*

車の窓が閉まらない時の原因や対処方法、応急処置や修理代は?

大好きな愛車でドライブ中に

窓を開ける時は何も異常がなかったのに

いざ目的地に着き、窓を閉める時に

全くスイッチが反応しなくて

車の窓が閉まらなかったり

なぜか窓の閉まり方がカタカタして

しっかり車の窓が閉まらない

なんて経験がある方はいませんか?

 

現在の車ではほとんどがパワーウィンドウ

パワーウィンドウはモーターの力と

レギュレータのワイヤーで上下に動かす仕組みになっており、

その操作は運転席と各座席にあるスイッチで

車の窓を開け閉めします。

 

いきなりスイッチが効かなくなったり、

窓が閉まらなくなるとなんで?

なんて焦ってしまいます。

 

そこで今回は車の窓が閉まらない時原因や対処方法応急処置や修理代

どのくらいかかるのかを書いていきたいと思います。

Sponsored Links

 


車の窓が閉まらない時の原因は?

車の窓が閉まらない時の原因は

スイッチモーターレギュレータのどれかに不具合が

生じた時に起こるものとされており

基本的には電気系統のトラブルであることが多いとされています。

 

この電気系統系のトラブルを

詳しく書いていきたいと思います。

 

車の窓が閉まらない時はスイッチの不具合が原因


参照元URL:http://driving-gogo.blog.so-net.ne.jp/

スイッチの不具合が原因で窓が閉まらない時

考えられるのはスイッチの内部の部品が折れていたり、

その折れた部品が中で詰まり、スイッチがうまく操作しない場合が多いです。

 

車種によってスイッチの内部の素材が

元々、脆いものもあるそうですが

大抵の場合は経年の使用による部品が摩耗し

劣化したものが折れて中に詰まってしまうのが原因とされています。

 

また車の窓を開けきっているのに

ずっと窓のスイッチを押し続けたり

カチカチといじってしまうと破損して中の部分が折れてしまいます。

 

 

車の窓が閉まらない時はパワーウィンドウのレギュレーターの故障


参照元URL:http://www.autofine.com/

パワーウインドウレギュレータは、

ドアの内張りの中にある装置で、

アーム式とワイヤー式があり、

アーム式は開け閉めの時に異音を感じたり、

窓ガラスが斜めに上下したりする場合があり、

ひどいと操作時に異音が生じるようになります。

 

ワイヤー式は、アーム式のように異音などの予告現象はなく、

ワイヤーが切れると突然動作しなくなり

どちらもレギュレータの摩耗や劣化が原因で起こる故障だと言えます。

 

Sponsored Links

 

車の窓が閉まらない時はパワーウインドウのモーターの故障


参照元URL:http://blog.goo.ne.jp/

レギュレータの動作が鈍くなるとモーターにも負荷がかかり、

モーターが劣化してくると、

車の窓のワイヤーを巻き上げる力やアームを動かす力がなくなってしまい、

その後パワーウインドウが動かなくなることが多いです。

 

また、モーター自体の摩耗や劣化などによる寿命なども原因の一つです。

 

 

車の窓が閉まらない時はパワーウインドウの初期設定がをしてないのが原因


参照元URL:http://autozoo.command-a.jp/

スイッチを押して窓の開け閉めの動作は

できるのにAUTOにした時だけ反応しない事

後部座席や運転席以外が反応せず

車の窓が閉まらないという場合もあるかもしれません。

 

こんな時はバッテリーの交換などによって

パワーウインドウの設定初期化されてしまう場合があり

この場合は再度設定し直す事で反応するようになることがあります。

 

設定方法は車種によって異なり、

初期設定の方法は取扱説明書に記載がなされているので

修理に出す前に一度試してみましょう。

 

Sponsored Links

 


車の窓が閉まらない時の対処方法や応急処置は?


参照元URL:http://minkara.carview.co.jp/

まずは窓を閉めるパワーウィンドウスイッチの動作確認をしてみて

スイッチがグラグラしていたり、

押せなかったりした場合は、

スイッチの不具合である確率が高いのでスイッチが

いつもと違う反応をするかを確認しましょう。

 

また最近の車はチャイルドロックが付いているので、

お子様などが知らない間に押してしまったりすると、

スイッチが動かない場合もあり

意外と良くあるケースなのでチャイルドロックのチェックも

忘れずにしましょう。

 

スイッチに問題がない場合は、

ウインドウレギュレータモーターの不具合が考えられます。

 

取扱説明書を見て、ドアの内張りを剥がし、

レギュレータの劣化やモーターの故障なども考えられますので

自分で確認できる方はそちらも確認してみてください。

 

自分で見てもわからない方は、

ディーラーやカーショップに行き、

プロの人に見てもらうのが一番だと思います。

 

車の窓が閉まらない時

急な事が多いと思いますが手持ちがなくても

見積もりだけで相談に乗ってもらう事ができると思うので

下手にいじるのが怖い方や自信のない方は

車のプロに見てもらいましょう。

 

車の窓が閉まらない時応急処置としては

車の窓を手動で持ち上げ、

ガムテープなどを貼って応急処置をしましょう。

 

ただしこれは車の窓が閉まらない時の一時しのぎでしかないので必ず

車の修理のプロの方に見てもらい修理はきちんとしましょう。

 

 


車の窓が閉まらない時の修理代は?


参照元URL:http://minkara.carview.co.jp/

車の窓が閉まらないとき

応急処置や原因がわかったものの修理をするのは難しく、

これは車のプロの方に

頼まないと修理できない場合がございます。

 

そこで気になるのが修理費用ですが

車種によって差がありますが

スイッチパネルの交換などで5000円程度

レギュレータの交換15,000円程度

モーターの交換10,000円~30,000円前後かかると

言われており、総取替えで30,000円~40,000円程度

予算と考えていれば元どおり修理できると考えておきましょう。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車のエアコンが効かない原因は?クーラーの修理費用は高いの?

マフラーを修理する方法は?車のマフラーを自分で修理する方必見です!

車のバッテリーを交換する時期や方法、工具のご紹介!

車でおかまを掘られた時の対処方法!事故にあった時は何をすべき?

 

いかがでしたでしょうか?

 

車の窓が閉まらない時

焦ってしまったり、夏ですと

突然の雨をしのげなくなってしまい大変なことになってしまいます。

 

そこである程度の知識を身につけ

車屋さんに出さなくても

車の窓が閉まらなくなった時対処法や応急処置、

修理方法がわかれば突然の事態にも

対応でき修理費用も抑えられるので

この記事を参考にして見てください。

 

車の窓が閉まらなくなる時

突然起こることが多いので

焦らずに、その場で用意できる最低限のもので応急処置し

必ず修理をしましょう。

 

以上今回は『車の窓が閉まらない時の原因や対処方法、応急処置や修理代は?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑