*

マツダ アクセラの口コミや評判は?実燃費や性能、売却時の価格は?

2003年の10月から発売が開始されたマツダ アクセラ。

 

それまで販売されていたマツダ ファミリアの後継車種として登場しましたが、

ファミリアからアクセラになる際、

ボディサイズを拡大して大型化すると共に

全体的な性能アップを図り、マツダの世界戦略車として発売しました。

 

またアクセラは、

世界戦略車であることから欧米諸国でも販売されており、

マツダの車の中でも中心的な車種と言えます。

 

今回は、そんなマツダ アクセラのなかでも最新型の2013から販売されている

3代目アクセラについて、

5つの異なった視点から調べてみたいと思います。

Sponsored Link

 


マツダ アクセラの口コミや評価は?


参考URL:http://jp.mazdacdn.com/

まず最初は、マツダ アクセラの口コミおよび評価から調べてみました。

 

最新のマツダ アクセラは、

2013年11月に発売され、

直近では2016年にマイナーチェンジをしています。

 

このマイナーチェンジでは、マツダが提唱している

「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾として

「G-Vectoring Control」を初採用したことが大きなポイントであり、

このあたりのことも含めてどのような評価が世間でされているのか気になります。

 

そこで、いろいろなサイトを元に調べて総合してみると、

まずガソリン車は全体的にパワー不足という意見が多く、なかでも1.5リッターの

パワー不足について多く聞かれます。

 

また、パワー不足という面では2.2リッターSKYACTIV-D搭載の

ディーゼル車のほうが優れているという意見が多いのですが、

一方で低回転域において発生するターボラグ、

ディーゼル特有のガラガラしたエンジン音が気になるといった意見が多くみられます。

 

またインテリアやエクステリアでは、

特にエクステリアについて高評価が多く、

アウディのようなデザインが気に入ったというような意見もありました。

 

ただインテリアや装備面ではちょっと辛口な評価も見受けられ、

シートヒーター付きだと15㎏重くなるとか、

マツダのナビが使いにくいなど、シビアな評価が多くありました。

 

それから初採用した「G-Vectoring Control」についてですが、

これは高評価が多くありました。

 

これがあることで非常に便利になったとか、

コーナリングの安定性が

これが有ると無いとじゃ大違いなどといった意見が多数ありました。

 

 


マツダ アクセラの実燃費は?


参考URL:http://webcg.ismcdn.jp/

では次にアクセラの実燃費を調べてみました。

 

アクセラはセダンとスポーツの2種類が存在し、

さらにそれぞれにガソリン車、

ハイブリッド車、ディーゼル車があります。

 

そしてさらにFF 2WD車と4WD車があり、

アイドリングストップのついた車とついていない車もあります。

 

そのため全部書いているとかなりの記事になってしまうので、

ざっくりと調べたものをまとめた形で参考になるレベルで書いてみます。

 

セダン ハイブリッド 2リッターFF AT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり最大30.08Km

・実燃費:1リッターあたり約20Km前後

 

セダン ガソリン 1.5リッターFF MT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり19.2Km

・実燃費:1リッターあたり約16Km前後

 

セダン ガソリン 1.5リッターFF AT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり19.6Km

・実燃費:1リッターあたり約16Km前後

 

セダン ディーゼル 2.2リッター AT 4WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり18.2Km

・実燃費:1リッターあたり約14Km前後

 

スポーツ ディーゼル 2.2リッターFF MT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり21.4Km

・実燃費計算値:1リッターあたり約17Km前後

 

スポーツ ディーゼル 2.2リッターFF AT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり19.6Km

・実燃費計算値:1リッターあたり約15Km前後

 

スポーツ ガソリン 1.5リッターFF MT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり19.2Km

・実燃費:1リッターあたり約16Km前後

 

スポーツ ガソリン 1.5リッターFF AT 2WD仕様:

・JC08モード:1リッターあたり19.4Km

・実燃費:1リッターあたり約15Km前後

 

セダンとスポーツに分けて、4タイプずつサンプルとして調べました。

 

これを見ると、おおむね15km~20kmの範囲になっていることから、

燃費としてはいい部類の車になります。

 

先代のファミリアも燃費の良い車だったことを考えると、

こういったところにファミリアから受け継いだ流れがあるのかなと感じる結果でした。

 

Sponsored Link

 


マツダ アクセラの性能は?


参考URL:http://jp.mazdacdn.com/

次にマツダ アクセラの性能についてです。

 

前の項で書いたように、

実燃費はこのボディサイズに対して

良い部類の実燃費を叩き出しており、

文句のない燃費となっています。

 

軽自動車のターボ車でもこの実燃費を下回ることも多いことを考えると、

この燃費は優秀です。

 

では燃費以外の面では何かあるでしょうか。

 

やはりこのアクセラで忘れてはならないのが、

「G-Vectoring Control」でしょう。

 

これはドライバーが行うハンドル操作に応じてトルクを制御し、

Gのかかり方を制御することで、

これまで以上になめらかな操作性と

安定したコーナリングを可能とする新技術ですが、

これがアクセラに初搭載されたことは、やはり無視できないでしょう。

 

そのほかにもマツダ独自の発想による4WD「i-ACTIV AWD」や

クリーンディーゼル「SKYACTIV-D」、マツダのハイブリッド技術である

「SKYACTIV-HYBRID」など、

性能や技術面でも魅力盛り沢山な車に仕上がっています。

 

こういったところは、

常に他社との競争ではなく、

独自の路線を貫くマツダの素晴らしいポイントではないかと思います。

 

 


マツダ アクセラの売却時の価格は?


参考URL:http://www.corism.com/

では続いて、マツダ アクセラを売却する場合、

いくらぐらいで買い取ってもらえるのか調べてみました。

 

現行アクセラは2016年にマイナーチェンジしていますが、

発売自体は2013年であることから買取価格帯が広いようです。

 

相場を見ると、

アクセラ全体で約125万から251万円前後に推移していますが、

この開きは非常に細かくて複雑なアクセラのグレードによるものと思われます。

 

先ほども書いたように、

アクセラにはスポーツとセダンの2タイプがあり、

さらにそのそれぞれにハイブリッド・ディーゼル・ガソリンがあります。

 

さらにそのそれぞれに1.5リッター、2リッター、2.2リッターがあり、

さらにFF2WDと4WDが存在、その上でMTとATが存在します。

 

これら以外にマツダスピードのカスタム車なども市販されているため、

数ある車の中でも非常に複雑な棲み分けをしている車になります。

 

そこに2013年発売で多少古いというイメージが乗ることで、

買取価格に100万以上の差ができているのではないかと思います。

 

Sponsored Link

 


マツダ アクセラを安く購入するには?


参考URL:http://blog-imgs-46.fc2.com/

それでは最後に、アクセラをできるだけ安く、

新車で購入するには一体どうしたら良いでしょう。

 

マイナーチェンジが2016年とはいえ、

発売が2013年という事を考えると、

交渉の仕方次第で安くなるかもしれません。

 

ただ、それはあくまでも交渉が上手な人の話です。

 

交渉の仕方を間違えると、

下手すると売ってくれない可能性さえ出てきます。

 

とくにマツダは自社の車に対するこだわりが、

非常に強いメーカーとして有名で、

それが他社とは一風違った車を世に送り出すことにつながっています。

 

そのため、交渉で安く買おうというにはちょっとリスクが高いかもしれません。

 

ただ、交渉が無理ならあきらめるかというと、そうではありません。

 

例えばいま乗っている車を、業者などへ下取りに出せば

その買取金額をアクセラの購入に充てられます。

 

という事は、リスクの高い交渉などをせずにアクセラを実質的に

安く買うことができるのです。

 

もちろん、下取りで得たお金を使いますから、現金や預金に

あまり手を付けずに済みます。

 

ただし、そんな良い事づくめの下取りでも注意しなければならない約束事が一つあります。

 

その約束事というのは、

「ディーラーには下取りしてもらわず買取業者に依頼する」

という事です。

 

この約束事の裏には、ディーラーができるだけ定価で売りたいという

思惑が存在します。

 

定価に近い金額で売りたいけど、

下取りに対応しないのでは

買ってもらえないことも判っているので、

できるだけ査定を低くしようとします。

 

だから、ディーラーでの下取りは避けた方が良いのです。

 

その代わり、下記のような一括査定サイトを使って複数業者に

一発で査定見積もりをしてもらえば、とても楽に納得の見積もりがもらえます。

 



 

こういうサイトを利用して、少しでも安く燃費の良いアクセラを買えたら

便利だと思いませんか?

 

まずは物は試しということで、一度見積もり依頼を出してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読まれた方は、

こちらの記事も参考にしてみてください。

<関連記事>

中古車の選び方!ポイントやコツ、初心者でもお得に買うには?

新車を購入する際に値引きして安くする方法は?

車を高く売る方法は?コツや時期のご紹介!

 

さて、今回はマツダ アクセラの口コミや評判は?実燃費や性能、売却時の価格は?

ということで調べてきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

現行のアクセラは2016年にマイナーチェンジした際、非常に大きな進化を遂げ、

マイナーチェンジどころかフルモデルチェンジに近いほどの

大幅変更がありました。

 

このことにより、走行性能や安全性能が非常に進化し、

とても乗りやすい車になりました。

 

しかし、乗りやすさは進化していながら外観のスタイリッシュさは削られることなく、

「見てカッコいい」

「乗って安心」

「運転して楽しい」

という、3拍子揃った車となっています。

 

そんなマツダ アクセラ、とても気になります。

 

マツダ アクセラの購入を検討の際には、この記事を参考にして頂きながら、

ぜひ試乗にマツダのお店へ行ってみてください。

 

以上、『マツダ アクセラの口コミや評判は?実燃費や性能、売却時の価格は?』でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑