*

軽自動車の10万キロ以上の下取りの値段は?20万キロでも高く売るには?

軽自動車の寿命は10年10万キロ、

こんなことを何処かで聞いたことはありませんか?

 

10年以上経つ車で走行距離が

10万キロを超えたような軽自動車は国内では不人気

 

どうしても下取りに出した時に

値段が安くなってしまったり、

最悪は下取り価格がつかずに廃車なんてことも

当たり前になっています。

 

しかし10年も乗っている車は軽自動車でも

しっかりメンテナンスをし、

大事に乗られていたことは聞かなくてもわかります。

 

なので下取りの際、売れずに廃車なんて

諦めがつかないでしょう。

 

そこで今回は走行距離10万キロを超えた

軽自動車の下取りの値段や20万キロを超えた

軽自動車でも高く売る方法をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Links

 


10万キロの軽自動車の下取りは値段がつく?


参照元URL:http://minkara.carview.co.jp

軽自動車は普通車よりも寿命が短いとされており、

ただでさえ走行距離10万キロを超えた車が

下取りの値段がつきにくいなかで、

軽自動車で10万キロも超えていたら

もっと値段がつきにくいと諦めてはいませんか?

 

実際のところ大半の軽自動車は

初年度登録から10年と10万キロを超えると

価値を失うと言われております。

 

しかし軽自動車でも15年20万キロ

超えていても価値が落ちないことも。

 

最近では少なくなった軽スポーツカー

パーツだけでも価値のあるような車

海外で人気の高い商用車などは

年式に関係なく高値で下取りをしてもらえる可能性が高いです。

 

今では下取り業者の中でも

海外輸出をメインにしている業者もあり

10万キロを超えたものや20万キロにもなるような

軽自動車でも買取に値段がつくことは多くなっています。

 

ですので走行距離10万キロを超えた

軽自動車でも値段はつきます!

 

 


10万キロや軽自動車の下取りはなぜ安くされるのか?


参照元URL:http://軽自動車買取査定.net

先ほども少しお話させていただいた通り、

軽自動車の寿命は10年10万キロと言われており

このタイミングでその軽自動車の価値が

ガクッと落ちてしまいます。

 

この10年10万キロというのは

消耗部品の取り替えがかなり多くなるタイミングでもあり

重要な消耗部品が壊れてしまっては

直そうにも直せなくなってしまいますので

下取り価格も安くなってしまうのが現実。

 

そしてこの基準値を超えた軽自動車は

廃車寸前とも言われておりますが、

今時の軽自動車は15万キロを超えたものでも

元気よく走れるので

いくら基準値を超えているからと言っても

諦めるのはまだ早いです。

 

下取りは色々な方法で

行えば必ず値段を上げることはできますよ。

 

Sponsored Links

 


10万キロの軽自動車の下取りの査定値段を上げるには?

ここまで走行距離10万キロを超えた

軽自動車の下取りに値段がつくかどうか、

下取りの値段がなぜ安くなってしまうかということを

お話しさせていただきました。

 

ここからは10万キロを超えた軽自動車の

査定の値段を上げる方法をご紹介したいと思います。

 

これから乗り換えをお考えの方は参考にしてみてください。

 

ディーラーに下取りは出さない


参照元URL:http://www.kuruma-sitadori.com

ディーラーに下取りに出すメリットとしては、

手続きが簡単なことや全体的な相場として

基準に守られた下取り価格を提示してくれるところです。

 

ですがこのディーラーの下取りは

査定本(年式と走行距離)を見ての値段しかつかないことに

なってしまい、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

なので10万キロや15万キロの

走行距離に達していなくても

下取り価格は安くなってしまいがちです。

 

これは下取りに出す際に非常に基本的なことで

少しでも高く売りたいという方は

ディーラーに下取りを出すのは

結構な理由がない限りやめたほうがいいと言えるでしょう。

 

ただ、判断材料として

一度相場だけでも聞いておくのはいいかもしれません。

 

 

タイミングベルトの交換をしてから下取りに出す


参照元URL:http://www.typeone.jp

タイミングベルトの交換は10万キロが目安とされており、

この交換時期に車検が重なってくると

高額な費用がかかるため、

このタイミングで車を下取りに出す方が多いと思います。

 

ですがこのタイミングベルトの交換を

行っていない車を下取りに出そうとすると、

値段が安くついてしまったり

ましては値段がつかないということも。

 

このタイミングベルトの交換費用は

3〜5万円くらいとされており

この費用をかけることで

5〜10万円くらい相場の価格が変わることがあります。

 

査定などの状況にもよりますが

タイミングベルトの交換をしていないことで

値段が大幅に下がってしまうのであれば、

交換をしてから下取りに出すという手もありだと思いますよ。

 

もちろんタイミングベルトを交換しても

下取り価格が変わらない場合もございますので、

よく相談、検討した上で必要であれば交換をしてください。

 

 

事前に乗り換えたい車を決めて交渉する


参照元URL:http://with-car.com

下取りの際の交渉材料として

まず先に次に乗りたい車を下取り業者に

伝えて交渉することが大切。

 

なぜこのようなことが必要になるかというと

ディーラーや下取り業者もそうですが

その車屋さんによって得意の車種やメーカーが違っています。

 

得意の車種やメーカーの車でしたら

多少安く売ってくれたりもするので、

その分下取りのお値段も高くしてくれる可能性がありますよ。

 

次に乗りたい車が決まっているのであれば

詳しく話をして一緒に購入の意思があることを

事前に下取り業者に伝えることも

値段を上げる方法の一つと言えます。

 

 

高く買い取ってくれる業者に下取りに出す


参照元URL:http://kuruma-uru.sakura.ne.jp

高く買い取ってくれる業者に下取りに出す?

そんなの当たり前ではないかと

思う方もいられると思いますが

なかなか話を聞いていると

そうでない方が多くいらっしゃいます。

 

その例として

有名な買取業者に頼んでしまう、

CMで流れているような大手業者に依頼する、

近くの販売業者に頼んでしまうなどと

このような方が多いのですが

これは下取りに出す方法として

値段が高くなる可能性は少ないでしょう

 

ではどのような業者に下取りを出せばいいのか?

という話になるのですが

「自分の売りたい車を欲しがっている業者」

頼むのが一番高額で下取りに出せる方法です。

 

なので、下取りの査定をしていく上で

自分の車にどれだけ興味を示しているかを

見定めることが大事になります。

 

色々な業者の方と話をして

一番興味を持ってくれている業者に交渉するのが一番ですよ。

 

Sponsored Links

 

一つではなく多くの業者に査定を出す


参照元URL:http://kuruma-uru.sakura.ne.jp

こちらも査定額を高くする基本的な方法ともいえますが、

多くの業者に査定してしまい

一番高い査定額や一番いい条件で

買い取ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

時間も知り合いもそんなに多くない、

なんて方もいられると思いますが

この一手間をかけずに走行距離10万キロを超えた

軽自動車を高く下取りに出すことはできません。

 

なぜ多くの業者に下取りの査定を頼んだ方が

いいかと言いますと、

国内では10万キロや20万キロを超えた車は

廃車寸前と言われておりますが、

海外では40万キロの車など普通に出回っています。

 

なので海外輸出の盛んな業者や

得意な業者の方に査定してもらえたら

値段も高くつくことが多いからです。

 

 

一括査定がおすすめ!

これまでもお話しした通り、

10万キロや20万キロを超えた軽自動車は

なかなか値段がつきにくいのが現状です。

 

ですので多くの業者に査定を依頼するしかありません。

 

そこで時間が少ない方や査定業者をよく知らない方には

このネットで一括査定がおすすめです!

 

非常に簡単な方法で

色々な業者に査定してもらえるので

下取りを考えている方には

是非この査定方法を試してみていただきたいです。

 

一括査定をしてみたいという方は、

以下の画像サイトよりアクセスできますので、

是非、ご活用くださいね。

▽一括見積もりサイト▽


 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

10万キロや15万キロの下取りの値段は?20万キロでも高く売るには?

車査定の時のグレードって?調べ方や意味、金額が上がりやすいのは?

リセールバリューが高い車のランキング!売る時を考えるらこの車!

車の修理代を安くする方法!値引きや割引、サービスを受けるには?

新車を購入する際に値引きして安くする方法は?

車を高く売る方法は?コツや時期のご紹介!

 

いかがだったでしょうか?

 

軽自動車に関わらず

走行距離10万キロを超えた車は

査定の価格が低くなっていしまいます。

 

ですが今回ご紹介した方法で

実際に査定の値段が上がったり

値段がつかなかった車に値段がついた例もあります。

 

なので少しでも大切にしていた愛車が

高く売れるよう上記の方法を試してみてください。

 

以上今回は『軽自動車の10万キロ以上の下取りの値段は?20万キロでも高く売るには?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑