*

ネジがなめた時の外し方や直し方の対処法は?おすすめな工具は?

車のメンテナンスをしていく上で、

ネジをなめたというのは、

誰もが経験する失敗の一つではないでしょうか。

 

しかしネジがなめた時は、

外し方や直し方を覚えておくことで、

案外簡単に対処できるんです

 

そこで今回は、

ネジの頭がなめた場合の外し方や、

ネジがなめた時の直し方

ネジがなめた時に使う工具をご紹介して参りますので、

是非、参考にしていただきたいと思います。

Sponsored Links

 


ネジの頭がなめた時の外し方は?

こちらではネジの頭がなめた場合の外し方の対処法

分かりやすくご紹介します。

 

作業途中で困った経験をお持ちの方や、

今まさにつまづいている方は、

是非、参考にしてみてください。

 

●ネジの頭がなめた時の外し方1



参照元URL:https://youtu.be/Ktt5_9O2Mkc

最初にご紹介するのは、

ネジの頭であるプラス部分がなめた場合で、

市販の電動ドライバーのビットを使用した外し方になります。

 

ネジの頭がなめた場合は、

そのまま続けても良くなるということはありませんので、

こちらの動画の外し方を参考にして対処してみてください。

 

 

●ネジの頭がなめた時の外し方2



参照元URL:https://youtu.be/MwHXpdW5Ctc

続いてのご紹介は、

六角の穴やプラスのネジをなめた場合の、

逆タップという工具を使用した外し方になります。

 

少々、工具が必要となりますが、

こちらは車の整備工場などでも使用されている、

対処法ともなりますので、

どんな外し方でも対処できない場合には、

試していただきたい外し方となります。

 

 

●ネジの頭がなめた時の外し方3



参照元URL:https://youtu.be/CtBrEuIk9A8

こちらの対処法は、

ポンチを使用した少々強引な外し方にはなります。

 

ネジの頭をなめた際には、

手持ちの工具が少なくても済むことで、

昔から取り入れられている方法となりますので、

ネジの外し方では覚えていて損はない対処法となります。

 

 


ネジがなめた時の直し方は?

ここからはネジをなめた時の直し方のご紹介になりますが、

一口にネジと言っても、

雄ネジや雌ネジというように、

2種類が分かれておりますので、

それぞれの直し方について、

詳しくご紹介していきたいと思います。

 

●雄ネジがなめた時の直し方は?



参照元URL:https://youtu.be/WwH4QgD2EeI

最初にご紹介するのは、

雄ネジの部分、つまりドライバーなどで、

回す側の部分をなめた場合の直し方なります。

 

初心者の方でも比較的簡単に行うことができますので、

使えるものは無駄にしないためにも、

是非、参考にしていただきたいと思います。

 

 

●雌ネジがなめた時の直し方は?



参照元URL:https://youtu.be/Gd0SgXqdPj8

続いてのご紹介は、

雄ネジを受ける部分となる、

雌ネジをなめた場合の直し方になります。

 

雌ネジに関しましても、

なめたままにしておいても解決には至らないどころか、

重要な部分ともなるとネジがあると無いのとでは、

大きく変わってきますので、

なめた部分を蘇らせるためにも、

是非、参考にしていただきたいと思います。

 

Sponsored Links

 


ネジをなめた時に使う工具は?

こちらでは、

ネジをなめた時にあると便利な工具を、

ご紹介して参りますので、

ネジをよくなめてしまう方は、

是非、参考にしていただければと思います。

 

ネジがなめた時はネジザウルスの工具を!

まず最初にご紹介する工具は、

ネジの頭をなめた場合に、

ペンチ状の工具で簡単に取り外せるネジザウルスです。

 

DIYや車のカスタムをしていて、

ドライバーのサイズの選択ミスやネジの老朽化などによって、

ネジのプラス部分をなめたり欠けたりすることは、

意外と多いことでしょう。

 

専門的な工具がある場合はいいのですが、

外し方が困難で諦めてしまう方もいると思います。

 

そこでおすすめとなるのが、

こちらのネジザウルスで、

頭がなめたネジでも、挟んで回すだけで、

簡単に取り外すことができるんです。

 

外し方に使用する以外にも、

ペンチのような役割も兼ねておりますので、

一つ家庭にあればたくさんの用途で使用が可能となっております。

 

 

ネジがなめた時はネジ山修正やすりの工具を!

続いてのご紹介は、

誰でも簡単にねじ山を復活させることができる、

ネジ山修正やすりです。

 

ネジがなめた時に

その度、購入し直ししていたのでは、

無駄なお金を使うことになってしまいますし、

ものすごく手間ですよね

 

そこでおすすめとなっているのが、

上記のネジ山修正やすりで、

ネジ山を規定のピッチにて修正できちゃうんです。

 

使用方法はいたって簡単で、

通常のやすりと同様で擦るだけですので、

誰でも簡単にねじ山を直すことができます。

 

しかもネジよりも硬質な材料を使用しており、

何度でも使用可能となっておりますので、

何度も購入する手間も省けますよね。

 

 

ネジがなめた時はドクターボルトの工具を!

続いてのご紹介は、

ネジをなめてしまった場合や、

ボルトをつぶしてしまった場合に便利なドクターボルトです。

 

ネジやボルトの外し方を誤ってなめた場合には、

金額もかさむものもあり、

ひどい場合には部品が出ないという場合も多々あるでしょう

 

そこでおすすめとなるのが、

こちらのドクターボルトで、

ネジに挟んでくるくると回すだけで、

ネジ山の修正ができちゃうんです。

 

パイプカッターの要領で簡単にできますし、

長いネジであっても無駄な労力を必要としませんので、

大変おすすめな工具となっております。

 

 

ネジがなめた時はタップ&ダイスの工具を!

続いてのご紹介は、

雄ネジや雌ネジをなめた場合に、

簡単に修正が行えるタップ&ダイスセットです。

 

こちらの工具は上記の動画でもご紹介しましたが、

ネジがなめた際にはサイズもピッチも様々ですので、

瞬時に対応できるととても便利ですよね。

 

そこでおすすめとなるのが、

上記のタップ&ダイスセットで、

雄ネジや雌ネジがなめた場合でも簡単に修正ができちゃうんです。

 

サイズやピッチはあらゆるものに対応すべく、

各40ピースのセットとなっておりますので、

整備工場顔負けの修理ができます。

 

その他にもピッチゲージなども付属しておりますので、

的確な修理ができますので、

大変、おすすめな工具となっております。

 

 

ネジがなめた時はリコイルの工具を!

最後のご紹介は、

雌ネジをなめた場合でも簡単に再生できる、

リコイルのネジ山再生キットです。

 

雌ネジをなめた場合の対処法として、

上記ではタップをご紹介いたしましたが、

タップでは対処できない場合には、

サイズを一回り大きくして、

オーバーサイズを挿入する対処もあります。

 

しかし、それでは元々のサイズではありませんし、

納得がいかないという方もいることでしょう。

 

そこでおすすめとなるのが、

上記のリコイルキットで、

なめた雌ネジを元々のサイズに再生できるんです。

 

使用には電動ドライバーが必要となりますが、

オーバーサイズにしてリコイルを埋め込み、

タップにてネジ山を再生しますので、

まさに修正がバッチリできる工具となっております。

 

これまでにネジの頭をなめた際の外し方と、

ネジがなめた時の直し方、

おすすめな工具をご紹介して参りましたが、

参考になりましたでしょうか?

 

ネジがなめた際には焦らず的確に対処し、

快適なカーライフを楽しんで下さいね。

 

以上今回は、『ネジがなめた時の外し方や直し方の対処法は?おすすめな工具は?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑