*

スタックした車を脱出させる方法や道具は?泥や砂、雪ではどうするの?

どんなに気を付けていても、安全運転を心がけていても、

路面の状況等によってトラブルが起きることがありますよね。

 

例えば、タイヤが空転したりして、

車が立ち往生してしまうスタックは本当に困りますね。

 

抜け出そうと無理にアクセルを踏むと、

ますます埋まって動けなくなってしまいますよ。

 

そこで、今回は万が一スタックしてしまった時に知っていると役に立つ

車を脱出させる方法をご紹介しますね。

Sponsored Link

 


スタックした車を脱出させる方法は? 

スタックしてしまう理由は、

に埋まってスタックした場合と、

でスタックした場合とでは少し異なるんです。

 

スタックから車を脱出方法共通する部分も多いのですが、

雪特有の状況と脱出方法もあるんです。

 

はじめにタイヤが埋まってしまった場合に共通する車の脱出方法

最後に雪特有の状況の車の脱出方法をご紹介しますね。

 

●スタックしたら車から降りて状況を確認しましょう

スタック 車 脱出 方法
参照元URL:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/ 

スタックした車を脱出させるためには、

強引にアクセルを踏む前に、

車外へ出て状況を確認することが大事なんです。

 

まずは、スタックの原因を知ること、

タイヤの状態(向き)を確認してから、

脱出方法を試してみてくださいね。

 

もし、タイヤの向きが斜めになっている時は、

タイヤと車が平行になるように調整が必要なんです。

 

ただし、この時に力強く何度もハンドルを切替してしまうと、

ますますタイヤが埋まって抜け出せなくなるので気を付けてくださいね。

 

 

 

●車をゆっくり前後に動かして脱出しましょう

スタック 車 脱出 方法 1
参照元URL:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/

タイヤを車と平行にできたら、

次は動かしてみるのですが、

まずは、ゆっくりバックしてみてくださいね。

 

もし、タイヤが浅く埋まっているだけなら、

これだけで脱出できることもありますよ。

 

上記の方法だけでは脱出できない場合は、

バックで少し動いたら今度は前進してみてくださいね。

 

ブランコのようなイメージで、

何度か繰り返し前後に動かしていると反動が大きくなってくるため、

強引にアクセルを踏まなくても、

その反動でスタックした車を脱出させることができるんです。

 

もし、同乗者の方がいらっしゃったら押してもらうことで勢いがつくので、

例え女の子でもお願いしてみてくださいね。

 

 

●車がスタックしたらタイヤの下に物を詰めて脱出しましょう

スタック 車 脱出 方法 2
参照元URL:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/

泥や砂、雪に埋まってしまった時、

車がスタックしてしまうのは、

タイヤの通るルートにある泥・砂・雪が動いてしまうからなんです。

 

タイヤの回転により泥などが巻き上がってしまうため、

直前の道路が無い(壊している)ような状態になってしまうんですね。

 

ですから、変わりに動かないものを敷くことで、

タイヤが空転せずに脱出できるんです。

 

スタックから脱出する用のグッズもありますが持っていない時は、

期待は薄いですがフロアマットを代用しても良いですね。

 

雪のある所へ行く時はスコップがあると、

本来の使い方の他にフロアマット同様の使い方もできるので、

できれば鉄製のスコップにしたいところですが、

軽さと使い安さを重視してアルミやスチールのスコップでも良いですよ。

 

そのかわり、スコップを押さえていてもらう必要があり、

変形する可能性が高いので、そのつもりで使ってくださいね。

 

 

●雪道でスリップして車がスタックしたら路面に傷をつけて脱出しましょう

スタック 車 脱出 方法 3
参照元URL:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/

雪道で路面がツルツル滑ってスタックした場合は、

前述のとおりタイヤの前に物を敷くのが効果的ですが、

それ以外にも、凍った部分を削って傷をつけると良いですよ。

 

スコップや、雪落としなど堅いもので傷をつけると滑らなくなるので、

スタック状態から脱出できるんです。

 

この時も、近くにお願いできる人がいたら押してもらってくださいね。

 

路面が凍っている時にスピードを出すと車が回転してしまったり、

思わぬ方向へ進んだりと制御できなくなる可能性があるので、

スタックから車を脱出させる時は気を付けてくださいね。

 

 

●雪に埋もれて車がスタックしたら周りの雪を固めて脱出しましょう

スタック 車 脱出 方法 4
参照元URL:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/

に埋もれてスタックしたら、

タイヤの周りの雪を掘るか叩いて(踏んで)固めてみてください。

 

よほど寒い日のサラサラの雪でなければ、

雪は上から圧力をかけることで、けっこう堅くなるんですよ。

 

堅くすることで、

タイヤの空転を防いで脱出できるかもしれませんし、

比較的、簡単なので試してみてくださいね。

 

また、スタックからの脱出に成功したら、

車を止め無いようにしてください。

 

特に、登りの坂道は1度止まってしまうと、

再びスタックしてしまう可能性がありますので、

車を止めずに登りきった方が良いですよ。

 

 

●雪に乗り上げて車がスタックしたら車の下の雪を取り除いて脱出しましょう

スタック 車 脱出 方法 6
参照元URL:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

もし、雪の塊に乗り上げたり、タイヤが雪に埋もれて、

脱出を試みるうちに雪を巻き上げタイヤが浮いた時など、

いわゆる「カメさん」状態になった場合は、車の下の雪を掘ってください。

 

積雪が多い道路や、

車高の低い車は簡単にカメさんになってしまうんです。

 

車の下の雪を掻き出すのは、

スコップがないとできませんし、

重労働ですが、スタックから脱出するためには頑張るしかありませんね。

 

Sponsored Link

 


スタックした車を脱出させる際に使う道具は?

これまでご紹介してきた、

「スタックから車を脱出させる方法」でも道具が登場しましたよね。

 

何も持たない状態よりも、万が一に備えて、

スタックから脱出する時に活躍してくれる道具を積んでおきたいですよね。

 

ここからは、

常備しておきたい車を脱出させる際に使う道具をご紹介しますね。

 

スタックした車を脱出させるにはタイヤ下に敷く道具を!

こちらの道具は、泥や砂、雪でタイヤが埋まってしまった時に、

タイヤの前に敷くことでスタックから車を脱出させてくれまするんです。

 

誰も車を押してくれる人がいない時でも、

これがあれば脱出できるので、

状態の悪い路面をよく通る方は、

用意しておくととても安心ですよ。

 

 

スタックした車を脱出させるには周りを掘ることができる道具を!

に埋もれて車がスタックした時は、

タイヤや場合によっては車の周りの雪をどかさないと脱出できませんよね。

 

こちらのスコップは、

スチールなので軽めで使い安く、

サイズもコンパクトなのでトランクに入れておけますよ。

 

雪の降る地域に出かける時は、

必ず持って行くようにしたいですよね。

 

 

スタックした車を脱出させるにはタイヤの滑り止めの道具を!

雪でタイヤが滑って車がスタックした時は、

タイヤに滑り止めを付けると脱出できますよ。

 

滑り止めとしては、タイヤに巻くチェーンが一般的ですが、

スタックソックは、かぶせるだけだけなので簡単に装着できるんですよ。

 

値段もチェーンより安価なので買いやすいですので、

とてもありがたいですよね。

 

大手自動車メーカーも純正アクセサリーとして採用していて、

その効果はお墨付きな道具となっております。

 

 

スタックした車を脱出させるには引っ張る道具を!

もし、スタックした時に、

幸運にも近くに力のある車がいたら、

引っ張ってもらうことで簡単に脱出できますよ。

 

そのためには、引っ張ってもらうロープが必要ですよね。

 

こちらのロープは、車両重量8tまで対応できて、

取付けも、ねじナットで簡単にしっかり固定できるので安心ですよね。

 

いざという時のために、

是非ともトランクに入れておきたい道具となっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

雪道の運転で注意する点や便利なグッズのご紹介!

ドライブのグッズ!プレゼントや長時間運転におすすめな車内グッズは?

車で旅行へ行く際におすすめな持ち物は?必需品や便利グッズは?

 

さて、スタックした車を脱出させる方法、

用意しておきたい道具は覚えられたでしょうか。

 

スタックなどのアクシデントいつ起きるか分からないので、

対処方法を覚えて必要な道具をあらかじめ備えておきたいですね。

 

以上、今回は『スタックした車を脱出させる方法や道具は?泥や砂、雪ではどうするの?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑