*

デフオイルの交換の時期や方法のご紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/07/21 メンテナンス

回転差を機械的に調整する機構であるデファレンシャル

 

そんなデファレンシャルでは、

デフオイルの交換について、

悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

デフオイルの交換の時期や、

交換する方法をご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 


デフオイルの交換の時期は?

デフオイル 交換 方法 道具
参照元URL:http://bbs44.meiwasuisan.com/
デフオイルはあまり交換しなければいけないと聞くことがないので、

実際の交換時期について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

デフオイルというのは時間とともに酸化してきますので、

期間的にはと言われております。

 

また走行距離の目安で言うと20000kが、

交換時期の目安となっています。

 

走行距離が少ないという場合でも、

2年の時期が経っている場合には、

上記の目安ではなく交換しておきましょう。

 

時期キロ数とはいえ、

マメに交換するに越した事はありませんので、

中古車を購入した場合には、

交換しておくことをおすすめします。

 

 


デフオイルを交換する時に必要な道具は?

デフオイルの交換に便利な道具はたくさん市販されていますが、

こちらでは必要不可欠な道具のみを

ご紹介してきたいと思います。

 

●デフオイルを交換するにはデフオイルを!

 

最初はデフオイルの交換に、

これが無ければ始まらないというデフオイル

 

上記のデフオイルは、

トヨタ車全般に合うオイルとなっておりますので、

他メーカーの車に乗っている方は、

その車にあったデフオイルをおすすめします

 

基本的には自動車メーカーが出している

純正のデフオイルを使いましょう。

 

 

●デフオイルを交換するにはヘキサゴンレンチを!

 

デフオイルを交換する際には、

ドレン注入プラグ回す際に、

ヘキサゴンレンチが必要になってきます。

 

車種によってプラグの大きさが違い、

レンチがプラグにあっていない状態で無理に回すと、

プラグの破損思わぬ事故にもつながりますので、

そのプラグにあった大きさのレンチを使いましょう。

 

 

●デフオイルを交換するにはサクションガンを!

 

デフオイルの注入は少し、

注入しにくに位置にある為、

どうしても狭いところに注入できる道具が必要になってきます。

 

こちらはオイル缶からのオイルを吸い込み

デフへの注入を行えるサクションガンです。

 

デフオイルはエンジンオイルのように、

何リッターも入るわけではないので、

この容量がちょうど良くおすすめです。

 

 

●デフオイルを交換するにはオイルトレイを!

 

古いデフオイルを抜き取る際には

どうしても下に垂れてしまうため、

排デフオイルを受け取るオイルトレイ道具が必要になってきます。

 

上記のオイルトレイは、

高さが薄めに設計されており、

狭い場所にもなんなく入ってくれるんです。

 

デフオイルだけでなく、

エンジンオイルブレーキオイルを受ける際にも、

使うことができますので、

是非、お手元においていただきたい道具となっております。

 

 

●デフオイルを交換するには油圧ジャッキを!


デフオイルを交換するには、

 

車の下に入るため

やはり車を若干、上げなければなりません。

 

パンタグラフジャッキを2丁などという方法では少し不安ですので、

上記の様な油圧ジャッキを使用しましょう。

 

上記の油圧ジャッキは、

とてもリーズナブルな金額ですので、

趣味、程度に車のメンテナンスをする方には、

もってこいな道具となっております。

 

 


デフオイルを交換する方法のご紹介!

さて、デフオイルを交換する道具が揃ったところで、

こちらではデフオイルの交換方法について、

ご紹介していきたいと思います。

 

怠ると大変危険注意事項もありますので、

気をつけて作業を行ってくださいね。

 

デフオイルを交換する方法①

デフオイル 交換 方法 道具、3
参照元URL:http://j.people.com.cn/
まずデフオイルを交換する際には、

デフオイルを温めておきましょう。

 

デフオイルはエンジンオイルと違って、

粘度が高く低温では硬く抜けにくいという問題があるためなんです。

 

寒い時期気温が低いので、

デフオイルも冷えていてなかなか抜け辛く、

温める方法と言っても、

ただ暖気運転しているだけではデフが稼動していないので温まりません。

 

10分程度走行した後に、

デフオイル抜く方法をとりましょう。

 

 

デフオイルを交換する方法②

デフオイル 交換 方法 道具、1
参照元URL:http://www.geocities.jp/
デフオイルを温めた後は

ジャッキアップを行いましょう。

 

ジャッキといえばオイル交換以外にも、

春や夏のタイヤ交換にも大活躍ですので、

所有している方も多いと思います。

 

デフオイルの交換を自宅で交換する際は、

ある程度の車と地面とのスペースがないと、

この先の作業がし辛く支障をきたしますので、

大袈裟ぐらいにスペースをとって作業することをおすすめします。

 

また自分が作業しやすい高さまでジャッキアップしたら、

その後はリジットラックと呼ばれる台に車体を乗せて、

車を安定させましょう。

 

ジャッキのみでこの作業を行っていると、

何らかの拍子に車が動き出し、

交換中の人が下敷きに、ということも考えられます。

 

リジットラックスが無いという人は、

車のホイール付きのタイヤを、

ジャッキアップした車体の高さ近くまで重ねて

万が一車体が下がってきても身を守ってくれるようにするべきです。

 

ここでジャッキ用意できないという人は、

スロープ代わりの幅の広い角材などを順番に並べて、

好みの高さになったら輪止めをして車体をあげましょう。

 

ジャッキを使うにしろ、スロープを使うにしろ、

車が動き出して、死亡事故に繋がるケースが多々ありますので、

輪止めは必ず使用しましょう

 

Sponsored Link

 

デフオイルを交換する方法③

デフオイル 交換 方法 道具、2
参照元URL:http://www.geocities.jp/
ここでデフオイルを抜く作業に入りますが、

注意点があるんです。

 

このような時期しか見ることの無く、

普段緩める機会が無い

デフのオイル注入プラグドレンプラグですが、

緩むと困るものですので、

かなりきつく締めてあるはずです

 

となると、短い六角レンチを使った方法では、

なかなか緩まないんです

 

ここで短いパイプなどで、

六角レンチの取っ手を延長して、

極力は無駄な力を使わずに回しましょう。

 

そしてもう一つ注意点があり、

ドレンプラグよりも上にある、

オイル注入用のプラグを緩める方法をとりましょう。

 

ドレンプラグがはずれたが、

注入用プラグが緩まないことや、

六角の穴がなめてしまう、という場合も想定されます。

 

先にドレンプラグをはずし、

デフオイルが空になったとすると、

オイルを注入したくても、

下の穴からではオイルを入れることは不可能なのです

 

しかもデフオイル注入用のプラグは、

オイルレベル役割もしてますので、

どれほどのオイルが中に入ったのかがわかりませんよね。

 

こんな不測の事態に備えて、

必ずオイル注入用である、

上のプラグからはずす方法を心がけましょう。

 

次にドレンプラグをはずすわけですが、

まずオイルトレイを下に用意しておきましょう。

 

準備が出来たところでオイルを抜くんですが、

新品とは明らかに違う色のオイルが流れ出てきますので、

この汚れを実感できるはずです。

 

 

デフオイルを交換する方法④

デフオイル 交換 方法 道具、4
参照元URL:http://stat.ameba.jp/
オイルが抜けきったところで、

続いてはデフオイルの注入です。

 

まずはドレンプラグが完璧に締まっていることを

確認しましょう。

 

デフオイルの注入の際のポイントですが、

に入ったまま熱めのお湯で温めておくと、

オイルが軟らかくなりますので楽に注入の作業ができるんです。

 

時期的な問題もありますが、

オイルを抜く際にデフ自体を温めてから抜きましたので、

その逆の手順です。

 

オイルの注入方法では

上記でご紹介したサクションガン使うと便利ですよ。

 

サクションガンがお手元にないと言う方は、

ホームセンターや楽天などのネット通販で売られている、

油差しを使うと便利です。

 

この方法は容量は様々ですが、

500mlのものを使えば、

1ℓ弱のオイルはほぼ二回で済みます。

 

スペース的に狭いという場合は、

小さな200ml5回に分けて、

注入するという方法で工夫してみてはいかがでしょうか?

 

車種によってもデフオイルの容量は違いますが、

規定量1ℓの場合、

800ml当たりからゆっくり注入していきましょう。

 

あまり勢いを付けすぎると、

注入口から無駄にデフオイルが流れて、

その流れが止まるまで待つ羽目になります。

 

注入口からオイルが若干逆流してきたところで、

1度オイル補充を止め

デファレンシャルの内部にオイルを循環させて、

規定量のオイルを入れましょう

 

車体がジャッキアップされている場合は、

左右交互にタイヤを回しますが、

スロープを使った交換方法の際は、

オイルが自然と循環するまで待ちましょう。

 

そして最後に少し多めのオイルを注入し、

その垂れが収まったら注入プラグを締めて完了です。

 

以上この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

タイヤの事故を未然に防ぐ点検の方法をご紹介!

高速道路ではタイヤに注意!タイヤの点検するべき項目のご紹介!

ワイパーを交換する時期は?自分で見分ける方法のご紹介!

車を洗車する方法のご紹介!黒の車や新車でも傷をつけにくい方法は?

 

いかがだったでしょうか?

 

デフオイルの交換は難しい様に見え意外と簡単です。

 

今年はデフオイルをご自分で交換し、

快適なドライブを楽しんではいかがでしょうか?

Sponsored Link

関連記事

スクリーンショット 2015-12-09 16.42.42

車がタバコ臭い時は消臭グッズを!おすすめや効果があるグッズは?

車の中の臭いといっても、 エアコンの臭いから人の体臭など様々なものがありますが、 中でも

記事を読む

タイヤ 保管 方法 サービス 

タイヤの保管方法は?サービスの料金は?カバーやラックがおすすめ?

車にとって、とても重要であるタイヤ。   そんなタイヤは、 季節によって

記事を読む

鼻をつまんでいる女性

車のエアコンの臭い原因は?様々な対策やグッズのご紹介!

冬から春、春から夏と季節の変わり目になって、 外気が暖かくなってくると、 密閉されている

記事を読む

DSCF0360s

洗車機は傷がつくの?おすすめな車の洗車機やグッズは?

車は乗っていれば汚れてしまうので、 定期的に洗車をしなければいけませんよね。  

記事を読む

i320

車の傷を修理する方法は?自分で修理する方必見です!

車の運転をしていて、ひやりとする瞬間は、 初心者でもベテランでもあることですが、 その中

記事を読む

車 スパークプラグ 交換 時期 方法、11

車のプラグを交換する時期や、交換する方法のご紹介!

車のパーツの中で消耗品といえば、 タイヤやヘッドライトのバルブ、 オイルのフィルターなど

記事を読む

tools

車のDIYで使う工具は?おすすめはセット?内装に使う工具は?

自分の車を自分で楽しみながらカスタムできるDIY。   最近では工具も手に入り

記事を読む

DSCF1515

飛び石によるフロントガラスの傷を修理する方法のご紹介!

車でのドライブ中に、 フロントガラス付近から『パチッ』というとてつもない音で、 突如ガラ

記事を読む

The Ferrari's roommate in the garage was a 1956 Maserati A6G Gran Sport Frua.

車を長期保管!保管方法や保管場所は?タイヤやバッテリーは?

車を保管する際に、 長期保管を余技無くされる場合がありますが、 エンジンを止めてカギを締

記事を読む

PK202

車のワックスのおすすめは?人気のワックスをランキングでご紹介!

みなさんは車の洗車後のお手入れとして、 何かされていることはありますか?  

記事を読む

000cf1bdd02211ca55dd38
自然渋滞の原因は?遅い車や上り坂、信号が原因?ハマってしまった時は?

連休などみんなが車で出掛ける時期は、 ある程度の渋滞があると覚悟

スクリーンショット 2016-08-15 23.13.19
車の芳香剤のおすすめは?エアースペンサーや香りが強いのが人気?

車はオープンカーでなければ、 閉ざされたプライベート空間ですよね

img3322_DSC_0915
牽引の車種!ジェットスキーやスノボーにおすすめなのは?

お休みの日はどんなことをして過ごしていますか?  

飲酒検問 回避 場所
飲酒検問を回避するには?場所の情報や飲酒運転の罰則、罰金は?

毎年、忘年会や歓送迎会のシーズンの週末になると、 あちこちで飲酒

オービス 種類 光り方 違反 
オービスの種類や光り方とは?違反になる速度や罰金、通知はいつ?

道路でスピード違反を取り締まる装置といえばオービスですよね。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑