*

10万キロや15万キロの下取りの値段は?20万キロでも高く売るには?

車の乗り換えを検討するタイミングは

車検をきっかけにする方は多いと思います。

 

この時車検を受けて乗り続けるか、

新たな車に乗り換えるか非常に悩みどころ。

 

ですが、特に大きな事故もなく

10年以上や10万キロ以上経った愛車だと

なかなか売ろうにも難しく、

人気の車でないと廃車にせざるおえません。

 

ましては10万キロを超えて15万キロの車、

20万キロの車を下取りに出したいような場合もありますよね。

 

今回はそんな10万キロや15万キロ、20万キロを

超えた車の下取りの値段や査定金額を上げる方法

ご紹介したいと思います。

 

Sponsored Links

 


10万キロや15万キロの下取りは値段がつく?


参照元URL:http://www.kuruma-sitadori.com

自動車は走行距離は10万キロを超えると

それなりに不具合が出やすくなったり、

交換部品も増えて車検費用も高くなることがあります。

 

そうは言っても現在の車は

メンテナンスや車検をしっかり受けていれば、

10万キロを超えても15万キロを超えても

不具合なく乗れるような作りになっているので、

乗れるような状態の車を廃車にするのは

なんとももったいないような気分になりますよね。

 

ここでは走行距離10万キロや15万キロを超えても

下取りに値段がつくか?という気になる部分ですが

正直に言いますと値段は付きます

 

ただし手続きが簡単であるディーラーでの下取りだと

その分下取りの値段が安くなっってしまったり、

最悪の場合は値段がつかないような場合も。

 

なのでなるべく下取りを出すのは

中古買取専門店を使うようにしましょう!

 

この場合の判断材料として手間と時間を考えるなら

2〜3万円程度の誤差であればディーラーに出してしまった方が

手続き等も楽なのでディーラーに下取りをだしたほうがいいですよ。

 

逆に5万円以上の価格差がでるのであれば

中古車買取専門店に売りに出した方がいいと言えるでしょう。

 

また、実際に30万円以上の差が出るようなこともあるので

車の乗り換えの際は走行距離が10万キロや15万キロを超えていても

下取りの査定は必ずおこなってくださいね。

 

 


10万キロや15万キロの下取りはなぜ安くされるのか?


参照元URL:http://sateiotaku.com

走行距離が10万キロや15万キロを超えたからといって

いきなりエンジンがかからなくなるようなことや

調子がいきなり悪くなるということはあり得ません。

 

むしろ10万キロや15万キロを超えても

綺麗なボディで調子よく乗れているのは、

オーナーの方がしっかりとメンテナンスなどを

行なっていたという証なので、

不調や故障で乗り換える方は少ないと思います。

 

ではなぜ10万キロや15万キロを超えた車の

下取りの値段が安くなると言われているのでしょうか?

 

それの理由として考えられるのは

自動車の寿命と言えるでしょう。

 

この自動車の寿命というのは

現在の自動車メーカーで設定されている

15年20万キロという市場保証の基準を示します。

 

このメーカーの寿命設定からして

平均走行距離の1年に1万キロを目安にすると

10年で10万キロ、15年で15万キロ

10万キロと15万キロを超えている車は

故障していなくても寿命がかなり近いということに。

 

10万キロを超えているものは寿命が半分とも言えます。

 

この基準の10万キロを超えているものは

よほど人気車種でない限り

値段がグンっと下がってしまいます。

 

ご存知の通り車は消耗品の塊なので、

年数が経てば立つほど故障しやすくなるのは

考えなくてもわかりますよね。

 

この基準の分岐点を超える

10万キロ、15万キロを超えている

車の下取り値段が下がってしまうのは

どうしようもないことだと言えます。

 

Sponsored Links

 


10万キロや15万キロの下取りの査定値段を上げるには?

ここまで走行距離10万キロや15万キロの

車の下取り値段が安くなる理由などを話して来ました。

 

ですが、寿命の問題でしょうがないと思っても

諦めきれないこともありますよね。

 

そこでここからはそんな

10万キロや15万キロを超えた車の下取りの査定金額を

上げる方法をご紹介したいと思います。

 

下取りの査定を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

タイミングベルトを交換する


参照元URL:https://yusyutsusyakaitori.com

タイミングベルトは10万キロで交換が目安とされており、

車屋さんで交換を依頼すると高額な料金がかかってしまうため

車検のタイミングでタイミングベルトの交換を

勧められると買い替えを考える方は多いと思います。

 

このタイミングベルトの交換の相場は

3万〜5万円といったところ。

 

タイミングベルトを交換しているかしていないかで

値段がつくかつかないかというほど

下取りの金額に差が出て来てしまいます。

 

ただむやみに交換をすればいいということではなく、

交換した時にかかった工賃と

下取りに出す金額がどのくらい違うのかを

しっかりと見定めなければいけません。

 

それには中古車販売業者の方や

ディーラーの方とよく相談して決めるのがいいでしょう。

 

 

ディーラーには下取りに出さない


参照元URL:http://www.kuruma-sitadori.com

知り合いの元中古車販売の経営者に聞いた話ですが、

ディーラーは査定本を見て(年式と距離を見て)査定するので

それ以上でもそれ以下にもならないため、

走行距離が10万キロや15万キロを超えてなくても

安くついてしまう可能性が高いらしいです。

 

それと当時人気の車種で、

綺麗にメンテナンスをしていたものでも

年式が古くなったり

そこそこ距離乗っていると安くなってしまうそう。

 

なので今回のように10万キロや15万キロ

乗っているような車はディーラーに下取りに出すのは

やめたほうがいいと思います。

 

ただ査定の検討材料として年式と走行距離を伝えて

一度値段だけでも聞いておくのはいいかもしれません。

 

 

事前に乗り換えたい車を決めて交渉する


参照元URL:http://www.hohhoi.com

下取りの際の値段交渉として

一番大事なところですが、次に乗りたい車を

明確に決めた上で交渉していくのがいいでしょう。

 

なぜかというと下取りの査定業者によって

得意分野の車種やメーカーが異なっており、

お得意のメーカーは安く仕入れることができるため

その際に一緒に購入の意思があれば

下取りのお値段もげてくれる可能性があります。

 

これは10万キロや15万キロを超えていない

車の乗り換えの際にも有効的な方法

 

下取りの業者も車を買い取るだけではなく

売ることも仕事になるため、

そちらも頭にいれて交渉してみると

もし10万キロや15万キロを超えたような

車でも値段が多少変わってくるかもしれません。

 

 

高く買い取ってくれる業者に下取りを出す


参照元URL:http://www.kuruma-sitadori.com

そんなの当たり前に決まってる

と思いの方もいると思いますが、

なかなか話を聞いていると

この基本がなっていない方が多く見られます。

 

その例として

・大手の買取業者に頼んでしまっている。

・CMで流れている名前の聞いたことのある業者に頼む。

・近くの販売業者に頼む。

このような方が多く、

車の売却者の9割が損していると考えています。

 

ではどのような業者に頼むのがいいのか?

という話になるのですが、

以下のようなことを守ると

下取りで高い値段のつくところに売却ができます。

 

それは「自分の愛車の車種を欲しがっている業者」

 

査定をしていく上で下取り業者が

自分の車にどれだけ興味を示しているかなどを

見極める必要があります。

 

 

一つではなく多くの業者に下取りの査定を出す


参照元URL:https://job.careerconnection.jp

査定は比較することが一番大事で、

車を少しでも高額で売りたい方はこの方法が一番です。

 

まずこれから手放すからといって

査定を簡単に終えてはなりません。

 

その一つに人はこれから手放す車より

新しい車に興味が行ってしまいがちで、

面倒臭がって最初に査定してもらった車屋さんに

下取りを出してしまいます。

 

この時にその一手間を面倒くさがらずに行えば、

今まで大事にしていた愛車は

必ず少しでも高く売ることができますよ。

 

なぜこの方法が一番高額で

下取りをしてもらえるかというと

海外では10万キロや15万キロを乗っている車でも

程度のいい中古車くらいの感覚で出回っています。

 

そこで色々な下取り業者に頼めば

海外輸出が盛んな業者も出て来ますので、

そのような業者に会えたらご自身の愛車は必ず

少しでも高い値段がつくでしょう。

 

Sponsored Links

 

一括査定.comがおすすめ!

先ほどお話した通り、

10万キロや15万キロもの走行距離の車は

なかなか値段がつきにくいです。

 

少しでも高くするためには

色々な業者に査定をお願いするしかありません。

 

そこで今回ご紹介したいのが「一括査定.com」です。

 

オンライン上で簡単に色々な業者の方

査定してくれて、その中で話し合いをし

一番高額で買い取ってくれる業者を見つけることが可能。

 

このようなサイトがあれば時間が無い方でも

多くの業者の人に査定してもらえるので、

下取りを考えている方は

以下の画像サイトよりアクセスすることができますので、

是非、一度お試しくださいね。

▽一括見積もりサイト▽


 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車査定の時のグレードって?調べ方や意味、金額が上がりやすいのは?

車を高く売る方法は?コツや時期のご紹介!

新車を購入する際に値引きして安くする方法は?

車の修理代を安くする方法!値引きや割引、サービスを受けるには?

 

いかがでしたでしょうか?

 

10万キロや15万キロを超えた車でも

値段がつくことや、

少しでも値段を高くする方法は色々ありますよ。

 

その中でも一括査定という方法は

一番時間がかからず簡単に行えることです。

 

これから新しい車を購入の方で

今の愛車を少しでも高く下取りに出したい方には

かなりおすすめな方法ですので参考にしてみてくださいね。

 

以上今回は『10万キロや15万キロの下取りの値段は?20万キロでも高く売るには?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑