*

猫を車で轢いた時の対処方法!接触してしまった時の対応策とは!

みなさんは轢いた時の対処方法はご存知でしょうか

 

事故に遭いやすい生き物として有名ですが

理由として次のような原因が挙げられます。

 

猫の習性は来た道を引き返さないので

道路の先に何か興味があると車が走っている時に来ても引き返せなかったり

行きたい場所へ一心不乱に走っているので気づかないことや、

猫の視力人間の10分の1ほどしかないと言われています。

 

1秒間に何度も動く瞬発的なものを認識する能力はありますが

1秒間に2回や3回動くようなものはほぼ止まってしか見えないとも

言われておりますよね。

 

また夜行性で夜間に車のヘッドライトで

目が眩んでしまい事故にあうなんてことも多いです。

 

こんなを運転する上で危険な動物の猫ですが

もし轢いた時はどんな対処方法がいいのか、

轢いた時の対処方法としてどんな方法がいいのか書いていきたいと思います。

Sponsored Link

 


猫を車で轢いてしまった時は生存確認をしましょう。


参照元URL:http://buzz-plus.com/

猫を轢いた時の対処方法として、

まずは車を安全な場所に停め轢いた猫の生存を確認してください。

 

猫を轢いた時人間を轢いた時

同じ事故ですので必ず生きているかを確認してあげて

生きていれば近くの動物病院など連れていくか

飼い猫であれば飼い主を探しましょう。

 

どちらもわからない場合は動物保護施設に連絡し

引き取ってもらい処置していただだきましょう。

 

 


猫を車で轢いてしまった時は死骸の回収を要請しましょう。


参照元URL:https://matome.naver.jp/

次に猫を不意な事故で轢いた時の対処方法としては

まず心を落ち着けて死骸の回収をお願いしましょう。

 

罪に問われることはありませんが

国土交通省が管理している「9910」に連絡して

轢いた猫の回収をお願いすることで

轢いた猫の死骸の回収を行ってくれます。

 

ちなみに「9910」は事故処理は行ってなく

あくまで死骸の処理のみになりますので

事故処理は警察を呼んで対応していただきましょう。

 

Sponsored Link

 


猫を車で轢いてしまった時は自身の心のケアが大事です。


参照元URL:http://torack7.blog.fc2.com/

轢いた時の対処方法として、

心を落ち着けるために自信の心のケアを行いましょう。

 

あくまでも意図せずに起こった事故であることと考え

猫が出て来そうな場所や道では細心の注意を払い、

猫を轢いた時の対処を行い、

気持ちにけじめをつけるために

一般的なお祓いやお塩で清めるのがいいでしょう。

 

轢いた時

悲しい気持ちや怒りの気持ちもあると思いますが、

車を運転している以上しょうがないものだと考え、

軽い運動や趣味などで気晴らしをしてください。

 

 


猫を車で轢いてしまった時は警察に連絡が必要です。


参照元URL:http://www.pitoff.jp/

次の轢いた時の対処方法は警察に連絡することです。

 

轢いた時自損事故の扱いになり、

車にダメージが起こることが多いので

警察に連絡をし、事故証明を発行してもらい

保険屋さんに提出して車の損傷を直してもらいましょう。

 

証明書がなければたとえ猫を轢いた時でも

保険を使うことができなくなり

車の修理費用を実費で直さなければいけなくなりますので

人でなく猫を轢いた時でも警察には必ず連絡しましょう。

 

 


猫を車で轢いてしまった時は飼い猫であれば飼い主に謝罪しましょう。


参照元URL:http://relife4car.net/

次に紹介する轢いた時の対処方法はとして

まずは生存確認をしましょうと

さきほども申し上げましたが

その際に必ず首輪などを確認してあげて

飼い主がいるかを確認してください。

 

猫を轢いた時は動物だからといって

無視は絶対にしてはいけません。

 

飼い猫であり、近所などの知っている猫であれば、

必ず飼い主の元へ行き、

謝罪今後の対応についてしっかり話し合いましょう。

 

話し合いや謝罪をしなかったことで

民事裁判が起こるなどといったケースもあるようなので

しっかりと飼い主の方に謝罪し、

お互いが一番いいと思われる解決策を考え、

轢いた猫の供養や治療をしましょう。

 

Sponsored Link

 


猫を車で轢いてしまった時におすすめなグッズは?

これまでは轢いた時の対処方法を書いてきましたが

ここでは猫を車で轢いた時に対処する際に使えるアイテムや

供養のためのグッズのおすすめ商品をご紹介したいと思います。

 

猫を車で轢いてしまった時は黒缶キャンドルがおすすめ!

轢いた時、申し訳ない気持ちや

どうしたらいいのかわからなくもなると思います。

 

轢いた時はパニックになってしまいますが

落ち着いて亡くなってしまった猫に

なにをしてあげられるか考えましょう。

 

不慮の事故なので誰も悪くはないと思います。

 

なのでせめてもの気持ちを込めて供養は

行ってあげるのが責任というものです。

 

そこで現在では猫の供養グッズなども

いっぱい出ており、その中でも黒缶キャンドルがおすすめです。

 

黒缶そっくりなキャンドルなのですが、

火をつけるのがもったいないくらい可愛らしい作りとなっており、

溶けて少なくなっていく様子は、

まるで供養されたの猫が食べてくれているようで

多少は自分の気持ちも晴れることでしょう。

 

飼い主がいればその方にお備え付けしてもらい

野良猫の場合は事故現場にお供えしてあげるのがいいでしょう。

 

 

猫を車で轢いてしまった時はコントロールバッグがおすすめ!

保護具とも言われるコントロールバッグですが

こちらは猫を轢いた時に

その猫が生存している場合には

獣医など病院や応急処置を行わなければいけない時に役立ちます。

 

抱えて連れていくことなどが困難な場合に

このコントロールバッグに吊るして

あげれば足の骨などが折れていても負荷がなく救助できます。

 

なかなかを飼っていない方は持っていなかったり、

必要無いように思えますが、

こちらのコントロールバッグは、

万能で小動物などはすっぽり入るようになっているので

不慮の事故で猫以外の動物を轢いた時にも使えるため

一つは持っておいてもいいかもしれません。

 

 

猫を車で轢いてしまった時は膝掛けやブランケットがおすすめ!

女性の方なら車に常備している方は多いかもしれませんが

ブランケットやひざ掛け猫を轢いた時に役に立ちます。

 

轢いた時は応急処置や

動物専用の医療施設に連れていかなければなりませんが、

その時に怪我をしている猫を

このひざ掛けやブランケットで覆い

カバーしながら連れていくことができます。

 

普段のドライブ中にも使えるような

ひざ掛けを車に一つ常備していれば

猫を轢いた時の緊急時にも使用できるので

持っておきましょう。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

車でおかまを掘られた時の対処方法!事故にあった時は何をすべき?

タイヤの事故を未然に防ぐ点検の方法をご紹介!

車の凹み(へこみ)を修理する方法!自分で直すやり方やおすすめ道具は?

車で当て逃げしてしまった際の点数や罰金の罪は?時効はある?

車の猫対策!エンジンルームに入る猫を傷つけないためには?

 

いかがだったでしょうか?

 

猫は突発的に行動をする動物で

いくら気をつけていても事故に出くわしてしまいます。

 

そんな轢いた時、罪悪感で落ち込んでしまったり、

焦って逃げてしまう方も多いかと思いますが

上記でもお話しさせていただいている通り、

猫や動物を轢いてしまうことは

むしろしょうがないことだとも言えます。

 

なので今回この記事を読んでいただいた方には

もし、猫を轢いてしまった時でも

放置せずに上記に書いた対処方法を思い出していただき、

しっかり対処してあげましょう。

 

もし飼い主の人がいたりするなら謝罪と相談をしましょう。

 

また、猫だけではなく、

ドライブ中は突然飛び出してくるものも

少なくはないので安全運転を心がけて

不慮の事故に遭わないように注意しましょう。

 

以上今回は『猫を車で轢いた時の対処方法!接触してしまった時の対応策とは!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑