*

サイドターン(スピンターン)のやり方や方法!コツや動画もご紹介!

サイドターン(スピンターン)とはサイドブレーキを使って

細い道でも一発でUターンする方法です。

 

普通にターンすると一回で回りきれなかったり

大回りになってきまいますが、

このサイドターン(スピンターン)を使えば一発で回ることができます。

 

車を思うように動かす第一歩とも言えるサイドターン(スピンターン)ですが、

今回はそのサイドターン(スピンターン)方法ややり方を記事にしていきます。

Sponsored Link

 


サイドターン(スピンターン)のやり方や方法の動画



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=UdDccmckVQE

サイドターン(スピンターン)は2種類の方法でやります。

 

やり方としてはサイドブレーキを引いてからハンドルを切る方法と

ハンドルを切ってから車の前方が回転方向を向いてから

サイドブレーキを引く方法です。

 

初めは広い場所で40kmくらいのスピードで行いましょう。

 

Sponsored Link

 


サイドターン(スピンターン)のやり方や方法、原理は?


参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=u3t7nj_jpE0

サイドターン(スピンターン)の原理としては

車が進んでいるときに

ハンドルを切り前輪の向きが変わると

車に曲がろうとする力が働きます。

 

すべての物体には慣性力というものが働いているので

曲がろうとするタイヤの力に対して、

車は真っ直ぐ進もうとします。

 

要するに曲がろうとする力と、

まっすぐ行こうとする力が働きます。

 

これは前輪も後輪も一緒です。

 

曲がろうとする力がまっすぐ行こうとする力より勝ってるとき、

車はハンドルを切ったぶんだけ曲がっていきます。

 

この状態の時に、

後輪の曲がろうとする力が無くなれば

車の後ろ部分だけが外側に滑って行きます。

 

さらに前輪はハンドルを切っているから、

内側に向こうとし、これで車がターン(回転)する。

 

後輪の曲がろうとする力を無くなす方法

サイドブレーキを引くだけです。

 

タイヤはロックすると、

グリップ力をほとんど失います。

 

こうなると、前輪は曲がろうとし、

後輪は外に行こうとします。

 

だから横Gのかかっている状態で

サイドブレーキを引けばスピンします。

 

これがサイドターン(スピンターン)です。

 

 


サイドターン(スピンターン)のやり方や方法


参照元URL:http://kunisawa.txt-nifty.com/

サイドターン(スピンターン)やり方や方法の練習として

目標地点にパイロンなどをおき

そこまでストレートに加速していきます。

 

大体40kmくらいのスピードで大丈夫でしょう。

 

①目標の場所まできたらブレーキを踏んでハンドルを90度くらい切ります。

ブレーキをロックさせない程度に踏みましょう。

 

クラッチを切ると同時にサイドブレーキを思い切り引きましょう。

 

③リアタイヤがロックして滑り出します。

ブレーキは軽く踏んだままにおきましょう。

ここでリアタイヤがロックしない場合はブレーキの効きが甘いということです。

 

テールが流れ出して逆を剝きだすまでサイドブレーキを引き続けましょう。

 

⑤ハンドルを握っている手を軽く離すとハンドルが自然と戻るので

少しハンドルを戻しましょう。

 

これで旋回しきれていたらサイドターン(スピンターン)完了です。

 

失速寸前でクラッチをつなぎアクセルを入れれば

加速していくので

慣れてきたらそのままアクセルターンもできるようにしましょう!

 

思ったより回転できなかったり失速して

途中で止まってしまうことが多い時は

スピードをもっと上げて挑戦しましょう。

 

順番としては

「ハンドル→クラッチ→サイド」の順で感覚で

覚えるまではゆっくりと確実にリズムをつかみましょう。

 

サイドターン(スピンターン)をうまくやる方法やコツとして

90度や180度など行きたい方向に向いたところで

車の動きを止めてみましょう。

 

このやり方は行きたい方向に車体が向く寸前で

ブレーキを踏みます。

 

この感覚が掴めればサイドターン(スピンターン)アクセルターン

使ってスムーズなUターンが行えます。

 

 


サイドターン(スピンターン)をやるのにおすすめなアイテムは?

ここまではサイドターン(スピンターン)やり方方法などを

書いてきましたがここでは

サイドターン(スピンターン)の練習などに使えるアイテムをご紹介します。

 

サイドターン(スピンターン)をやる時はカラーコーンがおすすめ!

こちらは折りたたみ式のカラーコーンです。

 

サイドターン(スピンターン)の練習をする際に必要なカラーコーンですが、

毎回積んだり降ろしたりは面倒だと思います。

 

そこでこの折りたたみ式のカラーコーンですと

積んだり降ろしたりの作業がなくなり、

車に積んだままで置いておけます。

 

便利なアイテムなので購入をおすすめします。

 

 

サイドターン(スピンターン)をやる時は工具セットがおすすめ!

サイドターン(スピンターン)をやる際は、

ABSのカットLSDの調整、ブレーキワイヤーなどの調整も必要になります。

 

また練習やサーキット走行などでは故障もつきものです。

 

サイドターン(スピンターン)の練習以外にも

ドライビングスポーツをやる上で欠かせないアイテム

なので早めに購入しておきましょう。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ドリフト走行のやり方や方法とは?サイドブレーキの使い方は簡単?

車のレーダーのおすすめランキング!ユピテルやセルスターが人気?

車のヘルメットの人気なメーカーやおすすめのヘルメットのご紹介!

車高調のメーカー!人気メーカーやおすすめは?HKSやBLITZやTEIN?

オービスの種類や光り方とは?違反になる速度や罰金、通知はいつ?

飲酒検問を回避するには?場所の情報や飲酒運転の罰則、罰金は?

 

いかがでしたでしょうか?

 

サイドターン(スピンターン)やり方や方法

動画や方法を書いてきましたが

練習を行う際は、ルールやマナーを守り、

事故が起こらないように安全に行いましょう。

 

以上今回は『サイドターン(スピンターン)のやり方や方法!コツや動画もご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑