*

ジュニアシートで1歳児から使える人気のシートは?ブランドもご紹介!

1歳児に使えるジュニアシートをお伝えしますので、

お子様を乗車させたい方はこの記事に目を通してみませんか?

 

ここで得た情報が理想的な1歳児のジュニアシートの購入に結びつくことを

祈ると共に、人気商品であることもお分かりになっていただけるでしょう。

Sponsored Links

 

1歳児に使える人気のジュニアシート1

対象年齢は1歳から12歳までで、体重は9kgから36kgまでです。

 

お手入れは30度以下の水温を使い、シートや肩ベルトカバーを手洗いします。

 

カトージ ジョイーのジュニアシートにサイドインパクトシールドが

付いていて、側面衝突時の衝撃を軽減できるようです。

 

大型のヘッドレストで頭部を支えるので、

衝撃で大きく揺れて頭を怪我してしまうのを防止できます。

 

仮に1歳児のお子様がお眠りになっても

ヘッドレストが支えるのもいいですね。

 

頭部が損傷すると大きな障害が残ってしまうかもしれないので、

ヘッドレストが付いているジュニアシートで安全性を

高めることも1歳児のお子様に優しいジュニアシートです。

 

ヘッドレストと肩ベルトの高さが連動するようになっていて、

ワンタッチで10段階調節できます。

 

細かい調整ができるジュニアシートで、

お子様の体に合わせた装着ができるのも便利ですね。

 

 


1歳児に使える人気のジュニアシート2

ジョイトリップ エアースルー GCも人気ジュニアシートの一つでして、

取り付けらくらくオープンシートで装着時の手間を軽くできます。

 

対象年齢が1歳児から11歳児頃までと幅広いので買い替える必要がありません。

 

成長に合わせた3ステップがあって、

チャイルドモードだと1歳児から4歳児まで対応しています。

 

体重が9kgから18kgまでならば、

5点式ベルトで体をしっかり支えられます。

 

ジュニアモードは3歳児から7歳児までで、

体重は15kgから25kgまでです。

 

背もたれが付いているので、ハイバックシートとして使えて便利。

 

使用上の注意としましては、ベルトポジショナー

欠かさずお使いになっていただくことです。

 

ブースターモードは3歳児から11歳児まで使えて、

体重は15kgから36kgまで対象とのこと。

 

ブースターとしてもお使いいただけて、

その際はベルトポジショナーのご使用をお願いします。

 

 


1歳児に使える人気のジュニアシート3

アップリカのジュニアシートは使い易くて軽いので、

人気商品に数えられているでしょう。

 

重さは僅か5.7kgでコンパクトなのがアップリカの

高い支持を生み出しているかもしれません。

 

座面にランバーサポートを付けていて、

お尻と腰回りの隙間を無くせます。

 

つまり高いサポート力が得られるので、

違和感無い装着感を1歳児のお子様などにもたらすことができます。

 

とは言えお子様の体格は様々なので、

隙間を埋める効果にばらつきがあることをご了承ください。

 

座面に通気性が高い素材のブレスエアー

搭載されており、取り外しが楽々です。

 

座る部分の加勢通りが良ければ蒸れないので、

快適な座り心地でお子様をご満足させるでしょう。

 

座り心地の良さも1歳児専用のジュニアシートの人気を高める

理由になっていても不思議ではありませんよね。

 

Sponsored Links

 


1歳児に使える人気のジュニアシート4

ネビオのジュニアシートには、左右に付け外しができる

ドリンクホルダーが備わっていて、保温・保冷のどちらにも対応可能です。

 

喉が渇いたお子様のための気の利いたサービスが、

人気のジュニアシートとしてのイメージを強くしていますね。

 

ヘッドレストは8段階直性となっており、

女性でも調節で苦労を掛けさせないのがポイント。

 

子を持つママが楽々調整できるヘッドレストは、

お子様の頭部をしっかり支えるための外せない物。

 

我が子の頭が辛そう…という理由で、ネビオのジュニアシートに

替えることも往々にしてあるのではないでしょうか。

 

お子様の体を強力に固定するインナークッションがあって、

お手入れの際は手洗いすれば良いだけで扱い易いです。

 

こうしたメリットが人気のジュニアシートとして

注目される条件かもしれません。

 

 


1歳児に使える人気のジュニアシート5

トラベルベストのジュニアシートも

1歳児から使えますが、4歳児までに限られています。

 

しかし従来のトラベルベスト製を進化させた物なので、

一体どれだけ優れたジュニアシートなのか気になりますね。

 

折り畳み式座面が装着時の安定性を高めていて、

お子様が安心して車に乗れるようにするための商品仕様です。

 

座面を折り畳んで片手で持ち運びできるので、

ジュニアシートの扱いに

慣れていない方もすぐに使いこなせるようになりますよ。

 

ヘッドレストサポートが従来品より大きくなっていて、

その名の通りお子様の頭部を衝撃から守るサポート力の高さが感じられます。

 

Sponsored Links

 


1歳児に使える人気のジュニアシート6

長く使えるジュニアシートをお求めの方は、1歳から11歳まで

使用可能なポップピットのジュニアシートはいかがですか?

 

お洒落なデザインなので、お子様を飽きさせない

要素が人気を呼んでいるかもしれません。

 

お値段は税込みで7,980円でして、

対象年齢の広さを考慮すればコスパが良いです。

 

肩ベルトで3段階調節できて、

調整方法は本体裏側のベルト連結金具を外します。

 

その後にお子様に合う高さの穴へ通して調節完了なので、

どなたでも調整で煩わしい思いをさせないのが嬉しいですね。

 

 


1歳児に使える人気のジュニアシート7

リーマンのジュニアシートにセーフティバックル

備えられていて、衝撃に強い作りとなっています。

 

走行中にバックルボタンが外れないようにするため、

バックルの強度を高めているようです。

 

いたずら防止に有効で、これ何だろう?とお子様が勝手にバックルを

弄っても安心できるジュニアシートも人気商品ではないでしょうか。

 

装着可能目安年齢は1〜11歳頃と広いので、小学校高学年まで

同じジュニアシートを使い続けたい親御さんには有り難いですよね。

 

体重は9〜36kgまでで、身長の目安は70〜145cmです。

 

リーマンのジュニアシートを購入される方は、

上記の目安を参考にしてみると良いでしょう。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

チャイルドシートの人気は? 新生児に使えるチャイルドシートをご紹介!

タイヤの事故を未然に防ぐ点検の方法をご紹介!

赤ちゃんを車に乗せる際におすすめなグッズは?ステッカーやミラーが人気?

 

以上、ジュニアシートを見ていきましたが、

あなたのお子様にピッタリなジュニアシートが見つかりましたか?

 

お子様の命を守ることにもつながる商品ですし、

知識を得た上で購入したいですよね。

 

今回の1歳児のジュニアシートの特集が役立つことを願います。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑