ(収納ポケット)です。
 

個人的な意見ですが

外車は国産車ほどインテリアにこだわりが

あまりないようにも思えます。

 

特に収納の面で国産車ほど

備わっているものは少なく、

そんなときにこの収納アイテムがあれば

シートの隙間を活用して

CDや日用品などが収納できます。

 

外車に乗られる方で収納に満足ない方には

是非おすすめしたい商品です。

 

 

外車の購入を考えている方におすすめなグッズ3

アーシングキットです。

 

車はエンジンで駆動しながら

発電した電気によって様々な機能を維持しておりますが

100パーセント効果を発揮しているわけではありません。

 

こちらのアーシングキットは純正の状態よりも

アースを増やすことで車自体が安定して

燃費の向上につながります。

 

外車を購入する時に維持費が気になる方は

まずこのような燃費がアップするグッズを

取り付けて見てはいかがでしょうか?

 

この記事を読まれた方は、

こちらの記事も参考にしてみてください。

<関連記事>

外車のSUVのランキング!人気があるのはハイブリッドやアメ車?

スポーツカーのランキング(外車)!人気のあるスポーツカーは?

外車の人気ランキング!SUVやミニバンで人気な外車をご紹介!

ランボルギーニの維持費!故障時の修理代やメンテナンス代を安くするには?

フェラーリの維持費!故障時の修理代やメンテナンス代を安くするには?

車の人気ランキング!男性から2017年に人気な車種をご紹介!

車の修理代を安くする方法!値引きや割引、サービスを受けるには?

 

いかがでしたか?

 

今回は外車の購入を検討している方のために

外車の維持費を国産車と比較したり

修理代やメンテナンス代の維持費を

安くする方法をお話しさせていただきましたが

参考になりましたでしょうか?

 

憧れの外車は買った後も

維持費など問題が盛りだくさんです。

 

そんな悩みが少しでも解消されれば幸いです。

 

以上今回は外車の維持費!故障時の修理代やメンテナンス代を安くするには?の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑