*

トラックをカスタム!架装で人気の外装パーツをご紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 カスタム

トラックの架装というと、

皆さんが真っ先に思い浮かべるのは、どんなカスタムですか?

 

派手な電飾がギラギラのアートトラックのようなカスタムから、

要所ごとにシンプルにカスタムする方法と様々だと思います。

 

今回はトラックを飾るおすすめなカスタムを、

いくつかご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 


トラックはナットカバーをカスタム!



最初のご紹介は、

何事もおしゃれは足元からということで、

トラックのカスタムにはナットカバーがおすすめです。

 

乗用車とは違い、トラックのホイールとなると、

ファッション性よりも強度を必要としていますので、

露骨なナットがむき出しになっており、

おしゃれとは言い難いもの。

 

そんなナットをワンタッチでカスタムしてくれるのが、

ナットカバーなんです。

 

形や長さ、ナットカバー自体の装飾までが、

豊富にラインナップされており、

トラックのカスタムのジャンルはもとより、

自分の好みのもので、ナットをカスタムできちゃいます。

 

また走行時にも、光を乱反射させて、

きらびやかに足元を飾ってくれる効果もありますので、

トラックの足元に物足りなさを感じる方は、

是非取り入れてみてはいかがですか?

 

 


トラックはホイールをカスタム!



続いてのご紹介はナットカバー同様、

トラックの足元に輝きを与えてくれるホイールライナーです。

 

トラックのホイールというと、

主に鉄のホイールが使用されておりますが、

そのままでは、カスタムとは呼べない物ですよね。

 

そこにナットカバーを取り付けると、

さらにノーマル感が出て、すこし目立ってしまいます。

 

そんな時に便利なのがホイールライナーで、

ノーマルのホイールの上に被せて取り付けするだけで、

あたかもメッキホイールのような質感で、

足元を輝かせてくれるんです。

 

これがあれば表に見える部分だけしか、必要としませんし、

メッキホイールやアルミホイールなどを、

改めて購入する必要もありません。

 

そして比較的安価に手に入るパーツですので、

手軽にノーマルホイールを着飾ることができますよね。

 

トラックのカスタムでは少ない出費で、

大きな変化を手に入れちゃいましょう。

 

 


トラックは泥除けをカスタム!


続いてのご紹介は、

後続車への飛び石や泥跳ねを防止しつつ、

ファッション性もアップできる泥除けです。

 

トラックの泥除けというと、架装メーカーや、

トラックメーカーの泥除けが取り付けられておりますが、

どうせならば、手を加えてカスタムしたい場所の一つですよね。

 

そんな時には、泥除けのカスタムに限ります

 

生地に関しましても、エナメル素材などが使用されており、

色や形を選択する際にも細かく選べますし、

形や縁取りの装飾だって、

自分の思うがままに作成することも可能なんです。

 

トラックをカスタムしながらも、

周囲の車とのトラブルを回避できますので、

ファッション性と実用性のどちらも兼ねそろえた

おすすめのカスタムグッズとなっております。

 

 


車のボディではマーカーランプをカスタム!



続いてのご紹介は、

トラックの夜のナイトシーンに大活躍のマーカーのカスタムになります。

 

トラックの唯一の電飾ともいえる車幅灯、

通称マーカーランプですが、

ノーマルの状態ですと黄色が仕様されて素っ気無いため、

トラックをカスタムする際には絶好のポイントと言えます

 

マーカーランプのカスタムは、

簡単なバルブの交換やレンズの交換だけで、

おしゃれ感をアップさせることができるんです

 

カラーやレンズ内側のカットも様々で、

光の反射の仕方も豊富となっておりますし、

さらには車幅灯だけではなく、

路肩灯の役割を兼ねている物もあります。

 

中のバルブに関しましても、

交換のみでLED仕様にすることもでき、

手軽に夜のトラックを飾ることができます。

 

Sponsored Link

 


トラックはテールランプをカスタム!


続いてのご紹介は、

後続車に車の動作を伝えるには必ず必要となるテールランプのカスタムです。

 

トラックのテールランプのカスタムでは、

定番となっている角型をはじめ、

原型がスカイラインのテールというスカGテール

LEDをふんだんに使用したテールまで、

あらゆるテールランプが存在しておりますし、

転回方向に光が流れる機能を持ち合わせているものも、

人気となっております。

 

テールランプのカスタムといっても、

会社の規則などが厳しい場合は、

レンズのみの交換という手段がありますので、

丸ごと交換は無理!という方に、

おすすめなテールランプのカスタムとなっております。

 

 


トラックはフォグランプをカスタム!


続いてのご紹介は、

濃霧の中の走行や視界確保にとても重要になってくるフォグランプのカスタムです。

 

フォグランプは、

車には無ければならない物の一つですが、

元々のフォグランプの位置では、

カスタムのやりがいがありませんし、

他との差をつけようにも、ちょっと困難ですよね。

 

そこでおすすめするのが上記の追加方にフォグランプで、

既存のフォグランプに追加することで、

コンディションが悪い時の走行にも役立ちますし、

さらなるかっこよさを手に入れることができるんです

 

バンパーの両サイドや中央に取り付けたりすることで、

車幅をアピールしながらも、

夜の電飾としても使用ができますし、

最近のカスタムでも人気のレトロ感を醸し出すこともできちゃいます

 

形に関しましても、丸形バイザー付きというものもありますので、

お好みで取り入れることができます。

 

 


トラックはフロントパネルをカスタム!


フロントパネルというと、

走行時には一番目を引く部分ではありませんか?

 

ところがノーマルのトラックというと、

何の変哲も無いフロントパネルですので、

インパクトがあるとは言えませんよね。

 

そこでおすすめなのがバスマークアンドンで、

日中のトラックのフロントマスクはもちろんのこと、

さらには夜にもおしゃれに演出することができるんです。

 

バスマークアンドンというと、

トラックメーカーごとに形も違いますが、

必ず同メーカーを取り付けるとういわけではありませんし、

色別のパネルを使用することで、

マーカーランプの色と合わせたりということも可能となっています。

 

さらにはアンドンというだけあって、

スモールなどと連動させることで、

おしゃれに光輝かせることもできます

 

昼夜問わず使えるカスタムグッズとして、

是非、トラックに取り入れてカスタムしてみませんか?

 

 


トラックはナンバー枠をカスタム!


続いてのご紹介は、

公道走行時には必ず必要となる、

ゼッケン的役割であるナンバー枠のカスタムです。

 

トラックに限らず、自動車が公道を走行する場合には、

ナンバーが必要となることは当たり前ですよね。

 

そんなナンバーも、

どうせならばおしゃれに取り付けたいということで、

おすすめなのがナンバー枠なんです。

 

リアは封印をされていますので、

後付けということ不可能ですが、

フロントに関しましては、ボルト締めですので交換が可能なんです。

 

枠自体の作りも、角おこしのタイプから、

丸パイプを使用したものまでのラインナップですので、

自分のカスタムに応じて、選んでみてもいいでしょう。

 

さらには電飾を備えた物もありますので、

ナイトシーンにも使うことができ

単なるナンバープレートも一際目立つカスタムとして、

着飾ることができますね。

 

 


トラックはミラーをカスタム!


続いてのご紹介は純正のミラーに追加することで、

さらに視認性をアップできるハイウェイミラーのカスタムになります。

 

トラックのミラーというと、

左右とフロントのミラーで、

死角を極力減らすように作られておりますが、

高速道路などを走行している際には、

なるべく遠くの状況を把握することも必要になってきますよね。

 

そんな時に便利なのがハイウェイミラーで、

普通のミラーよりも拡大して目標を捉えることができ、

遠くの景色をさらに詳しく見ることができるんです。

 

上記のミラーは自体の作りも、メッキ仕様となっており、

トラックにはもってこいなカスタムパーツとなっております。

 

取り付けに関しましても、クランプ式となっており、

誰でも簡単に取り付けすることができます。

 

ボディのかっこよさと、利便性を、

ハイウェイミラーの取り付けで同時にアップさせちゃいましょう。

 

 


トラックはフェンダーをカスタム!


最後のご紹介はキャビンの足元となるフェンダーを、

純正交換のみで着飾ってくれるフェンダーのカスタムです。

 

トラックのフェンダーというと、

ボディ同色か、素材そのものの色である黒となっておりますが、

そのままカスタムしていくと逆に目立ってしまいますよね

 

そこでおすすめなのが、

ノーマルのフェンダーと交換するだけで、

トラックをきらびやかにカスタムできる上記のメッキフェンダーです。

 

純正のフェンダーを交換するだけですので、

ボディ周りをカスタムしている車はもちろん、

他にメッキパーツを持ち合わせていないキャビンでも、

このメッキフェンダーがアクセントとなり、

ノーマルにはない高級感すら、引き出してくれます。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

★《最新》トラックパーツは?最安値をチェック!!【楽天】★

トラックはカーテンの取り付けでおしゃれに!おすすめのカーテンは?

トラックの内装をカスタム!ボタン締めや金華山のパーツが人気?

トラックのダッシュマット!おすすめをランキングでご紹介!

トラックのシフトをカスタム?おすすめは?長いシフトノブが人気?

トラックのハンドルカバーのおすすめは?極太や激安が人気?

 

いかがだったでしょうか?

 

これまでトラックの体の部分ともいえる、

部位のカスタムをいくつか取り上げてきましたが、

他にもおすすめなパーツはたくさんあり紹介しきれないほどです。

 

こちらで紹介したパーツを基盤として、

これからのボディのカスタムの準備としてもいいかもしれませんね。

 

以上今回は『トラックをカスタム!架装で人気の外装パーツをご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連記事

スクリーンショット 2015-11-14 19.16.53

クーペに合うホイールの人気ランキング!高燃費のホイールが人気?

車の形状の中でも、 セダンとスポーティーを、 兼ねそろえた形状で人気のクーペ。 &

記事を読む

スクリーンショット 2015-10-05 22.30.49

車のセキュリティーのおすすめランキング!ダミーが人気?

車をカスタムしていくと、 いたずらが増えていったり、 パーツの盗難が増えてきます。

記事を読む

img13742498

トラックのシフトをカスタム?おすすめは?長いシフトノブが人気?

トラックのミッションというと、 昔から主流のマニュアルと、 最近主流のセミオートマチック

記事を読む

ヴォクシー カスタム 80系、2

ヴォクシーのカスタム!80系で人気なカスタム例のご紹介!

ファミリーカーとしても、人気の80系ヴォクシー。   そんな80系ヴォクシーは

記事を読む

スクリーンショット 2015-07-11 18.13.56

車のゴミ箱をおしゃれに!おすすめなゴミ箱をご紹介!

車の中で出るゴミの行き場所は、 頭を悩ませるものですよね。   車内のゴ

記事を読む

p1

車のハンドルの人気メーカーやおすすめのご紹介!

今お乗りの車のハンドルは気に入られていますか?   車のハンドルは、車の中の雰

記事を読む

メルセデスベンツ ロリンザー 違い 9

メルセデスベンツのロリンザーとは?AMGやブラバスとの違いは?

日本でも人気の高いメルセデスベンツは日頃からよく見かけますよね。   たまに、

記事を読む

スクリーンショット 2015-12-10 23.35.43

フィットのホイール!gk系で人気なメーカーやおすすめなホイールは?

本田技研工業の車の中でも、 コンパクトさや低燃費で人気となるフィット。  

記事を読む

プリウス カスタム 50系 人気 1

プリウスのカスタム!50系で人気なカスタム例や用品のご紹介!

トヨタのハイブリッドカーとして日本国内だけでなく、 海外でも広く販売されているプリウスですが、

記事を読む

20121209184821_image_9

車のダッシュボードはマットでカスタム!おすすめなマットは?

車の内装のカスタムといえば、 一昔前からあるのが、 足元のマットやシートカバー、

記事を読む

 高齢者マーク(もみじマーク) 位置 q
高齢者マーク(もみじマーク)は何歳から?つける位置や義務違反の罰則は?

免許を取って、 すぐの方が車の後方に貼る事を義務付けられている初

輸入車 SUV 人気 2016年 ランキング 8
輸入車のSUVの人気は?2016年の人気ランキングをご紹介!

車好きの方もそうでない方にも輸入車の人気は高いですよね。 &nb

W654
車のゴミ箱のおすすめは?高級やおしゃれでかわいいデザインが人気?

車の中は外からも見えるとはいえ隔離されているので、 車の中で何か

初心者マーク 期間 位置 義務違反
初心者マークの期間は?車につける位置や理由、義務違反の罰則はあるの?

車の免許を取ると、 免許証と一緒に初心者マークをもらいますよね。

000cf1bdd02211ca55dd38
自然渋滞の原因は?遅い車や上り坂、信号が原因?ハマってしまった時は?

連休などみんなが車で出掛ける時期は、 ある程度の渋滞があると覚悟

→もっと見る

PAGE TOP ↑