*

車でおかまを掘られた時の対処方法!事故にあった時は何をすべき?

どんなに注意していても避けられないのが、追突事故です。

 

交通事故に巻き込まれた場合、まずは安全確保、怪我人の救護、

警察への通報…という対処が鉄則ですね。

 

それらを踏まえた上で、おかまを掘られた時にスポットを当てて、

おかまを掘られた時に気を付けたい注意点と対処法をご紹介します。

Sponsored Link

 


車でおかまを掘られた時は相手のナンバーを控えましょう!


参照元URL:https://blog.foto.ne.jp/

おかまを掘られた時とは、つまり追突事故に遭ったとき。

追突事故の過失割合は10:0(加害者:被害者)であることが殆どです。

 

車を安全な場所へ寄せて、振り向いたときに相手の車はいなかった…

となっては大変ですので、

まずは相手のナンバーを控えておきましょう

スマホで撮影すると便利です。

 

そうしておけば万が一逃げられたとしても、

車のナンバーから相手を特定することが可能です

 

その後に、相手と連絡先を交換しましょう。

控えておく項目は以下の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先(電話番号)
  • 加入している保険会社

 

相手が名刺を持っていれば、もらっておきましょう。

 

 


車でおかまを掘られた時は警察を呼びましょう!


参照元URL:https://blog.foto.ne.jp/

事故直後は冷静な判断が難しいものです。

 

軽い事故だからと相手から示談の申し出があっても断り、

必ず警察を呼びましょう

 

特におかまを掘られた時は、

わざわざ警察を呼ぶ必要もないと思えるような軽微な事故も多く、

対処に迷うかもしれません。

 

ですが、警察の発行する事故証明(正確には交通事故証明書)

がないと保険会社から保険金は支払われません。

 

相手との連絡先を交換したとしても、

その場では気付かなかった車の不具合

後から出てくる身体の不調に対して補償してもらえず

泣き寝入りすることになりかねません。

 

また、後から症状が出る可能性が高いので、

警察の方には「物損事故」ではなく「人身事故」扱い

にしてもらうようにしましょう。

 

Sponsored Link

 


車でおかまを掘られた時は保険会社に連絡しましょう!


参照元URL:https://blog.foto.ne.jp/

加入している保険会社に連絡をし、

相手にも保険会社連絡をするよう促します。

 

おかまを掘られた時の被害者には過失は無いことが多く、

過失が無ければ被害者本人が相手の保険会社と示談交渉

をすることになります。

 

契約内容によって異なりますが、

人身特約などで自身の保険会社から保険金がもらえる場合もありますし、

示談交渉においてのアドバイスをしてくれる場合もありますので、

おかまを掘られた時でも必ず連絡をするようにしましょう。

 

 


車でおかまを掘られた時は病院へ行きましょう!


参照元URL:http://img01.gahag.net

軽い事故で、どこも痛くないし不調はないと思っても、

なるべくその日の内に診察を受け、診断書をもらいましょう

 

事故当日は興奮しているため痛みを感じにくく、

症状が出るのは翌日以降であることが多いのです。

 

2、3日経ってから痛みや痺れ

更には倦怠感や無気力といった症状が出るケースもあります。

 

しかし、事故から時間が空いてからの診断書だと、

「事故との因果関係がないのでは?」とか

「慰謝料目当てで言ってるだけでは?」と

相手の保険会社から言われてしまうのです。

 

おかまを掘られた時の多くはむち打ち症ですが、

むち打ち症はレントゲンやMRIを撮っても

異常が見られない事が多いので、

客観的に証明する事が難しい症状です。

 

相手の保険会社に認めてもらえないと、

治療費や慰謝料を受け取れなくなってしまいます。

 

その場で自覚症状がなくても、必ず整形外科に行きましょう

 

しっかりと診察を受け診断書をもらっておくことが重要です。

 

整骨院や整体ではなく「病院」に行き

医師」による診断書を書いてもらいましょう。

 

自費診療となり、一旦は全額を支払いますが、

後で戻ってくるので領収書を大事に保管しておきましょう。

 

診断書代や病院までの移動にかかった費用も請求できます

 

Sponsored Link

 


車でおかまを掘られた時にあると便利なアイテムは?

なるべくなら事故には遭いたくないですが、

万が一に備えておくととても役に立つアイテムを紹介します。

 

車でおかまを掘られた時はドライブレコーダーが便利!

停車中に追突されて明らかにこちらには非がない、

そんな時でも自分の非を一切認めずに

事実とは異なる供述をする加害者もいます。

 

目撃者がいなければ、食い違う言い分のどちらが正しいのか

証明することは非常に困難で、その後の示談交渉がスムーズにいかず、

解決までにはかなりの時間と労力がかかってしまいます。

そんな時に、事故の様子をしっかり証明してくれるドライブレコーダーが便利。

 

上記のドライブレコーダーは、前方・後方共に録画可能で、

更に駐車監視もしてくれるので防犯にも役立ちます。

 

車の人身事故で最も多いのは追突事故なので、

ドライブレコーダーを搭載するなら前方だけではなく

後方も録画できるタイプがおすすめ。

 

自身の運転も含め全てを正確に記録するので、

運転に慎重になるというメリットもあります。

おかまを掘られた時にも即解決に導いてくれる心強いアイテムです。

 

 

車でおかまを掘られた時はネックピローが便利!

おかまを掘られた時に一番多い怪我がむち打ち症ですが、

事故後しばらくしてから症状が出始め、完治までには随分時間がかかります

 

むち打ち症とは正確には頚椎捻挫(けいついねんざ)と言い、

首を捻挫した状態です。

 

痛みを感じていなくても、すぐ首を保定して病院へ向かうことが

完治までの期間を短くすること繋がります。

 

そんなときにこちらのネックピローが大活躍してくれます。

 

上記の機能性お洒落を兼ね備えたテンピュールのネックピローは、

カバーの肌触りも抜群でどっしりと安定感がありおすすめ。

 

テンピュールはマットレスメーカーで唯一NASA認定を受けたメーカーで、

その製品の心地よさには定評があります。

 

仮眠をとりたいときにも大変便利で、低反発ウレタンはクセになる触り心地。

ぜひ車に積んでおきたいアイテムです。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

渋滞でハザードを点灯させる意味って?いつまで点ければいいの?

交通刑務所の生活って?違反や事故の刑期の条件、面会は可能?

オービスの種類や光り方とは?違反になる速度や罰金、通知はいつ?

自然渋滞の原因は?遅い車や上り坂、信号が原因?ハマってしまった時は?

 

いかがでしたか?

事故に遭ったときの対処法を間違えてしまうと、

後から悔しい思いをすることになるので、

落ち着いて対処したいですね。

 

事故に遭わないに越したことはありませんが、

万が一に備えておくことが大切です。

 

以上、 今回は『車でおかまを掘られた時の対処法!事故にあった時は何をすべき?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑