*

タイヤの保管方法は?サービスの料金は?カバーやラックがおすすめ?

車にとって、とても重要であるタイヤ

 

そんなタイヤは、

季節によって履き替える必要がありますので、

保管方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はタイヤの保管方法やサービス、アイテムについて

いくつかご紹介して参ります。

Sponsored Links

 


タイヤの保管方法は?

タイヤは保管方法によって寿命が変わってきますので、

タイヤの寿命を延ばすためにも、

是非、参考にしていただきたいと思います。

 

●タイヤは直射日光を避けて保管する方法を!

タイヤ 保管 方法 サービス 1
参照元URL:http://tyre.dunlop.co.jp/

最初にご紹介するのは、

タイヤの成分となるゴムを、

直射日光から避けた保管方法です。

 

皆さんがご存じのとおりで、

タイヤはゴムから作られておりますので、

直射日光を受けるような保管方法をしていると

劣化が進行してきてしまうんです。

 

その直射日光を避ける保管方法として、

タイヤを一本ごとにバッグに入れて保管できるものや、

タイヤをまとめてカバーできるものなど、

たくさんの物が存在しております。

 

購入料金が発生することにはなりますが、

タイヤを運ぶ際でも服を汚すこともありませんし、

重ねた状態でも立てた状態でも保管可能ですので、

とても便利ですよね。

 

 

●タイヤはサービスを使った保管方法を!

MINOLTA DIGITAL CAMERA
http://www.cockpit-oume.com/

続いての保管方法は業者に料金を支払って、

タイヤを預けるサービスを利用した保管する方法です。

 

一軒家にお住いの方や物置をお持ちの方は、

場所に困るということは少ないと思われますが、

アパート暮らしの方や、一家庭で数台の車をお持ちの方などは、

保管場所にも困りますし、

直射日光や風雨を受けるような場所での保管は、

タイヤを傷める一方となります。

 

そこでおすすめとなるのが、

タイヤストックサービスなどにお願いして、

ワンシーズンごとに料金を支払って保管する方法となります。

 

タイヤを保管してくれるのはもちろんのこと、

そのサービスの内容によっては、

タイヤ交換や洗浄も料金に含まれている場合もあり、

保管方法としてはおすすめなんです。

 

保管に当たっての料金やサービスの内容も、

ショップごとに違いがありますので、

いくつかを当たってみるのも手でしょう。

 

タイヤ保管サービスを使いたい方は、

こちらのサービス業者が安価でおすすめですので、

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

●タイヤはホイールとセットで保管する方法を!

タイヤ 保管 方法 サービス 3
参照元URL:http://tamiya.com/

続いてのご紹介は、

タイヤとホイールを組み込んだままの保管方法になります。

 

タイヤの保管方法といっても、

タイヤのみを交換しホイールは年中通して使用する方と、

タイヤとホイールをセットで交換する方がいらっしゃいますよね。

 

どちらかというと、

ホイールを組み込んだままのタイヤは、

型崩れの防止や汚れを防止でき、

交換の際にも自分で行うことができますので、

料金を浮かすことだってできちゃうんです。

 

最初にホイールの料金が必要になるとしても、

積もり積もれば金額もかさんできますので、

おすすめな保管方法となっております。

 

 

●タイヤはエアを抜いて保管する方法を!

タイヤ 保管 方法 サービス 4
参照元URL:http://art12.photozou.jp/

続いてのご紹介は、

タイヤの空気圧を指定よりも下げておく保管方法です。

 

タイヤは機能を十分に発揮するために、

規定の空気圧を保たなければなりませんが、

保管中はそこまでの空気圧は必要ありませんし、

膨らんで硬い状態のままの保管ともなると、

ゴム製品であるタイヤにとっては劣化の原因ともなってくるんです。

 

タイヤを次のシーズンまで休めるべく、

空気圧を半分ほどに下げての保管することで、

寿命が伸びますので今まで空気圧のことを考えていなかった方は、

是非、参考にしてみて下さいね。

 

 

●タイヤは平らな場所で保管する方法を!

タイヤ 保管 方法 サービス 5
参照元URL:http://www.maochil.com/

続いてのご紹介は、

交換したタイヤはできるだけ平らな場所で保管する方法です。

 

最近のタイヤは昔のタイヤと違い、

ゴムの材質も向上していることもあり、

だいぶ型崩れしにくくはなってきましたが、

やはりゴム製品ということには変わりありませんので、

不安定な場所でも長期保存ともなれば形も変わってきます。

 

そこでおすすめとなる方法が、

平らな場所での保管方法なんです。

 

平らな場所の保管は、

均等に力が加わるため型崩れしにくくなるからなんです。

 

こちらの保管方法は、

ホイール付きのタイヤにおすすめですので、

タイヤのみの保管の場合は、

重ねてつぶれた状態を避けるために、

タイヤラックなどを使用した保管方法をおすすめします。

 

 

●タイヤは接地面を考えた保管方法を!

タイヤ 保管 方法 サービス 6
参照元URL:http://blog-imgs-18.fc2.com/

最後のご紹介は、

タイヤは接地面を考えた保管方法です。

 

タイヤはゴム製品であるため

床に直接置いた保管状態では

床にタイヤの跡が付着してしまう場合があり、

なかなか取れるものでもありません。

 

そこで、おすすめとなる保管方法は、

タイヤと床の間に段ボールや板などを敷いて保管し、

タイヤにも保管場所にも有利な状態を用意することなんです。

 

段ボールなどは簡単に手に入りますし処分する際にも簡単で、

のようなものであれば、

雨や水などがかかっても大丈夫ですので、

保管場所が野外の場合は板を使った保管方法をおすすめします。

 

Sponsored Links

 


タイヤの保管におすすめなアイテムは?

こちらでは、

タイヤの保管におすすめなアイテムを、

いくつかご紹介して参りますので、

タイヤを最良の状態で保つためにも、

是非、参考にしていただきたいと思います。

 

タイヤの保管にはラックを!

最初にご紹介するのは、

タイヤを規則正しく保管できるタイヤラックです。

 

タイヤを保管する際に、

保管場所が十分に確保されている方は不要ですが、

物置のスペースを見つけて詰め込んだりする場合は、

タイヤの型崩れなどを起こしかねませんよね。

 

そこでおすすめとなるのが、

上記のタイヤラックで、

タイヤを縦に、さらに二段での保管が可能となるんです。

 

ホイール付きのタイヤでも、

保管できる強度となっておりますし、

さらには埃や直射日光などからも防げるカバーも付いておりますので、

物置での保管に限らず屋外でも使用が可能となっております。

 

 

タイヤの保管にはタイヤカバーを!

続いてのご紹介は、

タイヤを一本ごとに保管することができるタイヤカバーです。

 

タイヤを保管する際には

タイヤショップなどで手に入る

ビニールを使用して保管している方は圧倒的に多いと思いますが、

使用頻度や状態により、破れが生じますし持ち運びの際にも、

大変、不便な思いをする方も多いはず。

 

そこでおすすめとなるのが上記のタイヤカバーで、

タイヤを一本ごとにカバーで保管でき劣化を防ぐことができるんです。

 

ポリエステルを使用し、

丈夫な素材で作られておりますし、

持ち運びの際にも便利な、

取っ手も付いておりますので服を汚すこともありません。

 

さらには汚れても洗濯もできちゃう素材で、

何度でも繰り返し使えますし、

使用時以外は付属のバッグに収納もでき、

邪魔になることもありませんよね。

 

 

タイヤの保管には平積み用カバーを!

続いてのご紹介は、

タイヤを平積みの状態で、

直射日光や風雨から守ってくれるタイヤカバーです。

 

タイヤの保管方法では、

雨ざらしよりは良いという考えで、

ブルーシートを使用したりしている方や、

タイヤを平積みで雨ざらしという方も少なくはありません。

 

そのような保管方法では、

タイヤが悪くなる一方ですし、

寿命を縮めているとしか言いようがありません。

 

そこでおすすめとなるのが上記のタイヤカバーで、

タイヤを丸ごとカバーできちゃうんです。

 

撥水加工が施されており、

雪や雨、さらには埃などからも、

タイヤを守ってくれますし、

すそ止めのコードロックが付いておりますので、

風で飛ばされる心配もありませんよね

 

 

タイヤの保管にはタイヤ用物置を!

最後のご紹介は、

タイヤを様々な害から守ってくれるタイヤ用の物置です。

 

上記のタイヤ保管用物置は、

扉付きの物置で風雨をしのぎながらも、

タイヤを保管しておくことができちゃうんです。

 

またタイヤのみならず、

付随するタイヤジャッキやレンチなど、

小物を収納するスペースも十分にありますし、

扉の開閉の向きも好みによって変更することができますので

タイヤの保管方法としては、

もってこいなアイテムとなっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

★《最新》タイヤ保管グッズの人気は?最安値をチェック!!【楽天】★

タイヤの寿命は?車のタイヤはヒビ割れや溝、年数で見分ける?

車のタイヤの人気なメーカーやおすすめのタイヤのご紹介!

タイヤの事故を未然に防ぐ点検の方法をご紹介!

 

これまでにタイヤの保管方法や、

おすすめなアイテムをご紹介して参りましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

タイヤは消耗品となりますが、

保管方法によっては寿命が全く変わってきますので、

ベストなコンディションでタイヤを保管し、

快適なカーライフを楽しんで下さいね。

 

以上今回は、『タイヤの保管方法は?サービスの料金は?カバーやラックがおすすめ?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑