*

洗車機は傷がつくの?おすすめな車の洗車機やグッズは?

公開日: : メンテナンス

車は乗っていれば汚れてしまうので、

定期的に洗車をしなければいけませんよね。

 

洗車はこだわり手洗い派とお手軽な洗車機派がいらっしゃると思います。

 

週末ともなれば洗車機に、

お出かけ前の洗車待ちの列ができているのを見かけたり、

お庭やガソリンスタンドで自ら洗車されている方を見かけることもありますよね。

 

それぞれ、メリット・デメリットがあるわけですが、

気になるのは洗車機を使うと車に傷がつくという話があるんです。

 

多くの人が利用している洗車機ですが、

本当に洗車機を通すと傷がついてしまうのでしょうか

 

今回は車の洗車機について詳しくご紹介していきたいと思いますので、

是非、参考にしてみて下さい。

Sponsored Link

 


洗車機って車に傷がつくの?

●昔の洗車機は車に傷がついた!

洗車機 車 傷 おすすめ
参照元URL:http://www.beuty106.co.jp/

洗車機で車に傷がつく理由として、

実は洗車機のブラシの素材に原因があるんです。

 

ブラシの素材は、

ナイロン、スポンジ、柔らかい布などがあります。

 

このうち、ナイロン素材は固めなので、

回転しながら洗浄している時に、

車の表面を傷つけてしまうんです。

 

昔の洗車機のほとんどが、

ナイロン素材のブラシを採用していたため、

洗車機=車に傷がつくということになったようです。

 

現在は、ナイロン以外のブラシもあるので、

車の傷を気にされる方は、

柔らかい素材のブラシがおすすめですよ。

 

 

●自分の前に洗車機を使った車の状態によって傷がつく!

洗車機 車 傷 おすすめ1
参照元URL:http://livedoor.blogimg.jp/

洗車機で車に傷がつくのは、

他の利用者の車の汚れが原因になる場合もあるんです。

 

ブラシタイプの洗車機は、

洗剤や水とともにブラシが回転しながら汚れを落としていきます

 

ですので、あまりに汚れがひどいと、

ブラシについたなどが完全に落ちずに残ってしまうことがあるんです。

 

どんなに傷つきにくい素材のブラシであっても、

堅いものが付着していれば車に傷をつけてしまいますよね。

 

これは、自分の車の汚れがひどい場合も同じなので、

傷が気になる方は洗車機に通す前に高圧洗浄機をおすすめします

 

 

●洗車機を使う季節によって傷がつくこともある!

洗車機 車 傷 おすすめ2
参照元URL:http://hakodate-carwash.north-vehicle.com/

寒い季節に洗車をするのって億劫ですよね。

 

そんな時こそ洗車機を使いたいところですが、

寒い時に洗車機を使うと車に傷がつくこともあるんです。

 

これは、寒冷地に限定されるかと思いますが、

水も凍るような寒い日は、

洗浄ブラシも凍ってしまうんです。

 

見るからに氷の塊のようになっていなくても、

氷がついていたり、

ブラシが固まって堅くなっていたりするので、

傷の原因になることもあります。

 

そんな傷をつけたくな方は、

早朝や夜遅い時間帯は避けて、

できるだけ暖かい時間の方がおすすめですよ。

 

 


傷をつけないおすすめな車の洗車機は?

最近では傷つきにくい工夫をしてある洗車機が増えていますので、

下記では、どんな洗車機がおすすめなのかチェックいきましょう。

 

●スポンジブラシや柔らかい布ブラシの洗車機おすすめ!

洗車機 車 傷 おすすめ3
参照元URL:http://blog-imgs-11-origin.fc2.com/

まずおすすめしたいのは、

スポンジや柔らかい布ブラシの洗浄機です。

 

柔らかい素材の洗車機なら、

回転しながら洗っても、

大事な車を傷つけることは少なくなるからんです。

 

おすすめしているスポンジや布ブラシの洗車機は、

セルフのガソリンスタンドをはじめ、

多くの場所で採用されているので見つけやすいですよね。

 

ただし、おすすめの洗車機であっても、

ブラシになど堅い汚れがついては傷を防げませんので、

愛車の汚れがひどい時には事前の水洗いを忘れないでくださいね。

 

 

●非接触型ノンブラシ洗車機がおすすめ!

洗車機 車 傷 おすすめ4
参照元URL:http://mycar-diary.blog.so-net.ne.jp

次におすすめしたいのは、

非接触型ノンブラシ洗車機です。

 

こちらは名前のとおりブラシを使わないので、

こすり洗いをしないため車に傷つける心配がないんです。

 

洗い方としては高圧洗浄なので、

ブラシを使った洗車機と比べると、

汚れの落ちはいまひとつといったところでしょうか。

 

汚れの落ちを重視するならブラシを使った洗車機をおすすめしますが、

洗車機だとどうしても不安という方には、

ノンブラシ洗車機がおすすめです。

 

洗車後にタオルなどでふき取り作業をしてあげること、

たまには洗いすることが大切ですよ。

 

 

●水や泡がたくさん出る洗車機がおすすめ!

洗車機 車 傷 おすすめ5
参照元URL:http://unseki.co.jp/

最後におすすめしたいのは、

水や泡がたくさん出る洗車機です。

 

というのも水や泡がたくさん出ることで、

れを浮かせてしっかり優しく洗い流すことができるので、

傷がつきにくいからなんです。

 

おすすめ素材のブラシと、

水や泡がたくさん出る洗浄機なら安心感もupしますよね。

 

Sponsored Link

 


車を洗車機に通す時におすすめなグッズは?

ここまで洗車機についてのお話しでしたが、

こちらではおすすめなグッズについてお話ししますね。

 

洗車機に通す時は手ぶらでもかまいませんが、

持って行きたいおすすめなグッズをご紹介いたしますので、

是非、参考にしてみて下さい。

 

車を洗車機に通す時はボディタオルを!

おすすめグッズ一つ目はボディタオルです。

 

洗浄機に通した後は、

車に水滴が残っているので必ず拭き取り作業があります。

 

拭き取り用にタオルを置いてあるところもありますが、

運悪くなかったり、

タオルの素材によっては何度も拭いて、

絞ってを繰り返すこともありますね。

 

そんな手間を省くためにも、

自分専用に拭き取り用タオルを持って行くのがおすすめなんです。

 

素材は吸水性の良い上記のイクロファイバーがおすすめで、

傷が付きにくい柔らかい素材が特長的です。

 

 

車を洗車機に通す時は水切りワイパーを!

次のおすすめグッズは水切りワイパーなんです。

 

こちらも備え付けが用意されているのですが、

数が少ないため順番待ちになってしまうので、

自分で持って行く方がおすすめなんです。

 

お出かけ前の洗車なら、早く終わらせたいですよね。

 

水切りワイパーを使うことで、

水滴のふき取り作業の時間短縮になるので、

お急ぎの中、洗車機を良く使う方には、

ぜひ、おすすめですよ。

 

 

車を洗車機に通す時はガラスコーティング剤を!

最後におすすめするグッズはガラスコーティング剤なんです。

 

洗車後にガラスコーティングをしておくと、

水を弾き汚れの付着を防いでくれるのでおすすめなんです。

 

洗車後のひと手間が、

その後のケアを楽にしてくれますので、

面倒くさがりの方でも、一度はお試しくださいね。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車の傷を修理する方法は?自分で修理する方必見です!

車の傷消しにおすすめなコンパウンドやペン、スプレーのご紹介!

ホイールのガリ傷を修理する方法は?自分で修理する方必見です!

飛び石によるフロントガラスの傷を修理する方法のご紹介!

洗車の用品は?おすすめな洗車の用品をご紹介!

車を洗車する方法のご紹介!黒の車や新車でも傷をつけにくい方法は?

車内の掃除におすすめのグッズは?クリーニング業者いらずのグッズは?

 

さて、おすすめの洗車機におすすめグッズを紹介しましたが、

洗車機に対するイメージは変わったでしょうか。

 

大切な車なので、

傷つけることなくケアしていきたいですよね。

 

かといって、車のケアが負担になりすぎては困るので、

上手に洗車機やグッズを利用してみて下さいね。

 

以上今回は『洗車機は傷がつくの?おすすめな車の洗車機やグッズは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連記事

パンクした時に交換するべき車のタイヤの見分け方をご紹介!

自動車を運転している時は気にしないけれども、 一度起こると、とても困るのがパンクです。

記事を読む

洗車の時に水垢を落とすグッズは?おすすめはシャンプー系?

せっかく洗車をしたのに、 気づいたら車にウロコ状の水垢がついてるのを見つけた時って, と

記事を読む

車内の掃除におすすめのグッズは?クリーニング業者いらずのグッズは?

車内はやはり綺麗に越したことはないですが、 クリーニング業者にお願いするとなると、 高額

記事を読む

車載するべき工具のおすすめは?車をDIYで修理する方は必見!

車をDIYで修理するとなると、 少なからず工具が必要となってきますが、 不測の事態などの

記事を読む

車のエンジンオイルを交換する時期や交換する方法のご紹介!

車には欠かせないパーツでもあるエンジン。   そんなエンジンは、 いくつ

記事を読む

車の冬の対策!トラブル回避のためのメンテナンスする点は?

短い秋が終わると、たちまちやってくるのが冬の季節。   そんな冬の季節の車は、

記事を読む

車を長期保管!保管方法や保管場所は?タイヤやバッテリーは?

車を保管する際に、 長期保管を余技無くされる場合がありますが、 エンジンを止めてカギを締

記事を読む

ホイールのガリ傷を修理する方法は?自分で修理する方必見です!

車をカスタムしていくにつれて、 ボディに純正パーツ以外の物が追加されていきますが、 様々

記事を読む

秋の車の情報!トラブル回避のためのメンテナンスする点は?

ついついドライブに行きたくなってしまう秋。   そんな秋の時期を走る車は、

記事を読む

車のフロアマットの洗い方やおすすめのフロアマットをご紹介!

車の足元を汚れや水分から守ってくれるフロアマット。   土足厳禁を励行している

記事を読む

高齢者マーク(もみじマーク)は何歳から?つける位置や義務違反の罰則は?

免許を取って、 すぐの方が車の後方に貼る事を義務付けられている初

輸入車のSUVの人気は?2016年の人気ランキングをご紹介!

車好きの方もそうでない方にも輸入車の人気は高いですよね。 &nb

車のゴミ箱のおすすめは?高級やおしゃれでかわいいデザインが人気?

車の中は外からも見えるとはいえ隔離されているので、 車の中で何か

初心者マークの期間は?車につける位置や理由、義務違反の罰則はあるの?

車の免許を取ると、 免許証と一緒に初心者マークをもらいますよね。

自然渋滞の原因は?遅い車や上り坂、信号が原因?ハマってしまった時は?

連休などみんなが車で出掛ける時期は、 ある程度の渋滞があると覚悟

→もっと見る

PAGE TOP ↑