*

車の冬の対策!トラブル回避のためのメンテナンスする点は?

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 メンテナンス , ,

短い秋が終わると、たちまちやってくるのが冬の季節

 

そんな冬の季節の車は、これまで以上に、

メンテナンスが必要となってきます。

 

今回はそんな冬に向けて、

トラブル回避のためのメンテナンスを、

いくつかご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 


車の冬の対策をご紹介!

こちらでは冬の対策として、

メンテナンスが必要な10項目と、

それに関連する用品をご紹介していきますので、

皆さんの車で安心かつ安全にドライブするためにも、

是非、チェックしてみてくださいね。

 

車の冬の対策にはタイヤをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス
参照元URL:http://blog-imgs-44.fc2.com/

最初にご紹介する、車の冬の対策は、

普段あまり気にすることのないタイヤです。

 

タイヤは春から秋にかけて、などをチェックしておけば、

それなりのトラブルは回避できますが、

冬ともなればこれまでにはない、

『雪』に備えなくてはなりませんので、

さらに皆さんの運転も妨げられますよね。

 

そんな雪への対策で、

まず必須条件なのが夏タイヤは禁物ということ。

 

夏タイヤは基本的には晴れの日や雨の日などの対策しか、

設計されていませんので、

必然的に『走らない』ということも出てきますし、

さらには『止まらない』ということにもつながります

 

ということで皆さんの危険はもちろんのこと、

第三者を巻き込まないためにも、

皆さんの車の冬の対策として、

外せないメンテナンスの一つとなります。

 

おすすめなタイヤはこちら

こちらのタイヤはタイヤメーカーとしては、

もはや知らない人はいないブリヂストンのスタッドレスタイヤ

ブリザック REVO GZです。

 

このスタッドレスタイヤは、

他のタイヤに比べてアイスバーンでの、

スタッドレス性能を十分に発揮する新型コンパウンドや新型パターンで、

皆さんの車をスリップ事故などの危険から回避し、

なおかつスタッドレス特有のブレなどを軽減してくれますので、

直進性能もアップしています。

 

さらに低燃費も兼ねておりますので、

最近の燃料の高騰を考えると、さらにうれしくなっちゃいますよね。

 

しかもホイール付きなのでタイヤ交換を自分で行えば、

工賃要らずとなりお金が浮いちゃいますよ。

<関連記事>

車のタイヤの人気なメーカーやおすすめのタイヤのご紹介!

タイヤの事故を未然に防ぐ点検の方法をご紹介!

 

 

車の冬の対策にはウォッシャー液をメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、1
参照元URL:http://www.mskw.co.jp/

続いての車の冬の対策は、

ガラスの洗浄に必要なウォッシャー液です。

 

夏の間などは、どちらかというと雨が多いために、

使用するウォッシャー液は、

撥水性や単なる洗浄の際の水として、

使用している方が、ほとんどでしょう。

 

ところが冬ともなれば気温がマイナスとなる日もありますので、

洗浄液としての役割は果たせないのはもちろんのこと、

膨張した水によって、ウォッシャー関係のパーツが、

破損する恐れだってあるんです。

 

形あるものが壊れると、やはり修理代も高額になりますし、

使いたい時に使えないのが一番困りますので、

こちらはちゃんとメンテナンスしておきたい項目です。

 

またウォッシャー液と併せてメンテナンスしておきたいものに、

ノズルの詰まりがあります。

 

ワックスなどによって、ノズルが詰まっていれば、

ウォッシャー液が思うように噴射されません。

 

これらをメンテナンスして、

冬の間の安全な視界を保ちましょう。

 

おすすめなウォッシャー液はこちら

こちらのおすすめのウォッシャー液は、

本来の洗浄時に役立つのはもちろん、

凍結したフロントガラスを溶かしてくれ、

さらにウォッシャー関連のパーツの凍結も防止してくれるんです。

 

そんな機能に加えて撥水効果も兼ねそろえていますので、

改めてガラスのコーティングなどを行う必要がなく、

2リットルの容量も含めてとても経済的ですね。

 

比較的温暖な地域に関しては、

希釈して使用すれば量も倍になりますので、

十分に使えるウォッシャー液になります。

 

今年の冬は撥水解氷でクリアな視界を手に入れましょう。

 

 

車の冬の対策にはワイパーをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、2
参照元URL:http://www.geocities.jp/

続いての車の冬の対策は、

上記のウォッシャー液とセットのワイパーになります。

 

ワイパーというと雨の日には必ず使用するものですが、

ご存じの通りゴムが傷んでいたりすれば、

当然、水はけも悪くなりますし、

最悪の場合はガラスに傷をつけてしまいますよね。

 

さらに冬ともなれば雪や氷の存在が出てきますので、

さらに注意しなければなりませんので、

必ずメンテナンスを必要とします。

 

早めに交換しておくことも大事なのですが、

スノーブレードというブレード自体をゴムで覆ったものがあり、

真冬の走行時に起こるワイパーが凍り付くということを

未然に防げるものもあります。

 

おすすめのワイパーはこちら

こちらのワイパーは上記でもご説明した

スノーブレードになります。

 

単純なワイパーとは違い金属部分が露出していませんので、

雪や氷の付着を防止できますし、

傷みにくく水はけの良い素材を使用していますので、

スノーブレードとしての機能はもちろんのこと、

本来のワイパーとしての機能も損ねていません。

 

これまでのスノーブレードにありがちな、

使用中のひび割れ150万回というテストにて、

品質が保証されていますので耐久性も文句なしといったところです

 

車種によって運転席と助手席、

さらにリアのワイパーの長さが違いますので、

購入する際は適合表を確認してみてください。

<関連記事>

ワイパーを交換する時期は?自分で見分ける方法のご紹介!

 

 

車の冬の対策にはバッテリーをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、3
参照元URL:http://cbs-dream.com/

続いての車の冬の対策は車の電気の源となる、

バッテリーのメンテナンスになります。

 

昼間の一番長い日である夏至を過ぎると、

だんだん日が短くなってきて日が昇るのも遅くなってきますよね。

 

そうなるとヘッドライトなどの電装品を、

酷使することになり自然にバッテリーにも負担がかかってきます

 

そうなってくると夏に酷使され続けてきたバッテリーは、

冬の気温にも弱くお手上げになってしまった時に、

バッテリー上がりを起こしてしまいます。

 

そうならないためにもバッテリーの液の量を確認したり、

液があったとしても比重が上がらない場合は、

バッテリーとしての機能は果たしません。

 

冬道や店で立ち往生することのないよう、

バッテリーは十分にメンテナンスしてきたいですね。

 

おすすめなバッテリーはこちら

こちは車内のシガーソケットに差し込むだけで、

車の充電状態を常時バッテリーの状態を把握できる画期的な用品です。

 

車のバッテリーは、まだ大丈夫と思っていると、

突然機能しなくなり助けを呼ばなくてはいけなくなりますので、

無駄な出費が増えることになります。

 

そんなことを未然に防げれば安心してドライブができますし、

危険を感じた時にはすぐに対処できますよね。

 

シガーソケットで使用するタイプになり、

車を何台か所有している方は使いまわしだってできちゃいますので、

こちらのメンテナンス用品は

一家に一つ準備しておいてもいいすよね。

<関連記事>

車のバッテリーを交換する時期や方法、工具のご紹介!

 

 

車の冬の対策にはヘッドライトをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、4
参照元URL:http://www.geocities.jp/

続いての車の冬の対策は夜はもちろんのこと、

日中も使用する機会のあるヘッドライトのメンテナンスです。

 

バッテリーの項目でも説明しましたが、

冬の季節は日の出が遅く日没も時間が早くなり、

ヘッドライトを使用する機会が多くなります。

 

真っ暗な場所で車を走らせている時は、

ランプの異変に気づきやすいものの、

街中を走行している時は街灯の明るさで、

ランプが切れていることに気づかない場合があります。

 

ましてやヘッドライトのランプ切れは整備不良になりますので、

絶対チェックしておきたいメンテナンス項目になります。

 

おすすめなヘッドライトはこちら

こちらのヘッドライトはハロゲンランプを、

明るく白い光に変えてくれるLEDヘッドライトなんです。

 

最近はオプションなどにより、

純正HIDやLEDが増えてきていますが、

全ての車種となるにはまだまだですよね。

 

こちらは簡単な配線で、

前方を明るく照らしてくれるLEDなんです。

 

取り付けは純正のハロゲンバルブを取外し、

LEDのバルブと純正の配線の間に付属品を取り付けるだけですので、

女性でも簡単に取り付けることができます。

 

切れにくいLEDということもあり節約にもなりますので、

今年の冬はメンテナンスを兼ねて、

明るいホワイト光に交換してみてはいかがですか?

 

Sponsored Link

 

車の冬の対策にはエアコンフィルターをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、5
参照元URL:http://img.allabout.co.jp/

続いての車の冬の対策は、

室内を快適にし、視界を確保するためにも必要な

エアコンフィルターのメンテナンスです。

 

一見、冬のヒーター機能に関係していないと思われるエアコンフィルターですが、

エアコンもヒーターもエアコンフィルターを経由して室内に届きます。

 

エアコンフィルターが目詰まりを起こしていたりすれば、

風量にも影響してきますし効き具合にも影響してきます。

 

また、カビなどが付着していれば、

臭いにおいの原因ともなりますので、早めの交換をおすすめします。

 

おすすめのエアコンフィルターはこちら

こちらの対策グッズは、

室内に十分な風を送るために必要なエアコンフィルターです。

 

空気中のほこりなどを取り除いてくれるのはもちろんのこと、

病原菌などのウィルスやアレル物質、

さらにはPM2.5などの有害物質までをも取り除いてくれる

いわば車に取り付けるマスク的な存在です。

 

この機能の他にも抗菌、消臭も兼ねており、

においカビの対策にも一役買っています。

 

この金額で様々な要因から、

車や人を守ってくれるならば安いものですよね。

<関連記事>

車のエアコンフィルターを交換する時期や方法のご紹介!

車のエアコンの臭い原因は?様々な対策やグッズのご紹介!

 

 

車の冬の対策にはボディのメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、6
参照元URL:http://www.aisha.co.jp/

続いての車の冬の対策は、

車の衣装ともいえるボディのメンテナンスです。

 

車のボディは通常、ワックスポリマー加工などで、

ボディを保護していますよね。

 

これは艶出しや撥水を目的としている他に、

冬には塩害で知られる融雪剤のボディへの付着を、

防ぐことができるんです。

 

融雪剤というものは真水で落とすことは難しく、

ホットウォッシャーなどの温水を使用することが好ましいのですが、

ボディをコーティングしておくことで、

真水でも容易に落とすことができるんです。

 

冬にこのような対策をすることで、

大切なボディの錆による侵食を限りなく防げますし、

ちょっとした手間でも車を長持ちできます。

 

おすすめのボディのコーティングはこちら

こちらのボディのコーティングは、

汚れたボディにスプレーして拭き取りするだけで、

車のボディを水なし洗車とワックス掛けをしてくれるメンテナンス商品です。

 

車の洗車その後のケアというと、

ガラスコーティングやワックスといった

手間の掛かることを想像する方も、たくさんいらっしゃると思います。

 

ところがそんな煩わしい作業を軽減し、

スプレーして拭き取るだけで、

同様の効果が得られちゃうんです。

 

もちろん融雪剤も簡単に洗い流すことができますので、

冬は必需品ですね。

 

そのまま拭き取ることに抵抗がある方は、

車を軽く洗い流した後にスプレーすることをおすすめいたします。

<関連記事>

車のワックスのおすすめは?人気のワックスをランキングでご紹介!

 

 

車の冬の対策には車の下回りをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、7
参照元URL:http://www.space-jp.jp/

続いての車の冬の対策は、

普段目に付かない車の大黒柱的存在の下回りのメンテナンスです。

 

こちらのメンテナンスは車のボディと同様で、

冬の間の融雪剤への対策として重要なんです。

 

冬以外にも飛び石や汚れの付着などで傷が付きが発生すると、

とても大変な場所でメンテナンスしておくことで、

塩害対策となりますし、車を長持ちさせるためにも、

メンテナンスしておきたい場所の一つになります。

 

おすすめの下回りのメンテナンス用品はこちら

こちらは車検整備の際には、おなじみのシャーシブラックです。

 

車の購入時期が冬になる前の場合は、

そのタイミングで下回りをコーティングしてもらえるため、

改まってメンテナンスする必要がありませんが、

全てがその時期に当たるわけではありませんよね。

 

そうなってくると必要になってくるのが、

個人的にメンテナンスを行うということです。

 

わざわざ整備工場にお願いするわけにもいきませんし、

お願いした場合はタダという訳にはいきませんので、

少なからずお金が必要になってきます。

 

そんな時に便利なのがこちらのシャーシブラックで、

スプレーして完了という、なんとも簡単で便利なものなんです。

 

油性タイプですので耐久性もバッチリで、

皆さんの車の下回りを守ってくれる心強い味方となること間違いなしの

メンテナンス用品となっております。

 

 

車の冬の対策には燃料タンクをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、8
参照元URL:http://www.jfe-steel.co.jp/

続いての車の冬の対策は車の燃料タンクのメンテナンスです。

 

燃料タンクの何を?と思う方もいらっしゃるでしょうが、

気温の寒暖差は燃料タンクの内部に、

水分を発生させることになり、

その結果、タンク内部に錆をもたらします。

 

それだけで済めばいいのですが最悪の場合には、

燃料パイプに水が送られて凍結して膨張することにより、

破損ということにつながりますので、

高額な修理が必要となる場合があります、

 

そうなる前に冬以外でも普段から気を付けたい

メンテナンス項目の一つになります。

 

おすすめな燃料タンクのメンテナンス用品はこちら

こちらのメンテナンス用品は、

給油口から燃料タンクに投入するだけで、

簡単に燃料タンクの中の水分を除去してくれる水抜き剤になります。

 

燃料70~100ℓに対し、

本商品1本で、お財布にも優しい経済的な水抜き剤です。

 

また水分を除去してくれるだけではなく、

防腐剤も配合されていますので、

燃料タンク内の錆の発生も抑制してくれます。

 

給油時に毎回使用するわけではありませんので、

手間も要らず楽ちんですよね。

 

 

車の冬の対策には水回りをメンテナンス!

車 冬 対策 メンテナンス、9
参照元URL:http://www.drbmw.jp/

最後の車の冬の対策は、

エンジンを冷却する際には必要な不凍液のメンテナンスです。

 

最近の車は風でエンジンを冷却するタイプは少なく、

大部分は水冷エンジンとなっています。

 

寒冷地以外の方は希釈の割合が大きく、

ひどい場合になると普通の真水を使用している方も見受けられます。

 

そうなってくると冬の凍結で膨張し、

各パーツを破損する危険もありますし錆の発生も考えられます。

 

いずれにしても故障を招くことになりますので、

車の心臓部のメンテナンスには欠かせない項目です。

 

おすすめな不凍液はこちら

こちらは冷却系統を冬のあらゆる脅威から守ってくれる不凍液になります。

 

一般的な不凍液としての機能はもとより、

その通り道の錆を防いでくれる強力な錆止めの役割を果たしていますので、

各パーツの破損とエンジンの冷却を兼務してくれる不凍液になります。

 

さらに寒冷地仕様となっていますので寒い北国の車にも対応できます。

 

色は緑色となっていますので現在赤色を使用中の方は、

混ぜて使用することのないようご注意ください。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

秋の車の情報!トラブル回避のためのメンテナンスする点は?

 

これまで10項目の冬の対策と、

メンテナンス用品をご紹介してきましたが、

いかがだったでしょうか?

 

たかが冬と言っても、

四季の中では一番危険を伴う時期と言っても過言ではありません。

 

今年の冬は十分なメンテナンスで乗り切ってみましょう。

 

以上今回は『車の冬の対策!トラブル回避のためのメンテナンスする点は?』の記事でした。

Sponsored Link

関連記事

車内の掃除におすすめのグッズは?クリーニング業者いらずのグッズは?

車内はやはり綺麗に越したことはないですが、 クリーニング業者にお願いするとなると、 高額

記事を読む

洗車の用品は?おすすめな洗車の用品をご紹介!

皆さんの車は汚れてはいませんか?   洗車は面倒臭いし、 とても大変です

記事を読む

車のエアコンが効かない原因は?クーラーの修理費用は高いの?

車は新車の時は快適でも、 長く乗っていると色々なトラブルが起きますよね。  

記事を読む

車のパンク修理の方法!タイヤは自分で修理して時間や料金の節約を!

車でドライブしていると、 何かしらのトラブルが付き物となりますが、 その中でも誰もが経験

記事を読む

車のエアクリーナーを交換する時期や交換する方法のご紹介!

車にはいくつかのフィルターの役割を持つ部品が、 随所に取り付けられています。  

記事を読む

車のタイヤの人気なメーカーやおすすめのタイヤのご紹介!

車の重要なパーツというと、 車を原動力となるエンジン、エンジンの動きを制動するブレーキ、

記事を読む

車載するべき工具のおすすめは?車をDIYで修理する方は必見!

車をDIYで修理するとなると、 少なからず工具が必要となってきますが、 不測の事態などの

記事を読む

パンクした時に交換するべき車のタイヤの見分け方をご紹介!

自動車を運転している時は気にしないけれども、 一度起こると、とても困るのがパンクです。

記事を読む

マフラーを修理する方法は?車のマフラーを自分で修理する方必見です!

車のエンジンを始動した瞬間に、 いつもとは違った排気音が聞こえてきて、 マフラーが故障し

記事を読む

カーシャンプーのおすすめは?カーシャンプーをランキングでご紹介

車の日常的なメンテナンスとして、 欠かせないことの一つに洗車がありますよね。  

記事を読む

高齢者マーク(もみじマーク)は何歳から?つける位置や義務違反の罰則は?

免許を取って、 すぐの方が車の後方に貼る事を義務付けられている初

輸入車のSUVの人気は?2016年の人気ランキングをご紹介!

車好きの方もそうでない方にも輸入車の人気は高いですよね。 &nb

車のゴミ箱のおすすめは?高級やおしゃれでかわいいデザインが人気?

車の中は外からも見えるとはいえ隔離されているので、 車の中で何か

初心者マークの期間は?車につける位置や理由、義務違反の罰則はあるの?

車の免許を取ると、 免許証と一緒に初心者マークをもらいますよね。

自然渋滞の原因は?遅い車や上り坂、信号が原因?ハマってしまった時は?

連休などみんなが車で出掛ける時期は、 ある程度の渋滞があると覚悟

→もっと見る

PAGE TOP ↑