*

スピード違反で逃げてしまった時って?その後の罰金や対処方法って?

スピード違反をしてしまい、

警察に見つかりパトカーに追われたが

逃げてしまったなどの話をたまに耳にします。

 

決していいことではありませんが、

実際にそれでスピード違反から

逃れた人も多いとのこと。

 

しかし今ではいたるところに

カメラが設置されており、

その気になれば警察の方はすぐに

スピード違反して逃げた車を

特定することができます。

 

では、実際にスピード違反をして

逃げてしまった時どうしたらいいのか、

その時の対処法をお教えします。

 

Sponsored Links

 


スピード違反で逃げてしまった時に罪は重くなる?


参照元URL:http://adachiku.club/

早速、スピード違反をして

逃げてしまった後に捕まった場合、

どうなるのかお話ししていきます。

 

結論からいいますと、

法律上でこのようなケースだと

罪が重くなることはありません。

 

ただし間接的に罪が重くなることはあり

逃げる時にスピード違反をしている人が

一時停止一方通行

守ることはあり得ませんよね。

 

もちろんこれらにも罰則があり、

そのため一発で免停なんてことも。

 

よって、スピード違反をしたら

逃げるのは懸命ではないことがいえます。

 

 


スピード違反で逃げてしまった時に認めなかったら?


参照元URL:http://esx2.seesaa.net/

オービスの場合、

顔やナンバーを撮影されているので

逃げようがないですが、

たまたまスピード違反して

追いかけられて逃げられたとして

写真など証拠がなければ、

あとで警察がきても認めなければ

罪にならないんじゃないか?

 

なんて思いますよね。

 

確かに一切認めなければ

警察もその証拠を集める時間と費用を

考えたら、引き下がる可能性はあり。

 

しかし、警察も人ですので

その時の感情でムキになり、意地でも

証拠を集める可能性もあります。

 

いずれは逮捕されるかもという

不安をずっともちながら

生活しなければいけないことなど、

認めずにいるのはそれなりに

リスクがあるかもしれません。

 

このような場合は一概にこうなると

言い切れないので自己責任で判断してください。

 

Sponsored Links

 


スピード違反で逃げてしまった時に現行犯でなければ捕まらない?


参照元URL:http://home.kingsoft.jp/

スピード違反は、

逃げてしまえば現行犯ではないから

無罪になるのではないのでは?

 

ということも考えられますが、

答えは残念ながらNO

 

スピード違反以外でも、

道路交通法違反にあたるものは

現行犯でなくても捕まります。

 

オービスの仕組みを見れば分かる通り、

オービスはカメラでナンバーを控えて

後日ハガキが届き出頭しなければいけません。

 

なので、スピード違反で逃げきって

安心するかもしれませんが

その後ハガキが届き

出頭しなければいけなくなります。

 

 


スピード違反で逃げてしまった後に警察からの出頭命令を無視すると?


参照元URL:https://blogs.yahoo.co.jp/

スピード違反をしてしまっても、

なんとか逃げきれて一安心して

なにげなく日常を送っていたら

出頭通知書が届いてしまった。

 

このような時、

この出頭命令を無視したら

どうなるのかというと、

なんどもなんども

出頭通知書が届き、ひどいケースだと

逮捕状を持って自宅にやってくる

なんて場合もあります。

 

オービスや現在のパトカーは

ドライビングレコーダーが付いているため

すぐに本人確認がとれて

そうなってしまった場合は、

逃れることはほぼ不可能でしょう。

 

出頭通知書が届いたら、

もう逃れることはできないので

大人しく出頭してください

 

たまたま運良く

時効の3年間を過ぎてしまい、

無罪になる方もいるよう。

 

 


スピード違反で逃げてしまった時の危険性


参照元URL:https://matome.naver.jp/

スピード違反で追いかけられた時、

突差の判断で、現行犯でなければ

捕まらないから逃げれば良いと思い、

そのまま加速して逃げ切ろうとした場合。

 

危険性がかなり高いということは

想像しただけでも分かりますよね。

 

警察から逃げる訳ですから

当然かなりのスピードが出ていて、

信号無視したり一時停止しなかったりと

事故のリスクはかなり高くなります。

 

そしてもう一つ、

その場は逃げきれたとしても

公務執行妨害などの別の罪に

問われてしまう可能性も大。

 

Sponsored Links

 


スピード違反で逃げなくてもいいようにためのにおすすめのグッズは?

ここまで、スピード違反で

逃げてしまった時のその後のことや

危険性、どんな罪になるのかと

色々お話しさせていただきました。

 

ここではスピード違反で逃げなくてもいいように

使えるおすすめグッズをご紹介したいと思います。

 

スピード違反で逃げなくてもいいためにはレーダー探知機がおすすめ!


コムテックのミラー型 レーダー探知機

 

レーダー探知機ではかなり知られている

コムテックの商品。

 

こちらはミラー型になっており、

ダッシュボードの上などにおく必要がなく

非常にスマートな作りになっております。

 

スピード違反で

逃げないようにするためには、

まずは取り締まっている場所で

狙われなくする必要がありますので、

このようなレーダー探知機を使って

先に警察の存在やオービスの設置位置を

知っておきその付近ではスピードを落としましょう。

 

また、防犯対策のために

ドライブレコーダーなどもセットで

販売しているので、取り付けるのであれば

そちらも購入することをおすすめします。

 

 

スピード違反で逃げなくてもいいためにはドライブレコーダーがおすすめ!


セルスターの前後方セットの

ドライブレコーダー

 

スピード違反の取り締まりの際、

追尾式の取り締まり方法があります。

 

そんな時、後方の映像を撮っておけば

警察官が赤色灯をつけていたかどうかなど

しっかり確認することができるので

不当な取り締まりの際にも

逃げずに証拠が突き出すことが出来ますよ。

 

一般的に、追尾式のスピード違反の

取り締まりは200mの追走で

計測した数値で反則や罰金を決めます。

 

その時に、赤色灯を点灯させながら

スピードを計測することが

条件となっているので、

それを点灯させていないのに

スピードの証拠を見せてきても言い返すことは可能

 

自分に非がない時に逃げてしまうのは

危険な上にリスクが高いので、

追いかけられても焦らず証拠を出して

話し合いましょう。

 

 

スピード違反で逃げなくてもいいためにはアラーム付きデジタルメーターがおすすめ!


スピード違反をする気がなくても

ついついスピードが

でてしまうような場所だと、

気付いた時にはスピード違反をしており

警察に取り締まられるなんてことも。

 

そんなことが無いようにするために

フロントガラスに投影して

スピードメーターを見やすくしましょう。

 

このデジタルメーター

速度アラーム機能が付いているので、

スピードを確認しなくても

アラーム音でスピードが出すぎていることを

教えてくれるので、

スピード違反で取り締まられる可能性を

大幅に下げてくれます。

 

ディスプレイも次世代っぽく

かっこいいので是非おすすめしたい商品です。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

スピード違反の取り締まりが多い場所とは?対策や時間帯ってあるの?

オービスの種類や光り方とは?違反になる速度や罰金、通知はいつ

ドライブレコーダーのおすすめをランキングでご紹介!

白バイの取り締まりが多い場所とは?対策や時間帯ってあるの?2017年8月22日

車のレーダーのおすすめランキング!ユピテルやセルスターが人気?

 

いかがでしたでしょうか?

 

スピード違反をして逃げてしまい、

その後の罰金はスピード違反以外にも

逃げているうちにしてしまった

道路交通法違反の分も乗ってきてしまいます。

 

運良く何もなく終わる方もいますが

現在の警察はそんなに甘くはありません。

 

一つの罰金や違反で済んだものが

二重にも三重にも重なってしまい

免許取り上げなんてケースもあるので

気をつけましょう。

 

また道路交通法違反で済めばいいですが、

公務執行妨害の罪になれば

免許の点数どころの話では

なくなってしまいますので、

スピード違反をした場合は

大人しく捕まり、

罪を軽くしてもらったほうが賢明だと思います。

 

一番はスピード違反をしないことと

言ってしまえばそれで終わりですが、

悪意なくスピード違反をしてしまうことも。

 

なので、今回ご紹介したグッズなどを使い

そんなミスも起こらないように注意しましょう。

 

以上今回は『スピード違反で逃げてしまった時って?その後の罰金や対処方法って?』の記事でした。

Sponsored Links

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑